新ブログサイト『神宮巡々3』開設のお知らせ

『神宮巡々』、『神宮巡々2』ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々3』を新設しました。
2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』を、最新の記録は『神宮巡々3』をご覧ください。 ( 2017年12月31日 【キタヰ】こと、桝屋善則 )

神馬牽参(しんめけんざん)(外宮)

2012年04月01日(日) 神馬牽参(しんめけんざん)(外宮) (車、徒歩)

日別朝夕大御饌祭(ひごとあさゆうおおみけさい)にて、朝大御饌祭のために神饌と神職が御饌殿へ向かわれるのを拝観した後、私は神馬牽参を拝見するために忌火屋殿前の北御門参道脇で待機していた。他にも多くの方が神馬牽参を待っていた。かなりの数だ、数十人は下らない。

神馬牽参(外宮)

神馬牽参(外宮)

 

衛士が教えてくれた時刻、8時20分になると神馬の姿が北御門参道鳥居へ現れた。

神馬牽参(外宮)

神馬牽参(外宮)

まず、鳥居の前で神馬が一拝する姿を拝見できると思っていたところ、神馬の前には瞬く間に人だかりができてしまった。

神馬牽参(外宮)

神馬牽参(外宮)

 

私は参道を急ぎ、太陽の光が当たる場所を選び、再び待機した。鳥居をくぐり、大庭の近くまで来られたところで

神馬牽参(外宮)

神馬牽参(外宮)

神馬牽参(外宮)

神馬牽参(外宮)

正装(?)された姿を

神馬牽参(外宮)

神馬牽参(外宮)

パチリ。

神馬牽参(外宮)

神馬牽参(外宮)

 

四至神の前を通り過ぎ、

神馬牽参(外宮)

神馬牽参(外宮)

御正宮の板垣南御門へと向かわれた。

神馬牽参(外宮)

神馬牽参(外宮)

神馬牽参(外宮)

神馬牽参(外宮)

 

板垣南御門にて御正宮に正対すると

神馬牽参(外宮)

神馬牽参(外宮)

一拝。

神馬牽参(外宮)

神馬牽参(外宮)

これにて御正宮へのお参りが終了すると

神馬牽参(外宮)

神馬牽参(外宮)

参道を戻られた。

神馬牽参(外宮)

神馬牽参(外宮)

 

四至神の前を通り過ぎ、神札授与所の手前で左へ曲がり、北御門参道へ。

神馬牽参(外宮)

神馬牽参(外宮)

そして、北御門参道鳥居では火除橋の方を向いて一拝した後、

神馬牽参(外宮)

神馬牽参(外宮)

御厩の先を左へ曲がられた。

神馬牽参(外宮)

神馬牽参(外宮)

ここは、大津神社や度会国御神社が御座す参道だ。外宮の神馬休養所はどちらにあるのだろう?

神馬牽参(外宮)

神馬牽参(外宮)

【参考】 内宮の神馬休養所はこちら、

 

【 20120401 の記録 】

外宮

鳥羽市

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*