松阪市文化財センター はにわ館

2011年08月12日(金) 松阪市文化財センター はにわ館 (車、徒歩)

先日、野登瀬B遺跡現地説明会(津市美杉町下多気) に参加した時、次のパンフレットをもらった。

そうだったのか!!櫛田川パンフレット(表)

そうだったのか!!櫛田川パンフレット(表)

そうだったのか!!櫛田川パンフレット(裏)

そうだったのか!!櫛田川パンフレット(裏)

 

今朝は自宅の草刈り、午後から時間が空いたので松阪へ向かった。

松阪公園の駐車場に車を駐め、阪内川を渡り、鈴の森公園のなかを通り抜けるとその先にはこのゲートがあった。「文化財センター はにわ館」。そして、このゲートの右の柱には先ほどのパンフレットが拡大して掲示されていた。(実は、右の建物に表玄関があるようだ。)

松阪市文化財センター/はにわ館

松阪市文化財センター/はにわ館

ゲートをくぐるとその先には近代的な屋根の下に、

元カネボウ綿糸松坂工場の赤煉瓦倉庫(松阪市文化財センター)

元カネボウ綿糸松坂工場の赤煉瓦倉庫(松阪市文化財センター)

赤煉瓦の建物が隠れている。

元カネボウ綿糸松坂工場の赤煉瓦倉庫(松阪市文化財センター)

元カネボウ綿糸松坂工場の赤煉瓦倉庫(松阪市文化財センター)

緑色のプレートには、

登録有形文化財
第24-0044号
この建造物は貴重な国民的財産です。
文化庁

とある。以前、この公園の敷地にはカネボウ綿糸松坂工場があり、跡地が公園等になった今も赤煉瓦倉庫は修復、維持されている。この中には第1から第3のギャラリースペースが確保され、各種催しが行われているようだ。

元カネボウ綿糸松坂工場の赤煉瓦倉庫(松阪市文化財センター)

元カネボウ綿糸松坂工場の赤煉瓦倉庫(松阪市文化財センター)

 

赤煉瓦倉庫の前の通路を奥へ進むと左手に別の建物が見える。こちらが「はにわ館」だ。

はにわ館(松阪市文化財センター)

はにわ館(松阪市文化財センター)

はにわ館への通路へ入り、右後ろを見ると、赤煉瓦倉庫の端部は本来の倉庫の役目を担っている雰囲気だった。遺跡からの出土品でも保管されているのだろうか?

松阪市文化財センター

松阪市文化財センター

のようなことを想像しながら通路を進むと「はにわ館」。

はにわ館(松阪市文化財センター)

はにわ館(松阪市文化財センター)

受付で入館料の100円を支払うと各種パンフレットと次のポストカードが手渡された。「入館記念」のスタンプが押されている。

はにわ館(松阪市文化財センター)入館記念

はにわ館(松阪市文化財センター)入館記念

 

通路を進むと右手に第1展示室、中へ入ると「伊勢の王墓 宝塚古墳の謎」の文字。「そうだったのか!!櫛田川」の展示ではない? でも、第1だから、第2に・・・ と考え、まずはこの展示を見学した。

宝塚古墳は船形埴輪が出土されて注目されたそうだ。

伊勢の王墓 宝塚古墳の展示(第1展示室)

伊勢の王墓 宝塚古墳の展示(第1展示室)

1号墳と2号墳があり、こちらは1号墳の全景のミニチュア。

宝塚1号墳のミニチュア

宝塚1号墳のミニチュア

さらに手前中央の「造り出し(つくりだし)」部分を拡大したものがこれ。

宝塚1号墳の造り出しのミニチュア

宝塚1号墳の造り出しのミニチュア

そして、これが注目を集めた船形埴輪だ。

国指定重要文化財 船形埴輪

国指定重要文化財 船形埴輪

 

その他多数の埴輪が、出土位置を示して展示されている。また各埴輪にはクイズが設定されていてすべてに答えていけば理解が深まるだろう。(時間がないため、私は2~3問に答えて断念してしまった。)

伊勢の王墓 宝塚古墳の出土品

伊勢の王墓 宝塚古墳の出土品

私にとって印象的だった埴輪は、これと

盾型埴輪(宝塚古墳)

