新ブログサイト『神宮巡々3』開設のお知らせ

『神宮巡々』、『神宮巡々2』ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々3』を新設しました。
2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』を、最新の記録は『神宮巡々3』をご覧ください。 ( 2017年12月31日 【キタヰ】こと、桝屋善則 )

大念仏行事(手筒花火、かんこ踊り他) – 伊勢市御薗町小林

2011年08月15日(日) 大念仏行事(手筒花火、かんこ踊り他) – 伊勢市御薗町小林 (徒歩)

昨日の 大念仏行事(手筒花火、かんこ踊り他) – 伊勢市御薗町上條 に続き、今夜も御薗町小林の大念仏行事を見学することにした。スケージュールは不明だったが、午後八時開始と聞いたので、10分前現地到着を目指した。

予定通り、主会場である宝林寺に到着すると、太鼓が打ち鳴らされていた。

宝林寺(大念仏行事)

宝林寺(大念仏行事)

段取りが不明だったので、先ほど通り過ぎた小林公民館へ戻ると、若者がスタンバイしていた。とりあえず彼らについていこう。

小林公民館前(大念仏行事)

小林公民館前(大念仏行事)

提灯が縦に振られ、気合いが入り始めた。

小林公民館前(大念仏行事)

小林公民館前(大念仏行事)

公民館から宝林寺の参道前まで数十mを爆竹を鳴らしながら歩いた。

宝林寺参道前(大念仏行事)

宝林寺参道前(大念仏行事)

参道前から参道へ入ると、提灯が地面で燃やされた。(?) これが事故(ろうそくの火が提灯に燃え移った?)か儀式かは不明。(20110817修正: こなこな。さんのコメントにあるように、ろうそくが倒れた事故だったそうです。素晴らしい迅速な対応だ。)

宝林寺参道(大念仏行事)

宝林寺参道前(大念仏行事)

 

そして、彼らは大念仏の幟と他の提灯を先頭に宝林寺の山門前で停止した。

宝林寺山門前(大念仏行事)

宝林寺山門前(大念仏行事)

彼らの後方からパチリ。

宝林寺山門前(大念仏行事)

宝林寺山門前(大念仏行事)

しばらくの後、提灯が縦に振られた。

宝林寺山門前(大念仏行事)

宝林寺山門前(大念仏行事)

すると、全員が一気に山門へと駆け込んだ。一瞬の出来事だ。

宝林寺山門(大念仏行事)

宝林寺山門(大念仏行事)

山門の下での攻防がしばらく続いたが、いきなり彼らは走って戻ってきた。私はこんな状態だった。

?(大念仏行事)

?(大念仏行事)

実は山門の向こう側から手筒花火が追いかけて来たからだった。

宝林寺山門前(大念仏行事)

宝林寺山門前(大念仏行事)

彼らは宝林寺の参道前からも姿を消したので、公民館へでも戻ったのだろうか? 私は繰り返されると思われるこの攻防を境内側から撮影しようと思い山門をくぐった。

 

そして、彼らの気配を感じ、山門横の塀の上からパチリ。

宝林寺参道(大念仏行事)

宝林寺参道(大念仏行事)

参道前では仕掛け花火が焚かれ、気合いが高められていた。

宝林寺参道前(大念仏行事)

宝林寺参道前(大念仏行事)

再び、山門前に「攻」の集団が集合すると、

宝林寺山門前(大念仏行事)

宝林寺山門前(大念仏行事)

山門の内側では、「防」の集団が体勢を整えた。

宝林寺(大念仏行事)

宝林寺(大念仏行事)

宝林寺山門(大念仏行事)

宝林寺山門(大念仏行事)

宝林寺山門(大念仏行事)

宝林寺山門(大念仏行事)

 

すると、一気に攻防が始まった。

宝林寺山門(大念仏行事)

宝林寺山門(大念仏行事)

宝林寺山門(大念仏行事)

宝林寺山門(大念仏行事)

宝林寺山門(大念仏行事)

宝林寺山門(大念仏行事)

宝林寺山門(大念仏行事)

宝林寺山門(大念仏行事)

宝林寺山門(大念仏行事)

宝林寺山門(大念仏行事)

宝林寺山門(大念仏行事)

宝林寺山門(大念仏行事)

宝林寺山門(大念仏行事)

宝林寺山門(大念仏行事)

宝林寺山門(大念仏行事)

宝林寺山門(大念仏行事)

 

今回は、「攻」の集団は追い返されることなく、境内へと迎えられた。手筒花火に火が点けられると、

宝林寺(大念仏行事)

宝林寺(大念仏行事)

「攻」の集団は、手筒花火に追われるように境内を左回りに一周した。

宝林寺(大念仏行事)

宝林寺(大念仏行事)

宝林寺(大念仏行事)

宝林寺(大念仏行事)

宝林寺(大念仏行事)

宝林寺(大念仏行事)

宝林寺(大念仏行事)

宝林寺(大念仏行事)

 

手筒花火が燃え尽きると、彼らは境内をさらに回ってから、手筒花火の会場である墓地近くの広場へと向かった。

宝林寺(大念仏行事)

宝林寺(大念仏行事)

 

