青峰山 正福寺

2011年08月28日(日) 青峰山 正福寺 (徒歩)

近鉄 お伊勢さん125社めぐり(第8回磯部・鳥羽7社) の独自オプションとして 沓掛駅~青峰山 正福寺 – 青峰道(磯部道) を歩き青峰山正福寺へたどり着いた。

こちらが大門だ。確かにかなり大きく立派な山門だ。

大門(青峰山正福寺)

大門(青峰山正福寺)

 

大門の手前右には、この道標がある。「右 磯部満とや、左 鳥羽ミち」

道標(青峰山正福寺大門前)

道標(青峰山正福寺大門前)

建立の年は、文政九年。

道標(青峰山正福寺大門前)

道標(青峰山正福寺大門前)

 

また、大門の手前左にはかなり背の高い石灯籠があり、「永代常夜燈 大阪 西宮 樽舩 問屋中」とある。

石灯籠(青峰山正福寺大門前)

石灯籠(青峰山正福寺大門前)

建立の年は天保八年。

石灯籠(青峰山正福寺大門前)

石灯籠(青峰山正福寺大門前)

 

また、大門の前にはこの案内板がある。

青峰山正福寺大門と石灯籠の案内板

青峰山正福寺大門と石灯籠の案内板

青峰山正福寺大門と石灯籠
青峰山は、海上守護の霊峰として広く知られています。ここ正福寺は、天平年間(729~748)に聖武天皇の勅願(ちょくがん)により僧行基(ぎょうぎ)が開いたと伝えられています。
山門は、天保13年(1842)の完成といわれ、的矢の大工棟梁(とうりょう)、中村九造が長い歳月をかけて造りあげたものです。入母屋造(いりもやづくり)、本瓦葺(ほんがわらぶき)、三間一戸の楼門(ろうもん)で、各部に多用された彫刻は、それぞれ繊細を極め、江戸時代末期の特色をよくあらわしています。当時、その彫刻の見事さから、鳥羽藩には過ぎたるものとして、評判であったそうです。
また、山門前の高さ約7メートルの石灯籠は、弘化2年(1845)に奉納されたもので、前面に「永代常夜燈 大阪西宮 樽舩問屋中」、裏面には「天保八丁酉年五月 海上安全」と刻まれています。
正福寺には江戸時代、大阪から江戸へ酒荷を運ぶ、わが国の海運史上に重要な役割を果たした樽廻船(たるかいせん)の文書が貴重な資料として残っています。

山門 鳥羽市指定文化財(建築物)
石灯籠 鳥羽市指定文化財(有形民俗)
昭和47年5月24日指定
所有者 青峰山正福寺
鳥羽市教育委員会

 

そして、こちらが大門。

大門(青峰山正福寺)

大門(青峰山正福寺)

なお、右側の仁王像の前にはこの様な由緒と注意書きが記された板が置かれていた。

由緒と注意書き(青峰山正福寺)

由緒と注意書き(青峰山正福寺)

 

また、大門のすぐ前には通常の常夜燈が。こちらは左側、

常夜燈(青峰山正福寺大門前)

常夜燈(青峰山正福寺大門前)

こちらは右側に。

常夜燈(青峰山正福寺大門前)

常夜燈(青峰山正福寺大門前)

 

そして、大門に視線を戻すと、至る所に繊細な彫刻が施されている。

大門(青峰山正福寺)

大門(青峰山正福寺)

 

大門(青峰山正福寺)

大門(青峰山正福寺)

これは、皇室を表す「菊の御紋」?

