月夜見宮のお稲荷さん?

2011年10月16日(日) 月夜見宮のお稲荷さん? (徒歩)

以前の記録 宮川、外宮めぐり に対して、p_m_a さんから「キタヰさんは、月夜見宮左側のお稲荷さん(らしきもの)へは参拝されなかったのかなと思いまして。」とのコメントをいただいていた。

その時は軽い気持ちで参拝しただけであまり注意を払っていなかった。そこで、今日はじっくり観察しようと思い、外宮での神嘗祭 奉幣の儀を拝観する前に月夜見宮へ立ち寄った。

月夜見宮前

月夜見宮前

 

まずは月夜見宮に参拝し、

月夜見宮

月夜見宮

続いて月夜見宮の右手奥にある高河原神社に参拝した。

高河原神社

高河原神社

 

月夜見宮の左側、

月夜見宮

月夜見宮

こちらには細い参道があり、

月夜見宮とお稲荷さん?

月夜見宮とお稲荷さん?

その先には鳥居が見える。

月夜見宮のお稲荷さん?

月夜見宮のお稲荷さん?

月夜見宮を横目で見ながら進むと

月夜見宮

月夜見宮

瑞垣には懸税(かけちから)が掛けられていた。神嘗祭であることを実感できる。

懸税(月夜見宮)

懸税(月夜見宮)

 

さらに進むとここが鳥居の場所。支えが無ければ倒れそうな木の根元には向かい合う狐の像が見える。お稲荷さん?

月夜見宮のお稲荷さん?

月夜見宮のお稲荷さん?

枯木の左側はこの状態だが、

月夜見宮のお稲荷さん?

月夜見宮のお稲荷さん?

右側からは多数の空洞が見える。さらに焦げている?

月夜見宮のお稲荷さん?

月夜見宮のお稲荷さん?

上部は折れたのか裂けたのか?

月夜見宮のお稲荷さん?

月夜見宮のお稲荷さん?

黒い部分は炭化している。さらにその表面には緑色のものが、これは苔?

月夜見宮のお稲荷さん?

月夜見宮のお稲荷さん?

このビューから見るとかなり綱渡り的な支えになっている。

月夜見宮のお稲荷さん?

月夜見宮のお稲荷さん?

 

お稲荷さんへのお参りを終え、月夜見宮を後にする前に宿衛屋でお稲荷さん?についてのお話を伺った。

このお稲荷さん?については民間信仰で神宮は関与していないため由緒等は不明。さらに、事情を知った人々は郊外へ転居するなど尋ねる先も無くなっている。あの木は60年ほど前に落雷のため燃えてしまった。

由緒を知ることはかなり難しそうだ。

神職に礼を述べて宿衛屋を離れようとするとこの花に呼び止められた。

宿衛屋(月夜見宮)

宿衛屋(月夜見宮)

月夜見宮の宿衛屋の入口にはいつも綺麗な花が・・・。月に一回程度生け替えられるそうだ。

宿衛屋(月夜見宮)

宿衛屋(月夜見宮)

 

次は本来の目的地である外宮へと向かった。

 

【 20111016の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*