お白石持ち「町内曳」を終えた箕曲神社(伊勢市小木町)

2012年10月21日(日) お白石持ち「町内曳」を終えた箕曲神社(伊勢市小木町) (徒歩)

伊勢市小木町にある箕曲神社では御遷宮に向けたお白石持ちが終了した。

【参考】 お白石持ち「町内曳」(箕曲神社、伊勢市小木町)

 

私が仮殿にお参りするために片付けが終了するのを境内の端で待っていると御造営担当の委員長さんが私を本殿まで招き入れてくださった。

まずは鳥居をくぐり拝殿下で新たに取り付けられた箕曲神社の由緒書きについて説明をいただいた。この板は以前取り付けられていた板の表面を削り、由緒を書き直したとのこと。

お白石持ちを終えた箕曲神社(伊勢市小木町)

お白石持ちを終えた箕曲神社(伊勢市小木町)

由緒書きには次のように記されている。

箕曲神社
伊勢市小木町五百八十三番地

御祭神

天児屋根命 旧小木社御祭神
旧小木社は。現在の小木町墓地周辺に所在し、小木建置(小木の誕生)よりの奉祀の産土神江戸時代には田尻との合祀管理であった。

塩比乃御前神 旧曽祢社御祭神
現在この箕曲神社の地が旧曽祢社跡地であり、大治年間(1126~)に既に曽祢社あり、その産土神 天明七年(1787)曽祢村が絶家し小木の管理下となる

箕曲神 旧今田社御祭神
旧今田社は、字今田(現西の地蔵尊周辺)に鎮座旧号権地社で明治四年今田社に改称 神木を祭神としておった。

八柱社 旧小木社 ・・・

(この後に実際の由緒書きが書かれているのだが、帰宅後に読もうと思ったら文字が潰れていて読めなかった。今後、改めて確認しよう。)

由緒書きを拝見している間、本殿の前では氏子総代の方々だろうか、残りのお白石を御垣の周囲等へ奉献されていた。

お白石持ちを終えた箕曲神社(伊勢市小木町)

お白石持ちを終えた箕曲神社(伊勢市小木町)

 

これで箕曲神社の御遷宮に向けた準備は完了。遷座祭と奉祝祭を待つばかりだ。

お白石持ちを終えた箕曲神社(伊勢市小木町)

お白石持ちを終えた箕曲神社(伊勢市小木町)

 

せっかくなので、お白石が奉献された本殿の御敷地も拝見した。

お白石持ちを終えた箕曲神社(伊勢市小木町)

お白石持ちを終えた箕曲神社(伊勢市小木町)

今回は本殿も建て替えられてはいないため表面の汚れを落とし取る洗いのみの処理だが、再生された雰囲気だ。あと二十年、いらそれ以上でも十分に保つことだろう。

お白石持ちを終えた箕曲神社(伊勢市小木町)

お白石持ちを終えた箕曲神社(伊勢市小木町)

そして視線を落とすと本殿下には表面から浮き出たお白石が・・・。

お白石持ちを終えた箕曲神社(伊勢市小木町)

お白石持ちを終えた箕曲神社(伊勢市小木町)

これらは今回奉献されたものだろう。

 

この後、仮殿にお参りした後、区長さん、御造営担当の委員長さんにお礼を述べて箕曲神社を後にした。

お白石持ちを終えた箕曲神社(伊勢市小木町)

お白石持ちを終えた箕曲神社(伊勢市小木町)

石神さんにもお参りしてから

お白石持ちを終えた箕曲神社(伊勢市小木町)

お白石持ちを終えた箕曲神社(伊勢市小木町)

パチリ、パチリ。

お白石持ちを終えた箕曲神社(伊勢市小木町)

お白石持ちを終えた箕曲神社(伊勢市小木町)

お白石持ちを終えた箕曲神社(伊勢市小木町)

お白石持ちを終えた箕曲神社(伊勢市小木町)

昼過ぎから始まったお白石持ち「町内曳」が終了したのは夕暮れ時だった。

 

ララパーク側の参道を進む途中でもフェンス越しにもパチリ。

お白石持ちを終えた箕曲神社(伊勢市小木町)

お白石持ちを終えた箕曲神社(伊勢市小木町)

パチリ。

お白石持ちを終えた箕曲神社(伊勢市小木町)

お白石持ちを終えた箕曲神社(伊勢市小木町)

11月に斎行される遷座祭、奉祝祭が心待ちにし、箕曲神社を後にした。

 

今回、小木町の区長さんをはじめ多くの方にご配慮いただき、飲み物や祝いのかたパンまでいただいた。(感謝)

こちらがその「かたパン」、

「祝」かたパン(箕曲神社のお白石持ち)

「祝」かたパン(箕曲神社のお白石持ち)

菓子工房 和楽(伊勢市宮町)製のものだった。(ごちそうさま)

「祝」かたパン(箕曲神社のお白石持ち)

「祝」かたパン(箕曲神社のお白石持ち)

 

 

【 20121021 の記録 】

 

【箕曲神社(伊勢市小木町) 仮遷座後の記録】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*