新ブログサイト『神宮巡々3』開設のお知らせ

『神宮巡々』、『神宮巡々2』ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々3』を新設しました。
2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』を、最新の記録は『神宮巡々3』をご覧ください。 ( 2017年12月31日 【キタヰ】こと、桝屋善則 )

御塩道その1/2(御塩殿から汐合橋へ)

2010年10月31日(日) 御塩道その1/2(御塩殿から汐合橋へ) (徒歩)

10月09日に 御塩焼固(みしおやきがため) を見学してから御塩道(以前、御塩殿から外宮の斎館まで御塩が運ばれた道)を歩きたいと思っていたが、本日やっと実現した。

【参考】JR二見浦駅から御塩殿までの道順は、 御塩道までの道(JR二見浦駅から御塩殿へ)

ただし、御塩道のルートが分からなかったので、伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター 伊勢志摩ウォーキング60 にある (13) 御塩道のPDFファイルを参考にした。

御塩殿神社に到着し、参道を進むと前方で清掃されている方がいた。

御塩殿神社

御塩殿神社

御塩殿前にある鳥居のまえで一度軽くおじぎ(一揖:いちゆう)し、清掃されている方に挨拶した後、御塩殿神社に参拝した。

御塩殿

御塩殿

清掃されている方に見覚えが・・・。御塩殿神社への参拝の後に再び挨拶した時、思い出した。御塩の焼き固めをされていた喜多井紀忠さんだった。「堅塩を作られるだけでなく、お守りもされているのですか?」とお伺いしたところ、「毎日清掃しています。」とのことだった。(感謝)

御塩殿神社

御塩殿神社

早速だがここから御塩道への出発だ。御塩殿の前から参道を戻った。

御塩殿神社の参道

御塩殿神社の参道

御塩殿神社の参道

御塩殿神社の参道

御塩殿神社の参道

御塩殿神社の参道

鳥居をくぐると横断歩道があり、それを渡ると、

御塩殿神社から

御塩殿神社から

カーブミラーの下に、「倭姫ろまん ここは御塩みち」の案内板がある。(以前はポールに結ばれていた?)

御塩道(始まり)

御塩道(始まり)

「御塩みち」の案内板

「御塩みち」の案内板

御塩殿からまっすぐ民家の間を進むと

御塩道

御塩道

右折の丁字路が現れ、右前方の民家の生垣の根元に「御塩みち」の案内板が見つかる。

御塩道(右折)

御塩道(右折)

「御塩みち」の案内板

「御塩みち」の案内板

この案内版に安堵を感じながら、先へ進んだ。

「御塩みち」の案内板

「御塩みち」の案内板

御塩道

御塩道

しばらく歩くと、右手に 荘公民館 が。

御塩道(荘公民館)

御塩道(荘公民館)

御塩道(荘公民館)

御塩道(荘公民館)

さらにその先右手に「神の木」大楠がある。

御塩道(「神の木」大楠)

御塩道(「神の木」大楠)

御塩道(「神の木」大楠)

御塩道(「神の木」大楠)

ほどなく、この交差点(右手に火の見櫓がある)にたどり着く。

御塩道(右手に火の見櫓)

御塩道(右手に火の見櫓)

御塩道(火の見櫓)

御塩道(火の見櫓)

左手のブロック塀をよく見ると、

御塩道(左折)

御塩道(左折)

「御塩みち」の案内板が掛けられている。(ご協力に感謝)

「御塩みち」の案内板

「御塩みち」の案内板

ここを道なりに進むと田園風景が現れる。

御塩道

御塩道

御塩道

御塩道

御塩道

御塩道

御塩道

御塩道

右側の民家が途切れると、道の両側が田んぼとなる。

御塩道

御塩道

御塩道

御塩道

ここまで来るとどこを曲がればよいのかが分からなくなり、とにかく突き当たりまで行ってしまったがどうも参考とするルートとは違うようなので引き返した。参考にした地図をよく見ると、左側のガードレールが途切れたこの交差点(突き当たりの一つ手前の交差点)を右折するようだ。ここを右折した。

御塩道(右折)

御塩道(右折)