盾型埴輪(宝塚古墳)

これ。こちらは名前を失念してしまったが、この影が何とも印象的だった。

?埴輪(宝塚古墳)

?埴輪(宝塚古墳)

後で、よくよく考えてみると、この建物は「はにわ館」なので、この展示が無ければ成り立たないだろうとひとりで頷いた。

 

続いて、本日の目的である「そうだったのか!!櫛田川」の展示を見学するために第2展示室へ向かった。

展示室へ入ると左の壁面に全体感が分かるように遺跡年表と分布地図が貼られていた。時系列、地理的な全体感が一望できてベターだ。

そうだったのか!!櫛田川(第2展示室)

そうだったのか!!櫛田川(第2展示室)

 

そしてまず驚いたのは、こちらの掲示「月出の中央構造線」だ。関東から九州までほぼ西に 1,000km も続く大きな断層(中央構造線)。しかもこの断層が伊勢市二見町松下を通っている。松下の辺りにはよく出かけるがこの事実はまったく知らなかった。松下の辺りでも断層を確認できる場所はあるのだろうか?

月出の中央構造線(第2展示室)

月出の中央構造線(第2展示室)

 

そして、本題へ戻ると展示室を右回りに、上流から下流へと区分されて展示されていた。実際には展示を見ていただくこととし、ここでは私の印象に残った出土品を取り上げる。

 

【上流】

そうだったのか!!櫛田川(第2展示室)

そうだったのか!!櫛田川(第2展示室)

これは最初の土偶と解説されている。親指くらいの大きさだ。

最初の土偶(第2展示室)

最初の土偶(第2展示室)

 

【中流 (旧石器時代~縄文時代)】

そうだったのか!!櫛田川(第2展示室)

そうだったのか!!櫛田川(第2展示室)

こちらはお棺だそうだ。両手で抱えられるほどの大きさなので、遺骨くらいしか納められないほどの大きさだが、どのように葬られたのだろう?

縄文土器のお棺(大原堀遺跡)

縄文土器のお棺(大原堀遺跡)

縄文土器のお棺(大原堀遺跡)

縄文土器のお棺(大原堀遺跡)

 

【中流 (古代~中世)】

そうだったのか!!櫛田川(第2展示室)

そうだったのか!!櫛田川(第2展示室)

奈良時代には瓦工場があったそうだ。

 

【下流 (旧石器時代~弥生時代)】

そうだったのか!!櫛田川(第2展示室)

そうだったのか!!櫛田川(第2展示室)

 

【下流 (古墳時代)】

そうだったのか!!櫛田川(第2展示室)

そうだったのか!!櫛田川(第2展示室)

こちらは壺の表面に朱色の線が見える。

赤色に塗られた土師器の壺(瀬干遺跡)

赤色に塗られた土師器の壺(瀬干遺跡)

 

【下流 (古代~中世)】

そうだったのか!!櫛田川(第2展示室)

そうだったのか!!櫛田川(第2展示室)

さらにこちらでは、「神宮寺」の文字が墨で書かれている。

墨書土器「神宮寺」(大川上遺跡)

墨書土器「神宮寺」(大川上遺跡)

 

そして、展示室中央へ移ると、金属類が・・・。

環状鏡板付轡(山添2号墳)ほか

環状鏡板付轡(山添2号墳)ほか

環状鏡板付轡。馬の口に付ける馬具か。

環状鏡板付轡(山添2号墳)

環状鏡板付轡(山添2号墳)

 

さらに、三角縁神獣鏡 – レプリカなど。

三角縁神獣鏡 - レプリカ(久保古墳)ほか

三角縁神獣鏡 - レプリカ(久保古墳)ほか

・・・

須恵器(天王山15号墳)ほか

須恵器(天王山15号墳)ほか

 

あまりにも展示物が多くて、急ぎ足になってしまった。
(もっと時間に余裕を持って訪問したい場所だ。展示も見たいが、松坂城周辺も散策したいし・・・)

松阪市文化財センター

松阪市文化財センター

 

以上で、松阪市文化財センター「はにわ館」を後にした。
折角松阪へ来たので、周辺を散策へ、
 
【 20110812 の記録(松阪) 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です