新ブログサイト『神宮巡々2』開設のお知らせ

本ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々2』を新設しました。
2014年以降の記録は、『神宮巡々2』をご覧ください。

 2014年01月01日 【キタヰ】こと、桝屋善則

式年遷宮記念 せんぐう館(建設中)20110730

2011年07月30日(土) 式年遷宮記念 せんぐう館(建設中)20110730 (車、徒歩)

伊勢薪能 を見学するために外宮へ到着した。薪能の開始には1時間以上も余裕があったので、建設中の式年遷宮記念 せんぐう館の進捗状況確認外宮めぐり を実施した。

ここでは、本日の式年遷宮記念 せんぐう館建設の状況を。なお、神宮のホームページにせんぐう館のページを見つけたので参考まで。

【参考】 せんぐう館:平成24年春開館

 

まずは、表参道衛士見張所の近くからパチリ。ガラス窓には木々の映り込みが。

建設中の「せんぐう館」

建設中の「せんぐう館」

 

一度、外宮から出て

建設中の「せんぐう館」

建設中の「せんぐう館」

御木本道路沿いを内宮方面へ向かうと工事車両の入口がある。ここからは進捗の変化は分からない。

建設中の「せんぐう館」

建設中の「せんぐう館」

 

さらに進むと、茜社の手前に新たな工事車両入口が設けられている。

今日は時間に余裕があったので、茜社(境内には豊川茜稲荷神社も)への多数の鳥居をくぐり

豊川茜稲荷神社の社標

豊川茜稲荷神社の社標

茜社に参拝した。

茜社

茜社

 

その後、裏の参道を通ると勾玉池が見えた。式年遷宮記念 せんぐう館から勾玉池はどのように見えるのだろう?

勾玉池

勾玉池

さらに鳥居をくぐると通り抜けたところで、せんぐう館の外宮側とは反対側の妻が見えた。

建設中の「せんぐう館」

建設中の「せんぐう館」

こちらの妻にはガラスは張られていないのだろうか?

建設中の「せんぐう館」

建設中の「せんぐう館」

茜社の参道の幟と共にパチリ。

建設中の「せんぐう館」

建設中の「せんぐう館」

 

再び、外宮へ戻り表参道の火除橋からパチリ。

建設中の「せんぐう館」

建設中の「せんぐう館」

パチリ。

建設中の「せんぐう館」

建設中の「せんぐう館」

ここから見るとカラス窓の奥(反対側)にもガラス窓が見える。

建設中の「せんぐう館」

建設中の「せんぐう館」

こんな感じ。ただ、先ほど茜社側から見た妻にはガラスの気配がなかった。不思議? どのような構造なのだろうか?

建設中の「せんぐう館」

建設中の「せんぐう館」

 

手水舎の近くに完成予想図があるが、これでは想像もできなかった。

建設中の「せんぐう館」

建設中の「せんぐう館」

 

フェンス越しに見える建設中の「せんぐう館」で一番印象的な部分(と言うかここしか見えない)なので、繰り返してパチリ。

建設中の「せんぐう館」

建設中の「せんぐう館」

パチリ。

建設中の「せんぐう館」

建設中の「せんぐう館」

屋根付きの通路と思われる場所もパチリ。

建設中の「せんぐう館」

建設中の「せんぐう館」

建設中の「せんぐう館」

建設中の「せんぐう館」

フェンス越しに見た限りでは、 式年遷宮記念 せんぐう館(建設中)20110702 からの変化を確認できなかった。外構や駐車場工事または内装工事が進められているのだろうか?

 

【 20110730 の記録 】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*