新ブログサイト『神宮巡々3』開設のお知らせ

『神宮巡々』、『神宮巡々2』ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々3』を新設しました。
2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』を、最新の記録は『神宮巡々3』をご覧ください。 ( 2017年12月31日 【キタヰ】こと、桝屋善則 )

獅子舞前日の城田神社(伊勢市上地町)

2013年02月10日(日) 獅子舞前日の城田神社(伊勢市上地町) (車、徒歩)

2月11日には伊勢市および近郊で御頭神事や獅子舞が多数斎行される。

現在、私の知る限りでは、御頭神事が

  • 今社(伊勢市宮町)
  • 坂社[藤社を合祀](伊勢市八日市場)
  • 須原大社(伊勢市一之木)
  • 官舎神社(伊勢市小俣町)

で、獅子舞が

  • 城田神社(伊勢市上地町)
  • 一之瀬神社(度会町)

で行われる。結局は当日は山田の産土八社に数えられる今社の御頭神事に張り付いたのだが、獅子舞の下見を兼ねて城田神社にお参りしたので、その記録を留める。

県道37号の掛橋交差点から玉城IC方向へ進むと、左に社叢が見える。その社叢を周り込むように進むと城田神社の参道入口へ出る。(専用の駐車場はないようだ。)

参道を進むと

城田神社(伊勢市上地町)

城田神社(伊勢市上地町)

鳥居へ行き当たる。

城田神社(伊勢市上地町)

城田神社(伊勢市上地町)

鳥居の前に建つ常夜燈には「者若」の文字が見える。若者衆、若者仲間、若者連中などのことだろう。

城田神社(伊勢市上地町)

城田神社(伊勢市上地町)

鳥居をくぐると右手に由緒書きがあり、

城田神社の由緒(伊勢市上地町)

城田神社の由緒(伊勢市上地町)

正面には

城田神社(伊勢市上地町)

城田神社(伊勢市上地町)

社票が建てられている。

城田神社(伊勢市上地町)

城田神社(伊勢市上地町)

参道を左へ進むと左手に手水舎がある。

城田神社(伊勢市上地町)

城田神社(伊勢市上地町)

右手のにある定め札の先には拝殿が見えるが、

城田神社(伊勢市上地町)

城田神社(伊勢市上地町)

参道は境内の周囲に沿うように遠回りしている。

城田神社(伊勢市上地町)

城田神社(伊勢市上地町)

 

手水舎の前を直進し、突き当たりを右に折れるとその先はこの風景。

城田神社(伊勢市上地町)

城田神社(伊勢市上地町)

この突き当たりには橿原神宮遥拝所がある。

橿原神宮遥拝所(城田神社)

橿原神宮遥拝所(城田神社)

 

さらに橿原神宮遥拝所の前で右折すると今度は正面に拝殿が見える。最初の鳥居をくぐると

城田神社(伊勢市上地町)

城田神社(伊勢市上地町)

右手に伊勢神宮遥拝所。

伊勢神宮遥拝所(城田神社)

伊勢神宮遥拝所(城田神社)

 

遥拝所で遥拝を済ませた後、拝殿前の鳥居をくぐりお参りした。

城田神社(伊勢市上地町)

城田神社(伊勢市上地町)

拝殿にてお参りを済ませて、右手を見ると太い注連縄が置かれていた。これは獅子舞当日、先ほどくぐった鳥居に付けられるものだ。

翌日の獅子舞の準備(城田神社)

翌日の獅子舞の準備(城田神社)

また拝殿を出て、拝殿の右手へ進むと

城田神社(伊勢市上地町)

城田神社(伊勢市上地町)

獅子舞の舞場となる空間が広がり、

翌日の獅子舞の準備(城田神社)

翌日の獅子舞の準備(城田神社)

その先には焚物が山と積まれ、その前には竹で作られた小さな鳥居がすでに準備されていた。

翌日の獅子舞の準備(城田神社)

翌日の獅子舞の準備(城田神社)

獅子舞の準備はこれくらいなので、そろそろ神社を出ようとしたとき別の参道(拝殿の右側)が目に入った。そこを進むと、なんと

寳暦十三
氏神
十二月吉日」

と刻された手水石があった。1763年のものだ。

城田神社(伊勢市上地町)

城田神社(伊勢市上地町)

こちらの参道から城田神社の外へ出て、

城田神社(伊勢市上地町)

城田神社(伊勢市上地町)

周囲をぐるりと半周して元の参道へ戻ると別の敷地にある社務所を発見したのでパチリ。

城田神社社務所(伊勢市上地町)

城田神社社務所(伊勢市上地町)

今回は獅子舞を拝観することはできなかったが、藁の上で舞う獅子舞、松明に先導される獅子など見どころは満載だと思われる。来年以降ぜひ拝観したい行事だ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*