朔日参り、早朝参拝(内宮めぐり)

2010年10月01日(金) 朔日参り、早朝参拝(内宮めぐり) (車、徒歩)

本日斎行される御酒殿祭の対象である御酒殿神にお参りするため、内宮へ朔日参りに来た。

【参考】朔日参りの前後については、朔日参りビフォーアフター(内宮めぐり)

宇治橋を渡り、

宇治橋前

宇治橋前

宇治橋

宇治橋

宇治橋

宇治橋

宇治橋から五十鈴川

宇治橋から五十鈴川

宇治橋

宇治橋

神苑前をゆったりと進んだ。昨日の雨の影響で宇治橋はしっとりと濡れ、山には霧がかかっていた。

神苑

神苑

火除橋手前の左手には「三重県産清酒奉納」の立札があり、酒樽を並べるための木枠が組まれていた。そうだ御酒殿祭のために準備されるのだろう。でも祭は10時からだからそれまでに酒樽が並べられるのだろうか?

三重県産清酒奉納

三重県産清酒奉納

三重県産清酒奉納

三重県産清酒奉納

三重県産清酒奉納

三重県産清酒奉納

手水舎で心身を清め、参拝モードへ切り替えた。

手水舎

手水舎

御手洗場

御手洗場

御手洗場の近くにある滝祭神に参拝し、第二鳥居をくぐった。

御手洗場から第二鳥居へ

御手洗場から第二鳥居へ

第二鳥居

第二鳥居

神楽殿の空

神楽殿の空

神札授与所の空

神札授与所の空

参道から向かって神楽殿の右手、五丈殿の奥に御酒殿がある。

五丈殿越しの御酒殿

五丈殿越しの御酒殿

御酒殿を確認してからまずは御正宮へと向かった。荒祭宮遥拝所の辺りで、御正宮らしき姿が目に入った。のでパチリ。

御正宮(?)遠望

御正宮(?)遠望

さらに参道を進み、

参道の小景

参道の小景

御正宮の石段下にある御贄調舎まで来た。

御贄調舎

御贄調舎

御贄調舎

御贄調舎

石段を一歩一歩しっかりと上り、御正宮に参拝した。

御正宮への石段

御正宮への石段

御正宮への石段

御正宮への石段

参拝後、新御敷地の方へと進むと、新御敷地の端に石段があり、その先には扉が付けられていた。ここに新御敷地への入口があったんだ。

新御敷地

新御敷地

御正宮の石垣

御正宮の石垣

新御敷地

新御敷地

新御敷地

新御敷地

雨上がりのためか、幽玄な雰囲気であった。

新御敷地

新御敷地

神職の方が石段を下りるのを見かけたので、追いかけて以前から疑問に思っていたことを問いかけた。その方は快く教えてくださった。質問とは「新御敷地の石段を下った先にある敷地には御贄調舎が移されるのですか?」回答は「そうです。」だった。遷宮に伴い、御贄調舎も移動するのだ。これは予想(【参考】内宮めぐり)通りだった。

新御敷地からの石段

新御敷地からの石段

御稲御倉に参拝後、

御稲御倉

御稲御倉

荒祭宮へ

荒祭宮へ

荒祭宮に参拝した。

荒祭宮

荒祭宮

荒祭宮

荒祭宮

荒祭宮

荒祭宮

荒祭宮

荒祭宮

荒祭宮への石段を振り返る

荒祭宮への石段を振り返る

そしてやっと御酒殿へ戻ってきた。ここでは御酒殿祭を想像しながら参拝した。

御酒殿

御酒殿

御酒殿

御酒殿

続いて、由貴御倉、四至神に参拝し、

忌火屋殿と四至神

忌火屋殿と四至神

四至神

四至神

風日祈宮へと向かった。

風日祈宮へ

風日祈宮へ

先日渡始めとなった風日祈宮橋は輝いている。

風日祈宮橋

風日祈宮橋

風日祈宮橋を渡る途中、島路川下流を望むと仮橋が解体されていた。

【参考】風日祈宮橋仮橋の解体

風日祈宮橋から解体中の仮橋を

風日祈宮橋から解体中の仮橋を

風日祈宮にて

風日祈宮にて

風日祈宮に参拝後は帰り順路に従い、

神札授与所

神札授与所

神札授与所

神札授与所

斎館の裏手?

斎館の裏手?

宇治橋東詰から参道を

宇治橋東詰から参道を

内宮をあとにした。

【参考】キタヰの妻が、御酒殿祭を見学に行ってくれたので、その記録が、御酒殿祭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*