(高向大社)御頭神事奉祭次第記 曽野 洋 著

(高向大社)御頭神事奉祭次第記 曽野 洋 著

先日、伊勢市立伊勢図書館で古文書を勉強するための参考書を探していた時、ぶらりと1Fのふるさと文庫コーナー(2Fのふるさと文庫の本は禁帯出だが、1Fに置かれている本は借りられる)に立ち寄ったら、この本に出会えた。

御頭神事奉祭次第記(曽野 洋)

御頭神事奉祭次第記(曽野 洋)

昭和五十六年(1981)発行だが、高向大社の祷屋を勤められた曽野さんによる記録であり、高向大社の御頭神事に関連する祭典の種類、式次第等あらゆる内容が事細かに記されている。

これで高向大社の詳細をさらに知ることができそうだ。

 

目次を見ると、神祭を司る人々の役割や各祭典とその次第、一年間の行事、最後に御頭神事に関する詳細が記述されている。

御頭神事奉祭次第記(曽野 洋)

御頭神事奉祭次第記(曽野 洋)

 

御頭神事奉祭次第記(曽野 洋)

御頭神事奉祭次第記(曽野 洋)

 

御頭神事奉祭次第記(曽野 洋)

御頭神事奉祭次第記(曽野 洋)

 

最後のページを見ると、この本は自費出版で発行部数は300部とある。貴重な本だ。

御頭神事奉祭次第記(曽野 洋)

御頭神事奉祭次第記(曽野 洋)

 

3月20日以降は図書館に戻っているはずなので、興味のある方はご一読を。

 

【情報】

●御頭神事

●平成二十二年御造営(20年に一度)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*