臥龍梅(伊勢市御薗町新開)- 梅まつり(2013)

2013年03月10日(日) 臥龍梅(伊勢市御薗町新開)- 梅まつり(2013) (徒歩)

伊勢市御薗町新開にある新開臥龍梅公園にて梅まつりが開催されたので訪問した。

【参考】 臥龍梅の説明は、

 

梅まつりは10時に開始されるので、5分ほど前に新開臥龍梅公園へ到着した。

到着時は参加者はほとんどいなかった。

梅まつり(新開臥龍梅公園)

梅まつり(新開臥龍梅公園)

定刻になり、触れ太鼓が鳴らされると

梅まつり(新開臥龍梅公園)

梅まつり(新開臥龍梅公園)

瞬く間に人々が集まってきた。

梅まつり(新開臥龍梅公園)

梅まつり(新開臥龍梅公園)

 

梅の開花状況は・・・、まだまだ咲き始めたばかり。

梅まつり(新開臥龍梅公園)

梅まつり(新開臥龍梅公園)

公園内最古の梅の木も花がつけ始めていた。 何分咲きだろう?

梅まつり(新開臥龍梅公園)

梅まつり(新開臥龍梅公園)

 

梅まつり開会の挨拶の後、大正琴の演奏が始まった。

梅まつり(新開臥龍梅公園)

梅まつり(新開臥龍梅公園)

演奏を聴きながら、めしべの数が多い花を探していた。

梅まつり(新開臥龍梅公園)

梅まつり(新開臥龍梅公園)

梅まつり(新開臥龍梅公園)

梅まつり(新開臥龍梅公園)

梅まつり(新開臥龍梅公園)

梅まつり(新開臥龍梅公園)

私の動きを見ていたとある女性が声をかけてくれた。「見つかりました?」「3本ならここにありあましよ。」と。それがこの花だ。

梅まつり(新開臥龍梅公園)

梅まつり(新開臥龍梅公園)

かなりの花を調べたがすべてが、めしべ1本。これだけが3本だった。これから多数の蕾が花を咲かせるだろうから、これからが楽しみだ。

 

大正琴の演奏が終了すると続いて木遣りが始められた。

梅まつり(新開臥龍梅公園)

梅まつり(新開臥龍梅公園)

梅まつり(新開臥龍梅公園)

梅まつり(新開臥龍梅公園)

梅まつり(新開臥龍梅公園)

梅まつり(新開臥龍梅公園)

梅まつり(新開臥龍梅公園)

梅まつり(新開臥龍梅公園)

梅まつり(新開臥龍梅公園)

梅まつり(新開臥龍梅公園)

 

木遣りが終わると振る舞いのぜんざいをいただいた。

梅まつり(新開臥龍梅公園)

梅まつり(新開臥龍梅公園)

梅まつり(新開臥龍梅公園)

梅まつり(新開臥龍梅公園)

 

ぜんざいをいただいていると二胡の演奏が始まった。

梅まつり(新開臥龍梅公園)

梅まつり(新開臥龍梅公園)

このあたりから私に異変が・・・。鼻がむず痒くなり、くしゃみがで始めた。花粉症だ。くしゃみを繰り返すと演奏の邪魔になるので、公園を後にした。

 

くしゃみはしばらく治まりそうになかったので、梅まつりが終わってからの訪問を予定していた神社港を目指すことにした。まずは、新開臥龍梅公園近くの庚申堂にお参りしてから・・・。

庚申堂(伊勢市御薗町新開)

庚申堂(伊勢市御薗町新開)

 

神社港での散策を終えて新開へ戻ってきたら次のポスターを発見。

梅まつり(新開臥龍梅公園)のポスター

梅まつり(新開臥龍梅公園)のポスター

毎日、通勤で通るルートだがいままでその存在には気づかなかった。通勤時は車なので視覚に入らなかったのだろう。やっぱり、歩くペースが発見が多くて自分には適している。

 

 【 20130310 の記録 】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です