新ブログサイト『神宮巡々2』開設のお知らせ

本ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々2』を新設しました。
2014年以降の記録は、『神宮巡々2』をご覧ください。

 2014年01月01日 【キタヰ】こと、桝屋善則

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

2012年10月27日(土) 大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町) (徒歩)

馬瀬神社(伊勢市馬瀬町) にて紹介したように

箕曲神社の由緒を調べていたところ、伊勢市史第8巻(民俗編)698ページの「表4 神社の分祀状況」にて箕曲神社から分祀(または復祀)された神社は伊勢市馬瀬町の馬瀬神社、伊勢市下野町の日和神社、伊勢市竹ヶ鼻町の大口神社であることを発見。

そこで、馬瀬神社、日和神社に続き大口神社(伊勢市伊勢市竹ヶ鼻町 53-2-2)にお参りした。
【参考】 三重県の神社一覧(伊勢市) 三重県神社庁のホームページ

 

日和神社から馬瀬川干拓記念碑の前を通り、伊勢市立港中学校のグランド横を進むとその先の丁字路を右折。工場の建物の前に社叢が見える。

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

 

社叢を左へ回りこみ、大口神社の鳥居前へ。

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

鳥居をくぐると

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

左手に手水舎がある。

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

境内は整備され、清掃が行き届いていた。樹木の配置など素晴らしい。

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

まずは参道を進み、拝殿にてお参りした。

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

本殿の手前左手の石神(?)をパチリ。

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

 

先ほど拝殿で見つけた貼紙を確認すると

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

参詣者の皆様へ

お参りご苦労様です
七本竹社は「安産の神様」で、この神様のお守りを用意しました
拝受されたい方は、左記に申し出て下さい
大口神社氏子
竹ヶ鼻町自治会

ここに「七本竹社」とあり、本殿の隣には板垣に囲われた竹と

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

「七本竹」の立て札がある。

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

こちらが、板垣に囲われた竹群。

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

 

「大口神社」と「七本竹社」の関係は?
同一なのか、同座されているのか・・・?

その真相は不明だが、こちらが本殿、

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

まだ、新しそうだ。

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

(境内と周辺を清掃されている方が見えたので、話を伺ったところ約一年前に御遷宮を終えたとのこと。「大口神社」と「七本竹社」の関係は聞き忘れてしまった。)

 

そして、拝殿の屋根裏には提灯を下げるための柱が四本分、格納されていた。

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

 

お参りを終えて手水舎まで戻り、拝殿を背にすると視線の先には「百度石」。

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

その近くには山の神が祭られている。

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

 

空を見上げると生命を感じさせる絵画のような・・・、まさに自然のアートだ。

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

 

鳥居をくぐり返そうとすると、

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

鳥居には、「北岡善之助」の名前が刻まれていた。

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

「北岡善之助」といえば伊勢で開催された昭和の博覧会すべてに関わって「博覧会男」と称された人だ。ただし、唯の祭り男ではなく、北岡組を創業した後に宇治山田商工会議所で議員、副会頭さらには会頭、そして戦後は市長にもなって伊勢の発展に尽力されたそうだ。

以前、今社でも「北岡善之助」の名前が刻された常夜燈を見たことあがる。

【参考】 清野井庭神社旧地である今社

 

境内を出てから生垣越しに本殿の屋根をパチリ。

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

大口神社(伊勢市竹ヶ鼻町)

 

【 20121027 の記録】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*