橿原神宮

2012年08月15日(水) 橿原神宮 (電車、徒歩)

大和三山回遊、その1(橿原神宮前駅~畝傍山~畝傍御陵前駅) にて橿原神宮前駅から畝傍山へ向かう途中で、橿原神宮にお参りした。

駅前の真っ直ぐなイチョウ並木を進み、突き当たりが駐車場となっているので、その左側を進むと橿原神宮 養正殿の看板が立っていた。結婚式場だ。神宮とはいえ伊勢の神宮とはまずこの時点でイメージが異なる。

養正殿(橿原神宮)

養正殿(橿原神宮)

 【参考】

 

近くに「橿原神宮境内案内図」があったので、概要を叩き込み表参道から深田池経由でお参りすることにした。

橿原神宮境内案内マップ

橿原神宮境内案内マップ

表参道口の駐車場左手には守衛所があり、近くに由緒等が掲示されていた。

橿原神宮

橿原神宮

その掲示の柵に取り付けられていたのがこちら、Q~あ~る案内「あたかちゃん」

飛鳥地方観光音声ガイド 携帯Q~あ~る案内(大鳥居)

飛鳥地方観光音声ガイド 携帯Q~あ~る案内(大鳥居)

【参考】 飛鳥地方観光音声ガイド 携帯Q~あ~る案内「あたかちゃん」

現地では試さなかったが、帰宅後にこの写真で試したところ再生できた。

 

まずは、社標を確認し、

橿原神宮

橿原神宮

第一鳥居をパチリ。

第一鳥居(橿原神宮)

第一鳥居(橿原神宮)

おぉ、「橿原神社庁」、役割としては伊勢神宮の神宮司廳と同様だろう。

橿原神宮

橿原神宮

 

第一鳥居にて一揖してから表参道へ入った。

第一鳥居(橿原神宮)

第一鳥居(橿原神宮)

鳥居をよく見ると、割れ目が補修されている。

第一鳥居(橿原神宮)

第一鳥居(橿原神宮)

しかし、参道には新しい常夜燈が立ち並らび、その前面には寄付金額が記されていた。(百伍拾、弐百、・・)

表参道(橿原神宮)

表参道(橿原神宮)

 

第一鳥居からほどなく第二鳥居となるが、その前に神橋が掛かっている。中心の橋とその両側に小ぶりの橋が各一基。

神橋と第二鳥居(橿原神宮)

神橋と第二鳥居(橿原神宮)

神橋を渡ると

神橋(橿原神宮)

神橋(橿原神宮)

第二鳥居の手前左側には橿原神宮廳(社務所)の建物が見えた。

橿原神宮廳(社務所)

橿原神宮廳(社務所)

 

第二鳥居をくぐると

第二鳥居(橿原神宮)

第二鳥居(橿原神宮)

その先、左側には次の案内板があり、

橿原神宮廳(社務所)付近の案内板

橿原神宮廳(社務所)付近の案内板

 

右手には立入禁止の参道が続いている。

勅使館、斎館への入口(橿原神宮)

勅使館、斎館への入口(橿原神宮)

この先には、 勅使館、斎館がある。

勅使館、斎館への入口(橿原神宮)

勅使館、斎館への入口(橿原神宮)

 

表参道をさらに進むと左には手水舎があり、

手水舎(橿原神宮)

手水舎(橿原神宮)

右手には、神域へ入るための南神門が建っている。

南神門(橿原神宮)

南神門(橿原神宮)

 

今回は左手の深田池周辺を散策してからお参りすることにしたので左へ向かおうとすると手水舎の脇のこの注意板が目についた。「運動

犬の散歩の注意書き(橿原神宮)

犬の散歩の注意書き(橿原神宮)

 

手水舎を通り過ぎ、左手の深田池へ向かい、パチリ、パチリ。

深田池(橿原神宮)

深田池(橿原神宮)

深田池(橿原神宮)

深田池(橿原神宮)

池の畔にある説明板によると

深田池の説明板

深田池の説明板

深田池は、大和川水系の区域内に位置し、築造時期は不詳であるが、万葉の時代から歴史のあるため池で、奈良時代には築造されたと伝えられています。

とある。

池の近くに赤い鳥居が目立ったので近づいてみると、長山稲荷社(橿原神宮末社)だった。

長山稲荷社(橿原神宮末社)

長山稲荷社(橿原神宮末社)

寄り道はしないと決めていたが、ここは末社。5分と決めてお参りした。

長山稲荷社(橿原神宮末社)

長山稲荷社(橿原神宮末社)

多数の鳥居をくぐり抜け、

長山稲荷社(橿原神宮末社)

