新ブログサイト『神宮巡々2』開設のお知らせ

本ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々2』を新設しました。
2014年以降の記録は、『神宮巡々2』をご覧ください。

 2014年01月01日 【キタヰ】こと、桝屋善則

新御敷地にはまだ変化がない倭姫宮

2013年11月17日(日) 新御敷地にはまだ変化がない倭姫宮 (徒歩)

月讀宮から御幸道路を歩いてたどり着いたのが倭姫前交差点。そこには「古市へ二町」の道標が立っている。

「古市へ二町」の道標(倭姫前交差点)

「古市へ二町」の道標(倭姫前交差点)

さらに左手奥へ進むとそこには「皇大神宮 別宮 倭姫宮表参道」の石柱がある。

表参道入口(倭姫宮)

表参道入口(倭姫宮)

表参道へ参入する前にパチリ。正面から撮影したかったのだが、それは叶わなかった。

表参道入口(倭姫宮)

表参道入口(倭姫宮)

その理由はこちらだ。参拝客を乗せてきたタクシーが参道の正面で待機していたから・・・。参道の正面は空けておいて欲しい!

表参道入口からの風景(倭姫宮)

表参道入口からの風景(倭姫宮)

 

タクシーの運ちゃんに文句を言うでもなく、鳥居をくぐって参道を下った。この辺りが最も低い場所だ。

倭姫宮

倭姫宮

この低(底)地から長い石階が続き、登りきると手水舎の先に倭姫宮。

倭姫宮

倭姫宮

手水を受けて心身を清めてから倭姫宮にお参りした。

倭姫宮

倭姫宮

 

先ほど月讀宮にて造替工事の簀屋根を目にしたので、倭姫宮でも見られることを期待して訪れたが、こちらの新御敷地には何も変化がなかった。

現行の殿舎と新御敷地(倭姫宮)

現行の殿舎と新御敷地(倭姫宮)

同じ別宮でも格の違いで御造営時期が異なるのだろう。確かに小工など作業者の調整も必要だろうから・・・。

帰りは宿衛舎の前を通ると裏参道へ出た。

倭姫宮

倭姫宮

鳥居をくぐる前にパチリ。

裏参道入口付近(倭姫宮)

裏参道入口付近(倭姫宮)

本日の目的である第1回 三重大学・皇學館大学合同シンポジウム「ご遷宮とまちづくり」への参加までは時間に余裕があったので、昼食後に徴古館で催されている第六十二回神宮式年遷宮展Ⅰ「おおみやうつし」を見学した。

 

【 20131117 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*