第十四回 伊勢の匠展(大黒ホール)

2011年08月07日(日) 第十四回 伊勢の匠展(大黒ホール) (車、徒歩)

おかげ横丁を散策 していたら、伊勢路 名産味の館の二階にある大黒ホールでは「第十四回 伊勢の匠展」が開催されていた。2011年08月06日から8月21日までの開催だ。

名産品売り場の中央奥にある階段を上ると、この入口にたどり着いた。

第十四回 伊勢の匠展(大黒ホール)

第十四回 伊勢の匠展(大黒ホール)

入口の手前左側には、このあいさつ文。

第十四回 伊勢の匠展(大黒ホール)

第十四回 伊勢の匠展(大黒ホール)

 

パンフレットはこちらが表で、

第十四回 伊勢の匠展(大黒ホール)パンフレット表

第十四回 伊勢の匠展(大黒ホール)パンフレット表

こちらが裏。

第十四回 伊勢の匠展(大黒ホール)パンフレット裏

第十四回 伊勢の匠展(大黒ホール)パンフレット裏

 

このホールはそれほど広くはないが、かなり多くの工芸品等が所狭しと展示されており、入って左奥には匠に直接指導を受けられる体験コーナーが設けられていた。

体験コーナーではすでに子供たちが伊勢一刀彫を体験していた。これは、先生である岸川行輝さんの作業中のパチリ。左手全体で素材を固定しながらその親指で刃先を押し出している。右手は刀を支えているだけのように見える。ただし、刃先を左手で押し出す瞬間には、右手にもかなり力が入っているように見えた。

伊勢一刀彫(岸川行輝)

伊勢一刀彫(岸川行輝)

子供たちは、時々先生に指導を受けながら、自分なりに納得できるよう作り込んでいた。

伊勢一刀彫(岸川行輝)

伊勢一刀彫(岸川行輝)

 

その右隣には、伊勢根付の体験コーナーが設置されていた。

伊勢根付(中川忠峰)

伊勢根付(中川忠峰)

 

その他は展示で、こちらは伊勢和紙。

伊勢和紙館(大豊和紙工業株式会社)

伊勢和紙館(大豊和紙工業株式会社)

8月21日には自分で撮影した写真データを持参すると、2L判 1枚200円で和紙に印刷してくれるそうだ。腕に覚えがある人、伊勢和紙に興味がある方はお試しあれ。

伊勢和紙館(大豊和紙工業株式会社)

伊勢和紙館(大豊和紙工業株式会社)

これらは和紙の原料で、手前から雁皮(がんぴ)、楮(こうぞ)、三椏(みつまた)だそうだ。

伊勢和紙館(大豊和紙工業株式会社)

伊勢和紙館(大豊和紙工業株式会社)

 

続いて、伊勢玩具。けん玉・ヨーヨー・独楽・だるま落とし等、暖かみがあり、優しい玩具だ。

伊勢玩具

伊勢玩具

 

こちらは宮忠による神棚(神殿)。

神殿(宮忠)

神殿(宮忠)

私が注目したのはこちら、塩を盛るための道具だ。特に三角錐の塩を盛る道具には感動した。

神殿(宮忠)

神殿(宮忠)

このよう三角錐の底面の各辺がラウンドしている。何らかの役割を持っているのだろうが、これは機能美?

神殿(宮忠)

神殿(宮忠)

 

そして、こちらは神職が足にする浅沓。

浅沓(西澤浅沓調進所)

浅沓(西澤浅沓調進所)

浅沓(西澤浅沓調進所)

浅沓(西澤浅沓調進所)

浅沓(西澤浅沓調進所)

浅沓(西澤浅沓調進所)

 

これらは伊勢春慶だ。

伊勢春慶(伊勢春慶の会)

伊勢春慶(伊勢春慶の会)

看板も伊勢春慶。

伊勢春慶(伊勢春慶の会)

伊勢春慶(伊勢春慶の会)

ここで、こんなストラップを発見。この梵字は先日の  伊勢市の石造遺物めぐり-その2(宇治岳道) にて確認した文字(五十七丁自然石町石(U62) – 宇治岳道 に彫られた梵字)と似ていた。

伊勢春慶(伊勢春慶の会)

伊勢春慶(伊勢春慶の会)

他にも展示されている・・・、 ぜひ、会場で。

 

【 20110807 の記録 】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です