的矢の日和山散策

2011年09月10日(土) 的矢の日和山散策 (車、徒歩)

志摩市立磯部郷土資料館(再訪)にて的矢の日和山の方位石を確認したので、それらが設置されていた場所をこの身体で感じたくて、的矢を目指した。磯部郷土資料館から的矢へ向かう途中で、林道へ入ったり、脇道を歩き回って「山田にある道標(12)」を探しまくったが見つけられなかった。

そんなこんなで時間を浪費しながら、12時過ぎに的矢へとたどり着いた。

的矢についてはまったく初体験なので、伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター の伊勢志摩ウォーキング60にあるコースマップ(24)的矢湾をダウンロードしておいた。(今回はこの一部を回るだけだが。)

24的矢湾コースマップ(伊勢志摩ウォーキング60)

24的矢湾コースマップ(伊勢志摩ウォーキング60)

 

駐車場所を探していたら、こんな入江にたどり着いた。思わずパチリ。

的矢

的矢

来た道を引き返し、先ほどのコースマップに「P」と示されている場所へ戻った。

的矢

的矢

 

こちらには「有料駐車場」の看板があるが、管理人はいないし、車は一台も駐車されていなかった。有料の文字が気になり、躊躇したが、他に適当な場所がなかったので、この敷地の隅に駐車し、まずは例の昼食(おにぎり3個)をとった。

的矢

的矢

 

昼食後、コースマップに従い、的矢湾養蛎研究所の前を通り、

的矢湾養蛎研究所

的矢湾養蛎研究所

その先の坂道(いかだ荘の案内板の先)を上った。

いかだ荘への坂道(的矢)

いかだ荘への坂道(的矢)

坂の途中から的矢湾養蛎研究所をパチリ。

的矢湾養蛎研究所

的矢湾養蛎研究所

 

坂の途中で

いかだ荘への坂道(的矢)

いかだ荘への坂道(的矢)

このマンホール蓋を発見。現在は志摩市。蓋の町章は旧磯部町のもの。2004年10月01日に合併したようなので、それ以前のものだ。

マンホール蓋(旧 磯部町)

マンホール蓋(旧 磯部町)

コースマップの地図では、坂の上に小的矢の日和山があるように読めるが、その場所にはいかだ荘があり、日和山へのルートは見当たらない。

いかだ荘(的矢)

いかだ荘(的矢)

 

その先に墓地があるので、「もしかして」と思い墓地へ向かうとこの案内板に「小的矢の日和山」の文字があった。墓地を通り抜けるとその先にあるようだ。

小的矢の日和山

小的矢の日和山

墓地の進むとそ先には一段高いこの場所が。ここが小的矢の日和山だ。

小的矢の日和山

小的矢の日和山

階段を上る途中でパチリ。

小的矢の日和山の眺望

小的矢の日和山の眺望

これが小的矢の日和山の頂上。右側に方位石(レプリカ)がある。

小的矢日和山の方位石

小的矢日和山の方位石

 

小的矢日和山の方位石の説明板

小的矢日和山の方位石の説明板

的矢の日和山の説明板

的矢の日和山の説明板

 

これが小的矢の日和山からの眺望。

小的矢の日和山からの眺望

小的矢の日和山からの眺望

小的矢の日和山からの眺望

小的矢の日和山からの眺望

小的矢の日和山からの眺望

小的矢の日和山からの眺望

小的矢の日和山からの眺望

小的矢の日和山からの眺望

 

帰り際に方位石をチラリ。

小的矢の日和山の方位石

小的矢の日和山の方位石

 

墓地の中にも案内板があったので、思わず撮影してしまった。パチリ。青峰山 正福寺の山門を建設した大工棟梁・中村九造のお墓だそうだ。確かに墓石の側面には、俗名中村九造とある。

【参考】  青峰山 正福寺

中村九造の墓(的矢の墓地)

中村九造の墓(的矢の墓地)

 

墓地を出て、大的矢を目指そうとした瞬間、この道標に呼ばれた。墓地の敷地の片隅にポツンと立っている。道路から見るとちょうど視線の高さだろうか。これは、資料「磯部の道標と町石地蔵」に掲載されている道標(41)だ。

道標(41)(的矢)

道標(41)(的矢)

道標(41)(的矢)

道標(41)(的矢)

 

道標(41)確認し、気をよくした私は快調に、大的矢を目指した。

小的矢から大的矢へ

小的矢から大的矢へ

 

道なりに進むと左手に

大的矢の日和山

大的矢の日和山

大的矢の日和山の案内板が現れた。(コースマップの地図では直進では無かったが、道路が改良されたのだろうか?)

