新ブログサイト『神宮巡々3』開設のお知らせ

『神宮巡々』、『神宮巡々2』ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々3』を新設しました。
2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』を、最新の記録は『神宮巡々3』をご覧ください。 ( 2017年12月31日 【キタヰ】こと、桝屋善則 )

神倉神社

2013年07月20日(土) 神倉神社 (徒歩)

熊野古道伊勢路#6(熊野速玉大社からJR新宮駅まで)の途中、新宮市立神倉小学校の校庭石詰脇を進むと太鼓橋の前にでる。「下馬」標石を右手に見ながら太鼓橋を渡った。

太鼓橋と 「下馬」標石(神倉神社)

太鼓橋と 「下馬」標石(神倉神社)

橋を渡り終えるとその右手には社標がある。

神倉神社

神倉神社

 

太鼓橋の先、直行する参道の右側は社務所になっている。

神倉神社 社務所

神倉神社 社務所

 

社務所を背にして先へ進むと

神倉神社

神倉神社

 

和歌山県による定書き。

神倉神社

神倉神社

その向い側には御祭神、例祭、御由緒の説明板がある。

御祭神、例祭、御由緒の説明板(神倉神社)

御祭神、例祭、御由緒の説明板(神倉神社)

その隣には天磐盾(神倉山)の顕彰碑。

天磐盾(神倉山)の顕彰碑(神倉神社)

天磐盾(神倉山)の顕彰碑(神倉神社)

 

手水舎で心身を清めると石段が続く鳥居の前に立った。

神倉神社

神倉神社

こんな感じだ。かなりの急勾配に見える。目の前にある賽銭箱は遥拝する参拝者のためだろうか?

急な石段の参道が続く鳥居(神倉神社)

急な石段の参道が続く鳥居(神倉神社)

 

賽銭箱の脇を通り過ぎ、石段を登り始めた。最初から急だがなぜか自分のペースでゆったりと進めた。今まで幾つもの峠を越えたが、その多くが石畳だった。石畳、石段の歩き方が身についたのか?

急な石段の参道(神倉神社)

急な石段の参道(神倉神社)

そんなことを考えていたら、子供たちが駆け上がってきた。

急な石段の参道(神倉神社)

急な石段の参道(神倉神社)

急な石段の参道(神倉神社)

急な石段の参道(神倉神社)

急勾配の石段が途切れると先へ続く石段との間に空間が現れる。

急な石段の参道(神倉神社)

急な石段の参道(神倉神社)

その右側には「女坂」の案内板があった。時間があればこちらも歩いて見たかったが帰りの列車(多気行き最終)の発車時刻も気になるので今日は石段のみとした。

火神社、中ノ地蔵堂付近にある女坂の道標(神倉神社)

火神社、中ノ地蔵堂付近にある女坂の道標(神倉神社)

そして、広場の奥には火神社、中ノ地蔵堂が祭られている。

火神社、中ノ地蔵堂(神倉神社)

火神社、中ノ地蔵堂(神倉神社)

石段へ戻ろうとするとそこには矢穴痕がある石、これは何だろう。

火神社、中ノ地蔵堂付近、矢穴痕がある石(神倉神社)

火神社、中ノ地蔵堂付近、矢穴痕がある石(神倉神社)

答えが出ないまま、先の石段へ向かった。

火神社付近、石段の参道(神倉神社)

火神社付近、石段の参道(神倉神社)

 

石段の情報では徐々に勾配が緩やかになった。

やや緩やかな石段の参道(神倉神社)

やや緩やかな石段の参道(神倉神社)

子供たちの後を追うように参道を急ぐと

石畳の参道(神倉神社)

石畳の参道(神倉神社)

神倉神社

神倉神社

 

彼らは手水鉢で手水を受けていた。

手水鉢(神倉神社)

手水鉢(神倉神社)

手水鉢(神倉神社)

手水鉢(神倉神社)

神倉神社の手水鉢の説明板

神倉神社の手水鉢の説明板

 

私も手水を受けて再び心身を清めると朱塗りの板塀に沿って進んだ。

神倉神社

神倉神社

右上に見えるのが拝殿と御神体であるゴトビキ岩。

拝殿とゴトビキ岩(神倉神社)

拝殿とゴトビキ岩(神倉神社)

別の角度からもパチリ、パチリ。

拝殿とゴトビキ岩(神倉神社)

拝殿とゴトビキ岩(神倉神社)

拝殿とゴトビキ岩(神倉神社)

拝殿とゴトビキ岩(神倉神社)

 

私もお参りするために石段を登った。拝殿にてお参り。

神倉神社の拝殿

神倉神社の拝殿

ゴトビキ岩の巨大さを間近で感じた。

拝殿とゴトビキ岩(神倉神社)

拝殿とゴトビキ岩(神倉神社)

 

拝殿前から新宮市街および熊野灘を眺めてパチリ、

神倉神社の拝殿と新宮市街の遠景

神倉神社の拝殿と新宮市街の遠景

パチリ。

神倉神社の拝殿前から望む新宮市街と霞む熊野灘

神倉神社の拝殿前から望む新宮市街と霞む熊野灘

 

拝殿の石段を下ってからもパチリ。

拝殿とゴトビキ岩(神倉神社)

拝殿とゴトビキ岩(神倉神社)

 

ゴトビキ岩に近づけそうだったので、

ゴトビキ岩(神倉神社)

ゴトビキ岩(神倉神社)

近くにてパチリ、パチリ。

ゴトビキ岩(神倉神社)

ゴトビキ岩(神倉神社)

ゴトビキ岩(神倉神社)

ゴトビキ岩(神倉神社)

 

後は下るのみ、トレッキングシューズの靴紐を締め上げてから、石段を駆け下りた。

急な石段の参道、下り(神倉神社)

急な石段の参道、下り(神倉神社)

降りきってから鳥居前で振り返って一拝。

急な石段の参道へ続く鳥居(神倉神社)

急な石段の参道へ続く鳥居(神倉神社)

 

史跡 熊野三山(権現山)の説明板があったのでパチリ。

史跡 熊野三山(権現山)の説明板

史跡 熊野三山(権現山)の説明板

以上で神倉神社を後にした。(大満足)

 

【 20130720 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*