新ブログサイト『神宮巡々3』開設のお知らせ

『神宮巡々』、『神宮巡々2』ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々3』を新設しました。
2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』を、最新の記録は『神宮巡々3』をご覧ください。 ( 2017年12月31日 【キタヰ】こと、桝屋善則 )

斎宮めぐり

2010年02月14日(日) 斎宮めぐり(車、徒歩、車)

今回は斎宮めぐり、2ヶ所で所管社2社、所管社の末社16社である。コース距離は10km程度であるが、所管社以外にも神社が多数あるので寄り道した。

まず、斎宮駅近くにあるいつきのみや歴史体験館まで車で行った。歴史体験館の前、道路を挟んで反対側にある駐車場に車を駐め、歩いて巡ることにした。

歴史体験館とは逆方向へ歩いてゆくと、斎宮跡の案内板が現れ、右手の奥には柵で囲われた「斎王宮趾」の石碑がある。遺構跡などもある小公園となっている。

先ほどの道に戻り、住宅街を進むと交差点が現れ、左手の歩道に「歴史の道」の歌碑が建てられている。この歩道を進むと正面に斎宮歴史博物館がある。今日は休館中であった。斎宮歴史博物館の交差点を右折してゆくと、片側一車線だった道路が一気に狭くなる。大型車は通れないくらいの道幅だ。

この街並みをかなり進むと林の中の交差点にたどり着く、ここを左に曲がりしばらくすると視界が開け、田畑が広がる。直線道路をひたすら歩く。青い屋根瓦の須田公民館を過ぎ、しばらくすると左手に織殿神社の社叢が見えてくる。織殿神社に参拝し、先を急いだ。

さらにまっすぐ進み、川を渡ると明和イオンショッピングセンターの看板が見えてくる。次の交差点を左に曲がると右遠方に神服織機殿神社の社叢が見える。歩くにつれ、社叢が大きくなってくる。ただし、直線でつながる道路はないため、遠回りすることになる。このじらされ感が何とも言えない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*