新ブログサイト『神宮巡々3』開設のお知らせ

『神宮巡々』、『神宮巡々2』ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々3』を新設しました。
2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』を、最新の記録は『神宮巡々3』をご覧ください。 ( 2017年12月31日 【キタヰ】こと、桝屋善則 )

大豊和紙工業株式会社のミツマタ(伊勢市大世古)

2013年03月23日(土) 大豊和紙工業株式会社のミツマタ(伊勢市大世古) (徒歩)

気の早い花見ウォーキング(伊勢市)の途中で、伊勢和紙ギャラリーを見学するために伊勢市大世古にある大豊和紙工業株式会社に立ち寄った。そこで感動的な・・・。

まずは、「神宮御用紙製造場」の石柱が建てられた門から大豊和紙工業株式会社の敷地へと入った。

伊勢和紙館・大豊和紙工業株式会社(伊勢市大世古)

伊勢和紙館・大豊和紙工業株式会社(伊勢市大世古)

次のはがきにあるように2013年3月23日~4月21日の期間、伊勢和紙Laboratory展および伊勢和紙に咲く「さくら」展が開催されている。

伊勢和紙Laboratory展および伊勢和紙に咲く「さくら」展の案内はがき

伊勢和紙Laboratory展および伊勢和紙に咲く「さくら」展の案内はがき

伊勢和紙Laboratory展および伊勢和紙に咲く「さくら」展の案内はがき

伊勢和紙Laboratory展および伊勢和紙に咲く「さくら」展の案内はがき

 

伊勢和紙館がある左手の建物に沿って敷地の奥へと進むと「伊勢和紙ギャラリー」の看板が掛けられた玄関が見える。

伊勢和紙ギャラリー(大豊和紙工業株式会社)

伊勢和紙ギャラリー(大豊和紙工業株式会社)

その手前の塀には、先ほどのはがきと同じ内容のポスターが貼られていた。

伊勢和紙ギャラリー(大豊和紙工業株式会社)

伊勢和紙ギャラリー(大豊和紙工業株式会社)

玄関を入ると女性が出てきてギャラリーの展示内容について説明してくれ、後は自由見学。和紙は後ろからのライティングに映える。普段は写真を印刷することのない私だが内容によっては試して見たい気になった。

見学を終えてギャラリーがある建物を出ると左手に小社が見えた。神社とくればお参りせずにはいられない。企業内神社なのだろうか三輪神社にお参りした。

三輪神社(大豊和紙工業株式会社)

三輪神社(大豊和紙工業株式会社)

三輪神社を後にすると、あることを思い出した。

大豊和紙工業株式会社(伊勢市大世古)

大豊和紙工業株式会社(伊勢市大世古)

ここは和紙をつくる会社、そういえば、庭にコウゾとミツマタが植えられていた。ぜひともミツマタの花を見てみたい。そろそろ咲く頃だろう!

私がミツマタにこだわる理由は、昨年11月25日に石積み体験のために訪れた坂本棚田に・・・。

【参考】

その際、地元の方に坂本棚田およびその近くの山の中にはミツマタの群生があることを教えてもらった。ぜひとも開花時期に再訪しようと思っていた。3月下旬~4月上旬が見頃と聞いていたので、実は来週にでも坂本棚田へ行こうと考えていたところだった。

早速、ミツマタが植えられている場所へ向かうと「咲いている。」「これか、これがミツマタか!」

ミツマタ(大豊和紙工業株式会社)

ミツマタ(大豊和紙工業株式会社)

ミツマタ(大豊和紙工業株式会社)

ミツマタ(大豊和紙工業株式会社)

ミツマタ(大豊和紙工業株式会社)

ミツマタ(大豊和紙工業株式会社)

ミツマタ(大豊和紙工業株式会社)

ミツマタ(大豊和紙工業株式会社)

これが群生として咲いていたらどんなに幻想的な雰囲気になるのだろう。来週は坂本棚田行き決定だ!

 

思いがけないプレゼントに足取りもさらに軽くなり、大豊和紙工業株式会社を後にした。

伊勢和紙館・大豊和紙工業株式会社(伊勢市大世古)

伊勢和紙館・大豊和紙工業株式会社(伊勢市大世古)

 

 

【 20130323 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*