次の交差点で幅の広い道路と交差し、右手の電柱には

御塩道

御塩道

次のNTTの識別札がつけられている。

御塩道

御塩道

この道路を横切り、さらに直進した。

御塩道

御塩道

とは言え、この道が本当に御塩道であるかが不安であったため、前方から来た方(犬の散歩中)に伺ったところ、

御塩道

御塩道

道路の左手のビニルハウスで作業されている方々を紹介してくれた。(感謝)

そこで伺ったところ、この道で良さそうだった。

御塩道(道を尋ねた)

御塩道(道を尋ねた)

安心して先へ進むと、次の分かれ道に。右手を進んだところ道が細くなり国道から遠ざかっていた。

そこで元の場所まで戻り左手を見ると遠くにオレンジ色の看板が見えた。あれはプライスカット(スーパー)の看板だ。これで参考にしている地図のルートを辿っていることを確信した。ここを左折。

御塩道(左折)

御塩道(左折)

左手の建物は、

御塩道

御塩道

「朝日新聞サービスアンカー 二見ヶ浦」である。

御塩道(朝日新聞サービスアンカー 二見ヶ浦)

御塩道(朝日新聞サービスアンカー 二見ヶ浦)

国道42号線まで出ると、そこは「荘(Sho)1」の交差点であった。プライスカットも見える。

御塩道(国道42号線 荘1交差点)

御塩道(国道42号線 荘1交差点)

御塩道(国道42号線 荘1交差点)

御塩道(国道42号線 荘1交差点)

横断歩道を渡り、

御塩道(国道42号線 荘1交差点)

御塩道(国道42号線 荘1交差点)

直進する。二見街道の旧道を横断し、

御塩道(二見街道 旧道へ)

御塩道(二見街道 旧道へ)

さらに、直進する。

御塩道(二見街道 旧道へ)

御塩道(二見街道 旧道へ)

突き当たりまで行くと、そこにも

御塩道(二見街道 旧道へ)

御塩道(二見街道 旧道へ)

「御塩みち」の案内板がある。ここを右折。

「御塩みち」の案内板

「御塩みち」の案内板

あとは道なりで五十鈴川の汐合橋へたどり着く。

御塩道

御塩道

途中で幅の広い道路と交差するが、左へ行くと「光の街」

御塩道(左、光の街へ)

御塩道(左、光の街へ)

右へ行くと二見街道 旧道だ。

御塩道(右手には)

御塩道(右手には)

ここはさらに直進した。

御塩道(直進)

御塩道(直進)

しばらくすると左手に神宮御園の標石が立っている。この方向からでは民家に溶け込んでおり分かりにくく、私は通り過ぎてから気づいて引き返した。

神宮御園の標石

神宮御園の標石

折角なので、門の前で見学(御園の内部は見学できないと聞いている?)

神宮御園

神宮御園

神宮御園

神宮御園

すぐに折り返し、御塩道を進むと、

左手に二見神社が。この辺から雨が降り始めた。ただし、まだ傘はいらない程度の小雨だ。御塩は天候にかかわらず決められた日に運ばれたのだからさらに酷い天候の時もあっただろう。

御塩道(二見神社)

御塩道(二見神社)

さらに進むと左手に、溝口地区学習等供用施設が。

御塩道(溝口地区学習等供用施設)

御塩道(溝口地区学習等供用施設)

御塩道(溝口地区学習等供用施設)

御塩道(溝口地区学習等供用施設)

この道の突き当たりは右にカーブし、二見街道の旧道と合流し五十鈴川を渡る。

御塩道(二見街道 旧道と合流)

御塩道(二見街道 旧道と合流)

左手(五十鈴川の上流側)にはJRの鉄橋が架かっていて、

御塩道(五十鈴川)

御塩道(五十鈴川)

御塩道(五十鈴川)

御塩道(五十鈴川)

右手(五十鈴川の下流側)には、汐合大橋がかかっている。

御塩道(五十鈴川)

御塩道(五十鈴川)

御塩道(五十鈴川)

御塩道(五十鈴川)

御塩道の前方には、汐合橋が。

御塩道(汐合橋)

御塩道(汐合橋)

この続きは、

【御塩道を歩いた記録】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*