新ブログサイト『神宮巡々3』開設のお知らせ

『神宮巡々』、『神宮巡々2』ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々3』を新設しました。
2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』を、最新の記録は『神宮巡々3』をご覧ください。 ( 2017年12月31日 【キタヰ】こと、桝屋善則 )

神宮農業館

2012年07月28日(土) 神宮農業館 (車、徒歩)

伊勢市の倉田山にある神宮の神宮の文化施設。倭姫宮に隣接して「神宮徴古館」、「神宮美術館」、「神宮農業館」がある。

【参考】 神宮司廳のホームページ

 

神宮美術館への入口には次の案内矢印がある。

神宮農業館

神宮農業館

神宮徴古館と神宮美術館には、ここ1~2年の間に見学したことがあるが、「神宮農業館」・・・?
「あれはいつのことだろう?」

・・・、多分35年以上も前のことだろう。それは現在、神宮美術館が建てられている場所に「神宮農業館」が建っていた頃、小学校の社会見学じゃなかったか・・・(記憶、薄)。確か、神宮杉が薄くスライスされ年輪を数えることができる(実際には本数が多すぎて数えきることができない)展示があったような・・・(曖昧)。

 

今日は皇學館大学史料編纂所が主催する平成24年度行事「古文書を読もう」の二回目(岡野友彦教授による中世の講座)を受講したので、その帰り道、念願の「神宮農業館」へ立ち寄った。今までも見学したいと思ってはいたのだが、なかなか縁がなかった「神宮農業館」、神宮徴古館にくらべればかなりこじんまりとした建物だ。

神宮農業館

神宮農業館

ただし、この建物は登録有形文化財 第24-0021号に登録されている。ちなみに神宮徴古館は登録有形文化財 第24-0020号だ。

【参考】  文化庁の国指定文化財等データベース

 

神宮農業館

神宮農業館

石段を上ると正面はこの雰囲気。入口右手の受付で「特別参宮章」を提示して館内へ入った。

神宮農業館

神宮農業館

 

 【参考】  2012年07月29日時点の拝観料

神宮徴古館・神宮農業館は、300円(個人・大人)
神宮徴古館・神宮農業館・神宮美術館3館共通は、700円(個人・大人)

詳細については、先述の「神宮の博物館」のサイトに表示されている。

なお、このサイトには「特別拝観券」のリンクが設定されており、アンケート(PDF)である特別割引券『お伊勢かあど』をダウンロードしてアンケートに回答後持参すると拝観料が割引される。

 

館内は撮影禁止なので写真はないが、私にとっては興味深い展示が多かった。

例えば、

  • 神宮神田の図(絵)があり、祭場や建物の名称や位置関係
  • 昭和5年9月25日に皇大神宮の御正殿の北東隅で発見された瑞兆の稲
  • 御塩殿、八尋殿の「殿」の読み方、「でん」
  • 伊勢一色村製塩所模型
  • 重要な御饌である鰒の肉を削る小刀の製造元「元祖キリン印吟撰」

など、

他に拝観者がいない館内を独り占めで、じっくりと見学した。

「神宮農業館」を後にしてから振り向いてパチリ。

 

神宮農業館

神宮農業館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*