新ブログサイト『神宮巡々2』開設のお知らせ

本ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々2』を新設しました。
2014年以降の記録は、『神宮巡々2』をご覧ください。

 2014年01月01日 【キタヰ】こと、桝屋善則

日和神社(伊勢市下野町)

2012年10月27日(土) 日和神社(伊勢市下野町) (徒歩)

馬瀬神社(伊勢市馬瀬町) にて紹介したように

箕曲神社の由緒を調べていたところ、伊勢市史第8巻(民俗編)698ページの「表4 神社の分祀状況」にて箕曲神社から分祀(または復祀)された神社は伊勢市馬瀬町の馬瀬神社、伊勢市下野町の日和神社、伊勢市竹ヶ鼻町の大口神社であることを発見。

そこで、馬瀬神社に続いて日和神社(伊勢市下野町御堂薮325)にお参りした。
【参考】 三重県の神社一覧(伊勢市) 三重県神社庁のホームページ

 

馬瀬神社の鳥居を出て、左手の路地を道なりに進むと、車道を横断し、細い路地を進むと右手の鳥居が見える。

こちらが日和神社の参道入口だ。

日和神社(伊勢市下野町)

日和神社(伊勢市下野町)

参道の左手には幟が・・・

日和神社(伊勢市下野町)

日和神社(伊勢市下野町)

 

鳥居をくぐり参道を進むと、その先には社標が建っている。

日和神社(伊勢市下野町)

日和神社(伊勢市下野町)

社頭にはコンクリートミキサー車が停まっていて、境内がざわついていた。手水舎の周辺には木材が置かれ、私の脇を生コンクリートを満載した一輪車が押されて行った。

日和神社(伊勢市下野町)

日和神社(伊勢市下野町)

手水舎の裏手にはお白石が積まれ、本殿が建っていると思われる場所(御敷地)は更地になっていた。

日和神社(伊勢市下野町)

日和神社(伊勢市下野町)

そして拝殿の場所は、基礎工事の真っ最中だった。

日和神社(伊勢市下野町)

日和神社(伊勢市下野町)

 

なるべく工事の邪魔にならないように、初めて訪問した日和神社を楽しんだ。

日和神社(伊勢市下野町)

日和神社(伊勢市下野町)

 

狛犬に挨拶してから仮殿を探した。

日和神社(伊勢市下野町)

日和神社(伊勢市下野町)

日和神社(伊勢市下野町)

日和神社(伊勢市下野町)

日和神社(伊勢市下野町)

日和神社(伊勢市下野町)

 

仮殿が見つからなかったので諦めて境内を出ようとすると右手の建物の前に賽銭箱を発見。

日和神社 社務所(伊勢市下野町)

日和神社 社務所(伊勢市下野町)

そこには日和神社社務所とある。

日和神社 社務所(伊勢市下野町)

日和神社 社務所(伊勢市下野町)

この中に仮殿が設営されているのだろう。ここでお参り。

日和神社 社務所(伊勢市下野町)

日和神社 社務所(伊勢市下野町)

社務所の玄関に設置された掲示によると

日和神社 社務所(伊勢市下野町)

日和神社 社務所(伊勢市下野町)

日和(ヒヨリ)神社

所在地 三重県伊勢市下野町御堂薮三二五番地
御祭神名(八柱ノ神)
鳥之石楠船神(トリノイワクスフネノカミ)
大宣都比売神(オオゲツヒメノカミ)
火之夜藝速男命(カノヤギハヤオノミコト)
金山昆古神(カナヤマビコノカミ)
金山昆売命(カナヤマビメノミコト)
波邇夜須昆古神(ワニヤスビコノカミ)
波邇夜須昆売命(ワニヤスビメノカミ)
和久産巣日命(ワクムスビノミコト)
豊宇氣昆売命(トヨウケヒメノカミ)
波都波能売命(ハツハノメノミコト)
昭和四拾七年拾壱月吉日
伊勢市小木町箕曲神社ヨリ現地に分祀ス

 

 

参道を戻ると先ほどの社務所が置かれている建物の全景が見えた。

下野町公民館(伊勢市)

下野町公民館(伊勢市)

ここは下野町公民館だ。

下野町公民館(伊勢市)

下野町公民館(伊勢市)

そして、公民館の前、道路側には日和神社の御造営に対する資金の協賛者名が掲示されていた。

下野町公民館付近(伊勢市)

下野町公民館付近(伊勢市)

 

なお、公民館近くには次の道標が建っている。

日和神社参道の道標(伊勢市下野町)

日和神社参道の道標(伊勢市下野町)

この道標では「左 日和神社参道」となっているが、現況では右側に鳥居があり、参道が続いている。以前は参道が別ルートだったのか?、この道標が別の場所にあったのか?

 

【日和神社からかなり離れた場所で】

この後、伊勢市竹ヶ鼻町の大口神社へ向かった。大口神社にお参りした後、帰宅する途中で「日和神社」の幟を発見。なぜこんな場所に?

竹ヶ鼻町~御薗町新開の途中(伊勢市)

竹ヶ鼻町~御薗町新開の途中(伊勢市)

ここは大口神社から神社駐在所前を経由して御薗町新開へ向かう途中。日和神社は伊勢市下野町にあるが下野町は途中がくびれた細長い形状をしていて思わぬ場所も下野町となっているためだ。

さらにこの幟の近く、進行方向右手に背の低い石柱を見つけた。

竹ヶ鼻町~御薗町新開の途中(伊勢市)

竹ヶ鼻町~御薗町新開の途中(伊勢市)

近づいてパチリ。上部が折れていて文字も???、これは何だろう?

竹ヶ鼻町~御薗町新開の途中(伊勢市)

竹ヶ鼻町~御薗町新開の途中(伊勢市)

もしかすると「日和神社」への参道の道標?、勝手に想像しながらこの場を後にしたが、少し歩いてからも気にかかり、振り向いて周囲の雰囲気をパチリ。

竹ヶ鼻町~御薗町新開の途中(伊勢市)

竹ヶ鼻町~御薗町新開の途中(伊勢市)

この辺の左側。

 

【 20121027 の記録】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*