長山稲荷社(橿原神宮末社)

手水舎を過ぎ、

長山稲荷社(橿原神宮末社)

長山稲荷社(橿原神宮末社)

説明板の先に

長山稲荷社(橿原神宮末社)

長山稲荷社(橿原神宮末社)

社殿がある。お参り。

長山稲荷社(橿原神宮末社)

長山稲荷社(橿原神宮末社)

 

深田池まで戻り、南神門を正面に見てここから神域へ向かった。

南神門(橿原神宮)

南神門(橿原神宮)

まずは右手の手水舎で心身を清め、

手水舎(橿原神宮末社)

手水舎(橿原神宮末社)

素木造の八脚門(屋根は切妻造の桧皮葺)をくぐる際、右手の木札が気になった。

南神門(橿原神宮末社)

南神門(橿原神宮末社)

そこには皇紀の年号が記されていた。しかも書き変えられた跡が薄く残っていた。一年毎すべての文字を消してから新たに書かれるのだろうか

 

南神門をくぐり抜け、神域へ入ると砂利には筋目が付けられていた。この広い場所の隅から隅までついているのだろうか?

橿原神宮

橿原神宮

右手には休憩所、

休憩所(橿原神宮)

休憩所(橿原神宮)

左手には神楽殿、外拝殿、さらにその奥には畝傍山が広がっている。

橿原神宮

橿原神宮

少し進んだところで、南神門をパチリ。立派な門だ。

南神門(橿原神宮)

南神門(橿原神宮)

神楽殿の脇を通り、

神楽殿(橿原神宮)

神楽殿(橿原神宮)

外拝殿へ向かった。単純に拝殿と思っていたが、境内マップを見ると外拝殿と記されていた。

外拝殿(橿原神宮)と畝傍山

外拝殿(橿原神宮)と畝傍山

 

外拝殿の石段を上り、まずはお参りした。 その後、パチリ。この先に見えるのが内拝殿。幣殿は千木が見えるがそれ以外は見えないし、本殿の姿はまったく確認できない。

外拝殿から望む内拝殿(橿原神宮)

外拝殿から望む内拝殿(橿原神宮)

参拝スペースは横に広いので、右の端へ向かって

外拝殿(橿原神宮)

外拝殿(橿原神宮)

パチリ。

外拝殿から望む内拝殿(橿原神宮)

外拝殿から望む内拝殿(橿原神宮)

回廊には多数の灯篭が釣られている。

回廊(橿原神宮)

回廊(橿原神宮)

今日15日も春日大社の万燈籠の実施日だったので、春日大社を想像しながら目を閉じた。私の中ではこの回廊の灯篭にも明かりが灯った。

【参考】 春日ごよみ・花ごよみ/年中行事一覧 (8月)

 

外拝殿から望む回廊(橿原神宮)

外拝殿から望む回廊(橿原神宮)

外拝殿を出る際、扉の金具をパチリ。頑丈そうだ!

外拝殿の扉(橿原神宮)

外拝殿の扉(橿原神宮)

 

外拝殿の外側の右端には巨大な絵馬が置かれていた。

外拝殿前の巨大絵馬(橿原神宮)

外拝殿前の巨大絵馬(橿原神宮)

 

畝傍山へは北へ向かうため、北神門へ向かおうとすると

さざれ石付近(橿原神宮)

さざれ石付近(橿原神宮)

さざれ石があり、

さざれ石(橿原神宮)

さざれ石(橿原神宮)

さらに、

外拝殿前から望む北神門(橿原神宮)

外拝殿前から望む北神門(橿原神宮)

 

その奥には、土間殿なる建物がある。どうも、能と狂言も演じられる舞台になっているようだ。

土間殿(橿原神宮)

土間殿(橿原神宮)

近づいてドッキリ。

土間殿(橿原神宮)

土間殿(橿原神宮)

拝観用に椅子が準備されているが、この椅子の座面の傾斜が半端ではない。

土間殿(橿原神宮)

土間殿(橿原神宮)

自然と視線が上向きになるような仕掛けなのだろうか?

 

いろいろと橿原神宮の境内を巡ってきたが、これで最後、北神門だ。

北神門(橿原神宮)

北神門(橿原神宮)

こちらは、南神門とは趣きが異なり、唐破風造の平唐門(ひらからもん)だそうだ。

北神門(橿原神宮)

北神門(橿原神宮)

北神門(橿原神宮)

北神門(橿原神宮)

北神門(橿原神宮)

北神門(橿原神宮)

 

以上で、橿原神宮を後にして、畝傍山登山口へ向かった。

 

【 20120815の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です