新ブログサイト『神宮巡々3』開設のお知らせ

『神宮巡々』、『神宮巡々2』ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々3』を新設しました。
2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』を、最新の記録は『神宮巡々3』をご覧ください。 ( 2017年12月31日 【キタヰ】こと、桝屋善則 )

朝熊山登山(八大龍王社~朝熊峠~朝熊登山口ほか)

2010年08月16日(月) 朝熊山登山(八大龍王社~朝熊峠~朝熊登山口ほか) (車、徒歩)

朝熊山登山(金剛證寺~八大龍王社) に続き

八大龍王社を後にした。これからは下るだけ。朝熊峠に向かう途中、左手を見ると遠くまで折り重なるように山の稜線が何重にも見えた。これを見ると山深さを感じさせられる。

八大龍王社から朝熊峠へ

八大龍王社から朝熊峠へ

舗装路を走るように下り、

八大龍王社から朝熊峠へ

八大龍王社から朝熊峠へ

分岐までたどり着いた。

八大龍王社から朝熊峠へ

八大龍王社から朝熊峠へ

下山の前に朝熊峠で眺望を再確認した。

朝熊峠からの眺望

朝熊峠からの眺望

朝熊峠からの眺望

朝熊峠からの眺望

朝熊峠からの眺望

朝熊峠からの眺望

靴紐を締め直し、水分を補給し、登山道へと入った。さあ、一気に駆け下りるぞと気合を入れようとすると、目の前に綺麗な蝶が現れた。ヒラヒラと舞う蝶を撮るのは非常に難しいことであると実感した。

朝熊峠にて

朝熊峠にて

出端を挫かれたが、気を取り直し、他の登山者の邪魔にならないように気を付けながら、駆け下りた。

登りは時間がかかるが、下りは速いものだ。今日の余韻に浸っていると、百合の花にかたつむりがくっついているのを発見した。かたつむりは紫陽花じゃないのか? そういえば近くに紫陽花が枯れていたような(?)

であいの広場(駐車場)で

であいの広場(駐車場)で

これで、朝熊山登山は終了した。帰宅途中、神宮神田の前を通ったので、稲の出来具合を確認するため一時停止した。

神宮神田

神宮神田

神宮神田

神宮神田

神宮神田

神宮神田

稲穂は頭を垂れ始めている。

神宮神田

神宮神田

今日のトップへ 朝熊山登山(朝熊岳道:朝熊登山口~朝熊峠)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*