大的矢の日和山の案内板

大的矢の日和山の案内板

 

反対側に階段があったので、早速登った。

大的矢の日和山

大的矢の日和山

天にも届きそうだ。

大的矢の日和山

大的矢の日和山

ここが大的矢の日和山の頂上。方位石(レプリカ)も設置されている。

大的矢の日和山の方位石

大的矢の日和山の方位石

 

大的矢の日和山からの眺望はこれだ。(方位石を画面に入れると海はほとんど見えない。)

大的矢の日和山からの眺望

大的矢の日和山からの眺望

 

的矢の日和山の説明板

的矢の日和山の説明

説明板によると、「申酉」の方向に小的矢の日和山が見えるそうだ。フェンス越しだが、あちら。

大的矢の日和山から小的矢の日和山を望む

大的矢の日和山から小的矢の日和山を望む

 

方位石を外してパチリ。

大的矢の日和山からの眺望

大的矢の日和山からの眺望

 

これで、小的矢も大的矢も体感できたので後は駐車場へ戻るだけだが、寄り道が大好きな私なので、このままでは終わらない。
先ほどの道路をさらに進むとサンベルラ志摩が見えるので、

サンベルラ志摩(的矢)

サンベルラ志摩(的矢)

その手前を右手に鋭角に戻りながら下る坂へ入った。

大的矢日和山から的矢湾への下り坂

大的矢日和山から的矢湾への下り坂

 

坂を下りきると的矢湾だ。

的矢湾

的矢湾

的矢湾

的矢湾

的矢湾

的矢湾

 

堤防に沿って歩いていると、右手の奥に鳥居が見えたので入って行った。

秋葉神社(的矢)

秋葉神社(的矢)

秋葉神社。

秋葉神社(的矢)

秋葉神社(的矢)

秋葉神社(的矢)

秋葉神社(的矢)

秋葉神社(的矢)

秋葉神社(的矢)

彫刻が印象的だった。これも中村九造の作なのだろうか?(それは定かではない。)

秋葉神社(的矢)

秋葉神社(的矢)

 

再び、堤防沿いへ戻ると水門が。かなり潮位は下がっていたのだろう。

水門(的矢)

水門(的矢)

そして、お地蔵さん。この堤防の切れ目から覗くと、

的矢湾

的矢湾

こちら。パチリ。

的矢湾

的矢湾

 

さらに進むと右手の奥に立派な石垣が見えた。

禅法寺(的矢)

禅法寺(的矢)

急な石段を登ると

禅法寺(的矢)

禅法寺(的矢)

境内を過ぎ、さらに上る道があったので、上へ上へ向かうとこれだ。先ほどのお寺がかなり小さく見える。

禅法寺(的矢)

禅法寺(的矢)

的矢湾も俯瞰する感じだ。

的矢湾

的矢湾

坂を下ると先ほどのお寺の境内へ戻ってきた。

禅法寺(的矢)

禅法寺(的矢)

禅法寺だ。

禅法寺(的矢)

禅法寺(的矢)

これは境内の先にある石段で、先ほどこの石段を上り、高台へと出た。

禅法寺(的矢)

禅法寺(的矢)

 

禅法寺を後にして、堤防沿いへ出ると、木の階段があった。

的矢湾

的矢湾

登ると、この風景だ。

的矢湾

的矢湾

 

風景を堪能したのち、さらに進むと今度は的矢村神社。

的矢村神社

的矢村神社

石段を登るとその先には境内が広がり、右手の奥に社殿がある。

的矢村神社

的矢村神社

今日は枯葉を清掃していて、ドラム缶で焼却していたので煙がもうもうと立ちこめていた。私は参拝後煙に追われるように別の階段を下った。この写真ではかなり煙っている。

的矢村神社

的矢村神社

 

この後は牡蠣の養殖いかだを眺めながら駐車場へと戻った。

的矢湾

的矢湾

こちらは的矢防潮扉24号。挟まれないように注意の掲示があった。

的矢防潮扉24号

的矢防潮扉24号

以上で、的矢の日和山散策は終了。

 

【 20110910 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*