新ブログサイト『神宮巡々2』開設のお知らせ

本ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々2』を新設しました。
2014年以降の記録は、『神宮巡々2』をご覧ください。

 2014年01月01日 【キタヰ】こと、桝屋善則

破不動尊と不動延命の滝

2012年11月24日(土) 破不動尊と不動延命の滝 (徒歩)

桜井駅から談山神社へにて、もうすぐ多武峯バス停へ到着する直前で、不動延命の滝へ下る坂道に身を任せる足が勝手に下り始めた。

その先にはこの光景。黄金色のカエデ、とても輝いて見えた。

不動延命の滝、破不動尊付近

不動延命の滝、破不動尊付近

まずは、不動延命の滝の標石を確認し、その先に見えた不動尊

不動延命の滝の標石と破不動尊

不動延命の滝の標石と破不動尊

破不動尊の標石

破不動尊の標石

「破不動尊」にお参りした。

破不動尊

破不動尊

破不動尊

破不動尊

不動尊から離れると落ち葉に誘われるように

破不動尊付近

破不動尊付近

破不動尊付近

破不動尊付近

左手の橋へと・・・

延命橋

延命橋

橋を渡ると左奥には滝が落ちていた。「不動延命の滝」からよりも沢を流れる水の方が圧倒的に多かった。

不動延命の滝

不動延命の滝

滝を背にして石階を戻ると

不動延命の滝付近

不動延命の滝付近

その先には

不動延命の滝付近からの風景

不動延命の滝付近からの風景

先ほど渡った延命橋。

延命橋

延命橋

 

旧道を屋形橋まで歩こうとすると破不動尊の道路側に

破不動尊

破不動尊

この説明板。

破不動の説明板

破不動の説明板

破不動

この大石は不動明王が祭られている。
石の中央から刀で切ったように両断されている。
慶長十三年四月談山が鳴動したときに破裂したものだと伝えられている。

 

確かに、案内板の後ろの部分には両断されたような間隙がある。

両断された大石(破不動)

両断された大石(破不動)

 

破不動尊にも別れを告げ、

破不動尊の全景

破不動尊の全景

談山神社を目指した。

 

【 2012年11月24日 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*