大門(青峰山正福寺)

大門(青峰山正福寺)

 

大門(青峰山正福寺)

大門(青峰山正福寺)

大門(青峰山正福寺)

大門(青峰山正福寺)

大門(青峰山正福寺)

大門(青峰山正福寺)

 

大門を通り抜けてから振り返り、パチリ。

大門(青峰山正福寺)

大門(青峰山正福寺)

さらに、大門から離れて、パチリ。右側に写っているのは鐘楼堂。

大門と鐘楼堂(青峰山正福寺)

大門と鐘楼堂(青峰山正福寺)

鐘楼堂の下には、オリエンタルな雰囲気の音が出る楽器を演奏している人がいた。

鐘楼堂(青峰山正福寺)

鐘楼堂(青峰山正福寺)

そして、境内へ向うと、お寺には不似合いな賑やかな音楽が流れ、屋台などが準備を始めていた。

境内、休憩所付近(青峰山正福寺)

境内、休憩所付近(青峰山正福寺)

 

これから125社鳥めぐりに戻ることを考えると、ここではゆっくりもできないので、駆け足で境内を一巡りした。

まずは右手の寺務所。

寺務所(青峰山正福寺)

寺務所(青峰山正福寺)

寺務所(青峰山正福寺)

寺務所(青峰山正福寺)

門に吊るされたしめ縄はかなりくたびれている。

寺務所(青峰山正福寺)

寺務所(青峰山正福寺)

 

左手に手水舎。

手水舎(青峰山正福寺)

手水舎(青峰山正福寺)

手水舎からの風景をパチリ。

手水舎付近からの風景(青峰山正福寺)

手水舎付近からの風景(青峰山正福寺)

 

手水舎から石段を上がると、左手に聖如意輪堂。 「厄落し観音」の張り紙があった。

聖如意輪堂(青峰山正福寺)

聖如意輪堂(青峰山正福寺)

右手には金堂。

金堂(青峰山正福寺)

金堂(青峰山正福寺)

さらに、前方には、赤い色の弁天堂、さらにその奥右側には

弁天堂と大師堂(青峰山正福寺)

弁天堂と大師堂(青峰山正福寺)

石段の上に大師堂。(写真を撮り忘れたが、大師堂の右には延命地蔵尊がある。)

大師堂(青峰山正福寺)

大師堂(青峰山正福寺)

 

大師堂へのお参りを終えて、石段を下ると左手(金堂の左側)に聖天堂がある。

聖天堂(青峰山正福寺)

聖天堂(青峰山正福寺)

ここでは海上安全祈願があり、海運業者による信仰のあつさが伺える。

聖天堂(青峰山正福寺)

聖天堂(青峰山正福寺)

聖天堂(青峰山正福寺)

聖天堂(青峰山正福寺)

さらに、金堂へと通じる回廊には多数の絵馬が掛けられている。

聖天堂から金堂への回廊(青峰山正福寺)

聖天堂から金堂への回廊(青峰山正福寺)

 

こちらが金堂。回廊を下った先の扉からパチリ。

金堂(青峰山正福寺)

金堂(青峰山正福寺)

金堂の正面へ回り込むと、扉には「船の舵」が彫られている。山上にはあるが、海とともに生きる寺だ。

金堂(青峰山正福寺)

金堂(青峰山正福寺)

ここには繊細な彫刻。

金堂(青峰山正福寺)

金堂(青峰山正福寺)

お堂へ入ると、内部にも多数の彫刻や吊り灯籠。

金堂(青峰山正福寺)

金堂(青峰山正福寺)

金堂(青峰山正福寺)

金堂(青峰山正福寺)

金堂(青峰山正福寺)

金堂(青峰山正福寺)

 

先ほどの境内へ戻ると、近鉄松尾駅へ向かうために青峰道(松尾道)を探した。

境内、休憩所裏(青峰山正福寺)

境内、休憩所裏(青峰山正福寺)

 

案内はないが、てくてくまっぴを参考に青峰道(松尾道)への取り付きが見つかった。正福寺の駐車場が見えるこの辺だ。

青峰山正福寺から青峰道(松尾道)へ

青峰山正福寺から青峰道(松尾道)へ

今の時代はここまで手軽に車で来れることを知り、少しショックを受けつつ、青峰山 正福寺~松尾駅 – 青峰道(松尾道)にて松尾駅を目指した。
【 20110828の記録 】

【独自オプション】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*