新ブログサイト『神宮巡々3』開設のお知らせ

『神宮巡々』、『神宮巡々2』ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々3』を新設しました。
2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』を、最新の記録は『神宮巡々3』をご覧ください。 ( 2017年12月31日 【キタヰ】こと、桝屋善則 )

一時公開(国史跡 旧豊宮崎文庫)、オヤネザクラ

2012年04月15日(日) 一時公開(国史跡 旧豊宮崎文庫)、オヤネザクラ (徒歩)

本日の主目的である国史跡 旧豊宮崎文庫でのオヤネザクラの見学。いろいろと寄り道しながらやっと旧豊宮崎文庫へたどり着いた。

オヤネザクラを見学できるように先週と今週の土日だけ特別に一時公開されていた。

まずは御木本道路とは逆側の表門をパチリ。

桜(国史跡 旧豊宮崎文庫)

桜(国史跡 旧豊宮崎文庫)

門は補修されるのだろうか? 扉が無く、土壁が落ち、柱だけになっていた。

表門(国史跡 旧豊宮崎文庫)

表門(国史跡 旧豊宮崎文庫)

左からもパチリ。

表門(国史跡 旧豊宮崎文庫)

表門(国史跡 旧豊宮崎文庫)

桜は満開の時期を過ぎ、かなり葉っぱが目立っていた。

桜(国史跡 旧豊宮崎文庫)

桜(国史跡 旧豊宮崎文庫)

 

御木本道路側へ回ると、とても驚いた。郷土資料館の建物が壊され、更地になっていた。

【参考】 閉館前は、 【閉館】伊勢市立郷土資料館

伊勢市立郷土資料館の跡地

伊勢市立郷土資料館の跡地

こちらの扉にも

一時公開(国史跡 旧豊宮崎文庫)

一時公開(国史跡 旧豊宮崎文庫)

開園日時が記されていた。

一時公開(国史跡 旧豊宮崎文庫)

一時公開(国史跡 旧豊宮崎文庫)

 

国史跡 旧豊宮崎文庫側の入口へ向かうと、その前にはこの立看板があった。

オヤネザクラのご観覧についての看板(国史跡 旧豊宮崎文庫)

オヤネザクラのご観覧についての看板(国史跡 旧豊宮崎文庫)

後半部をよく見ると白いテープで文字が消されていた。「ご入場は、郷土資料館の裏手にお回りください。」の文章だ。ということは、伊勢市立郷土資料館が建っていた時にこの看板は使われていた。つまり、少なくとも去年も公開されたのだろう。

オヤネザクラのご観覧についての看板(国史跡 旧豊宮崎文庫)

オヤネザクラのご観覧についての看板(国史跡 旧豊宮崎文庫)

 

そんなことを考えながら、初めて国史跡 旧豊宮崎文庫の敷地へ入った。

国史跡 旧豊宮崎文庫

国史跡 旧豊宮崎文庫

左手には郷土資料館の跡地、右手に旧豊宮崎文庫の敷地が広がっている。

伊勢市立郷土資料館の跡地

伊勢市立郷土資料館の跡地

まずは、入口近くの道標をパチリ。「右 豊宮﨑文庫」

道標(国史跡 旧豊宮崎文庫)

道標(国史跡 旧豊宮崎文庫)

そして、視線を右側に

桜(国史跡 旧豊宮崎文庫)

桜(国史跡 旧豊宮崎文庫)

左側に、

桜(国史跡 旧豊宮崎文庫)

桜(国史跡 旧豊宮崎文庫)

そして、中央に・・

桜(国史跡 旧豊宮崎文庫)

桜(国史跡 旧豊宮崎文庫)

中央付近には「文庫跡」の標石が建っている。

文庫跡の標石(国史跡 旧豊宮崎文庫)

文庫跡の標石(国史跡 旧豊宮崎文庫)

 

そして、その左手にはフェンスの中で保護されている「オヤネザクラ」の木が立っている。いや、横たわっている?

オヤネザクラ(国史跡 旧豊宮崎文庫)

オヤネザクラ(国史跡 旧豊宮崎文庫)

その前にはこの立札。

オヤネザクラ(国史跡 旧豊宮崎文庫)

オヤネザクラ(国史跡 旧豊宮崎文庫)

市指定天然記念物
オヤネザクラ
(お屋根桜)
由来・豊宮崎文庫創設のとき、その主唱者の一人出口延佳の家の屋根に生えた苗を移植したとも、外宮古殿の屋根に生えたサクラとも言われる。
特徴・ヤマザクラの新種で花は始めから白く五弁。花梗とめしべの下部に毛がある。
伊勢市教育委員会

 

オヤネザクラ(国史跡 旧豊宮崎文庫)

オヤネザクラ(国史跡 旧豊宮崎文庫)

この姿を見ると、新開臥龍梅公園の古木を思い出した。

【参考】 臥龍梅 梅祭(伊勢市御薗町新開)

オヤネザクラ(国史跡 旧豊宮崎文庫)

オヤネザクラ(国史跡 旧豊宮崎文庫)

 

そして、さらにその左手では、土塀に寄りかかる木が一本。瓦を押し割っている。

桜(国史跡 旧豊宮崎文庫)

桜(国史跡 旧豊宮崎文庫)

桜(国史跡 旧豊宮崎文庫)

桜(国史跡 旧豊宮崎文庫)

これは、完全にもたれかかっている?

桜(国史跡 旧豊宮崎文庫)

桜(国史跡 旧豊宮崎文庫)

 

そして、表門の内側は見ると

表門(国史跡 旧豊宮崎文庫)

表門(国史跡 旧豊宮崎文庫)

確かに土壁の土が落ちている。

表門(国史跡 旧豊宮崎文庫)

表門(国史跡 旧豊宮崎文庫)

これから改修されることだろう。

表門(国史跡 旧豊宮崎文庫)

表門(国史跡 旧豊宮崎文庫)

 

私たちが帰る頃には、新たに見学者が増えていた。

桜(国史跡 旧豊宮崎文庫)

桜(国史跡 旧豊宮崎文庫)

 

【 20120415の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*