新ブログサイト『神宮巡々3』開設のお知らせ

『神宮巡々』、『神宮巡々2』ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々3』を新設しました。
2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』を、最新の記録は『神宮巡々3』をご覧ください。 ( 2017年12月31日 【キタヰ】こと、桝屋善則 )

伊勢本街道 多気宿 町屋〜道の駅「美杉」(津市歴史健康ウォーク 美杉コース)

2013年10月06日(日) 伊勢本街道 多気宿 町屋〜道の駅「美杉」(津市歴史健康ウォーク 美杉コース) (車、徒歩)
上多気常夜燈〜(北畠神社)〜多気宿 町屋(津市歴史健康ウォーク 美杉コース) にてi伊勢本街道から外れたが最終的には大橋の先へ戻ってきた。

戻ってきた場所から大橋の間は伊勢本街道を歩いていないことになってしまうので、一度大橋まで戻り、ここから伊勢本街道を伊勢方向へ歩くことにした。これで途切れること無く・・・。

大橋を上多気常夜燈側まで戻ると八手俣川を渡り返した。

大橋(八手俣川)(伊勢本街道)

大橋(八手俣川)(伊勢本街道)

川を渡ると街道は右へ曲がる。

多気宿 町屋(伊勢本街道)

多気宿 町屋(伊勢本街道)

その角には多気宿 町屋の家並みの説明板がある。

多気宿 町屋の家並みの説明板(伊勢本街道)

多気宿 町屋の家並みの説明板(伊勢本街道)

 

宿場町の雰囲気を残す街道を進むと行燈・・。

多気宿 町屋(伊勢本街道)

多気宿 町屋(伊勢本街道)

多気宿 町屋(伊勢本街道)

多気宿 町屋(伊勢本街道)

 

そして街道の左手に見つけたのが農家民宿なかや、伊勢本街道を歩くなら宿泊地としての候補のひとつだ。

民宿 なかや(伊勢本街道 多気宿 町屋)

民宿 なかや(伊勢本街道 多気宿 町屋)

【参考】

民宿 なかや(伊勢本街道 多気宿 町屋)

民宿 なかや(伊勢本街道 多気宿 町屋)

その先には町屋公民館。

町屋公民館(伊勢本街道 多気宿 町屋)

町屋公民館(伊勢本街道 多気宿 町屋)

そして、振り返ると なかや の向かいには旅館 結城屋。

旅館 結城屋(伊勢本街道 多気宿 町屋)

旅館 結城屋(伊勢本街道 多気宿 町屋)

ただし、現在は玄関の看板は降ろされていて休業中のようだ。

旅館 結城屋(伊勢本街道 多気宿 町屋)

旅館 結城屋(伊勢本街道 多気宿 町屋)

 

旅籠街を後にするとその外れにある理髪店の前を通り、

理容マツモト(伊勢本街道 多気宿 町屋)

理容マツモト(伊勢本街道 多気宿 町屋)

その先にある分岐で「北海道の名付けの親 松浦武四郎 嘉永6年ここを通る」の案内板を見つけた。

「北海道の名付けの親 松浦武四郎 嘉永6年ここを通る」の案内板(伊勢本街道 多気宿 町屋)

「北海道の名付けの親 松浦武四郎 嘉永6年ここを通る」の案内板(伊勢本街道 多気宿 町屋)

そう言えば、松浦武四郎記念館を訪問しようと思いつつ訪問できていないことを思い出した。

 

ここは案内板を右に見ながら直進した。

「北海道の名付けの親 松浦武四郎 嘉永6年ここを通る」の案内板付近(伊勢本街道 多気宿 町屋)

「北海道の名付けの親 松浦武四郎 嘉永6年ここを通る」の案内板付近(伊勢本街道 多気宿 町屋)

 

ここにも「おいせまいり」札(伊勢本街道保存会)があり、左上の方に小社が見えたので、斜面の小径を登りお参りした。

多気宿町屋 から仁柿宿方向へ(伊勢本街道)

多気宿町屋 から仁柿宿方向へ(伊勢本街道)

街道をさらに進むと右手に立川川が現れた。

多気宿町屋 から仁柿宿方向へ(伊勢本街道)

多気宿町屋 から仁柿宿方向へ(伊勢本街道)

この左には青い幟が立っていた。

六部供養碑と説明板(伊勢本街道)

六部供養碑と説明板(伊勢本街道)

説明板には「六部供養碑」とある。

六部供養碑の説明板(伊勢本街道)

六部供養碑の説明板(伊勢本街道)

 

立川川に沿って進むと

多気宿町屋 から仁柿宿方向へ(伊勢本街道)

多気宿町屋 から仁柿宿方向へ(伊勢本街道)

左手に美杉名物 東屋 羊かんがあった。

美杉名物 東屋 羊かん(伊勢本街道)

美杉名物 東屋 羊かん(伊勢本街道)

東屋を過ぎると左手には壁にヒビが入った蔵があった。

多気宿町屋 から仁柿宿方向へ(伊勢本街道)

多気宿町屋 から仁柿宿方向へ(伊勢本街道)

 

この先は丁字路となっていた。伊勢本街道は直進、ただし今日のコースはここを右折。

多気宿町屋 から仁柿宿方向へ(伊勢本街道)

多気宿町屋 から仁柿宿方向へ(伊勢本街道)

ここ立川橋で右折すると立川区公民館の前を通り

立川区公民館(美杉町)

立川区公民館(美杉町)

国道368号へ出た。ここは先ほど飼坂峠の展望台から眺めた方向。

国道368号、道の駅「美杉」付近

国道368号、道の駅「美杉」付近

坂道を下り、ゴールである道の駅「美杉」へ近づくと展望台からの風景を思い出した。ここから飼坂峠の展望台が見えるはずだ、どこだろう?

国道368号、道の駅「美杉」付近から望む飼坂峠方向

国道368号、道の駅「美杉」付近から望む飼坂峠方向

 

数十mも歩くとすでにゴール地点に到着。

道の駅「美杉」(国道368号)

道の駅「美杉」(国道368号)

係員に誘導されて国道を横断すると道の駅「美杉」のゴール地点でゴールの受付を済ませた。後は自由行動だ。

道の駅「美杉」(国道368号)

道の駅「美杉」(国道368号)

駐車場とJR伊勢奥津への無料送迎バスは到着まで時間があったので、車を駐めている多気出張所まで歩くことにした。

道の駅「美杉」(国道368号)

道の駅「美杉」(国道368号)

その途中で、美杉ふるさと資料館に立ち寄った。

 

こちらはウォークの途中で買いそびれた東屋の羊かん。道の駅「美杉」のお土産コーナーで販売されていたので勝手しまった。

美杉名物 東屋 羊かん

美杉名物 東屋 羊かん

美杉名物 東屋 羊かん

美杉名物 東屋 羊かん

美杉名物 東屋 羊かん

美杉名物 東屋 羊かん

【 20131006 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*