【手筒花火】

こちらが手筒花火の会場。

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

しばらくすると、突然に仕掛け花火が点火された。 「大念佛」。

仕掛け花火(大念仏行事)

仕掛け花火(大念仏行事)

さらに、火力は強まり、

仕掛け花火(大念仏行事)

仕掛け花火(大念仏行事)

続いて、固定されていた手筒花火が点火された。

仕掛け花火(大念仏行事)

仕掛け花火(大念仏行事)

この花火の火の粉を背景に、二名の人影が左から登場。一本の手筒花火が・・・

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

どうも、前の彼は新人で、先輩にサポートしてもらっているように見えた。新人の彼も数年後にはサポート側に回るのだろう。この光景を見ながら、「初心忘るべからず。今があるから未来がある。慣れこそ一番の敵だ。」と自分自身に言い聞かせた。

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

 

仕掛け花火(大念仏行事)

仕掛け花火(大念仏行事)

この後は、一人ひとりが歩きながらの手筒花火を披露した。今日は手筒花火が燃え尽きる最後の瞬間に「ドン」と大きな音を立てて筒の下から火を吹く瞬間を撮影しようと努力した。

彼らの勇姿をご覧あれ。

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

 

(この画像では火の粉の動きが変なので、私のヘタレでしょう。)

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

 

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

 

使用済みの手筒花火は私の目の前に集められてきた。今でのかなりの数だ。が、

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

 

さらに、手筒花火は続いた。

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

これは、どのように燃えているのだろう?

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

 

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

 

手筒花火の最後は数人が前後に並んで、一気に点火する。これが二回繰り返された。次の画像は二回目のもの。

まず点火、

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

一気に火の粉が吹き出し、前列は、前からも後ろからも火の粉を浴びていた。

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

これだ。

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

一本が消え、・・・ すべての手筒花火が燃え尽きると

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

会場左手に準備されていたナイアガラが点火された。まずは赤色。

仕掛け花火(大念仏行事)

仕掛け花火(大念仏行事)

続いて緑色に変化し、

仕掛け花火(大念仏行事)

仕掛け花火(大念仏行事)

最終的には、白色のナイアガラの流れとなった。

仕掛け花火(大念仏行事)

仕掛け花火(大念仏行事)

かなり長い時間流れていたように感じた。

仕掛け花火(大念仏行事)

仕掛け花火(大念仏行事)

ナイアガラの反対側は昼間のように明るかった。使用済みの手筒花火の山積みの様子がよく分かる。数えきれないくらいの多さだ。いったい、何本?

手筒花火(大念仏行事)

手筒花火(大念仏行事)

 

ナイアガラの流れの最後に一筋が消えると、宮川の右岸堤防近くから花火が打ち上げられた。不意のことでうまく撮影できなかったので、2カットのみ。

打ち上げ花火(大念仏行事)

打ち上げ花火(大念仏行事)

打ち上げ花火(大念仏行事)

打ち上げ花火(大念仏行事)

打ち上げ花火が終了すると手筒花火は終了し、会場は宝林寺の境内へと戻された。

 

【かんこ踊り】

私が宝林寺の境内へ戻ると、すでに僧侶は名簿を読み上げていた。

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

踊りの前に供養の対象が僧侶から読み上げられ、かんこが踊られる。この短いパターンの踊りが、何度も何度も繰り返される。
動きが俊敏で、片足での体勢が多く、後ろ向きで進んだり、かなり大変は踊りだ。

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

 

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

 

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

 

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

 

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

 

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

 

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

 

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

 

かんこ踊り(大念仏行事)

かんこ踊り(大念仏行事)

 

最後に太鼓が打ち鳴らされると、全員が整列し挨拶の後、かんこ踊りは終了となった。

かんこ踊り終了の挨拶(大念仏行事)

かんこ踊り終了の挨拶(大念仏行事)

そして、後片付け。

かんこ踊りの後片付け(大念仏行事)

かんこ踊りの後片付け(大念仏行事)

宝林寺(大念仏行事)

宝林寺(大念仏行事)

 

私は満月(たぶん)を見ながら、

宝林寺(大念仏行事)

宝林寺(大念仏行事)

宝林寺を後にした。

宝林寺(大念仏行事)

宝林寺(大念仏行事)

 

宝林寺から小林公民館へ向かうと、手作りの灯篭を手にした人が何人も道路を歩いていた。灯篭流しだ。私も宮川まで同行するとこんな感じだ。

灯篭流し - 宮川(大念仏行事)

灯篭流し - 宮川(大念仏行事)

灯篭流し - 宮川(大念仏行事)

灯篭流し - 宮川(大念仏行事)

灯篭流し - 宮川(大念仏行事)

灯篭流し - 宮川(大念仏行事)

 

再び空を見上げ、今後こそ帰路に着いた。

宮川右岸堤防道路から

宮川右岸堤防道路から

 

 

 

Comments

  1. 提灯が途中で燃えたのは事故です。ろうそくが倒れて燃え移ったみたいです。

    1. こなこな。さん
      情報ありがとうごさいます。
      ろうそくが倒れたのですか。了解しました。

      迅速な対応で大事に至らずよかったです。

      では、また、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*