幡須神社

2012年04月14日(土) 幡須神社 (車、徒歩)

御杖神社 でのお参りを終えると奈良県から三重県へ戻り、街道の常夜燈ほかを見学しながら国道368号線を走ってきた。美杉町石名原にある津市役所出張所を過ぎると左手に次の鳥居が建っている。

幡須神社

幡須神社

社名はわからなかったが、とにかく車を降りた。鳥居をくぐると前方にはかなり急な石階が見えた。これはお参りするしかない。

幡須神社

幡須神社

石階へ近づくと「幡須神社」の社標が建っている。そして、社標の背後から石階に沿って上方へ延びる金属のレールが見えた。

幡須神社

幡須神社

視線を左へ振ると・・・、これはモノレールだ。荷物を運ぶためのものだろう。

幡須神社

幡須神社

これと同じようなものを熊野市の丸山千枚田で見たことがある。

【参考】 丸山千枚田「田植え体験」

 

まずは、社標の右手にある手水舎で心身を清めた。

幡須神社

幡須神社

こちらの手水石にある蛇口が洒落ていた。これはハチドリだろうか?

手水舎の蛇口(幡須神社)

手水舎の蛇口(幡須神社)

 

ゆっくりと石階を登るとかなり高度をかせいだ。

幡須神社

幡須神社

石階を登りきると、とても静かで別世界の雰囲気だ。

幡須神社

幡須神社

左手に社務所、前方には拝殿への石階が見える。

幡須神社

幡須神社

先の石階を上り

幡須神社

幡須神社

拝殿で、お参りした。

幡須神社

幡須神社

拝殿の内部はかなり広く見える。

幡須神社

幡須神社

なお、拝殿の左手には通路があり、奥の本殿へと続いていたので、本殿を拝見することができた。パチリ。

幡須神社

幡須神社

その後、拝殿へ戻る途中でパチリ。

幡須神社

幡須神社

拝殿の前へ戻り、境内を見下ろしてパチリ。

幡須神社

幡須神社

周囲を見渡してから拝殿の石階を下ると社務所の窓ガラスに映る景色を楽しみながら石階へ向かった。

幡須神社

幡須神社

 

これから下り。かなりの急勾配に見える。滑りそうだったので注意を払いながら、一歩一歩、慎重に足を下ろした

幡須神社

幡須神社

途中で、左手下方に見える手水舎の屋根をパチリ。

幡須神社

幡須神社

そして、前方にはこの風景が広がっていた。

石階からの風景(幡須神社)

石階からの風景(幡須神社)

 

石階を下ると「幡須神社参集殿」の前で

幡須神社

幡須神社

次のしめ縄を見つけた。かなりカラフルなものだ。

参集殿の脇に置かれたしめ縄(幡須神社)

参集殿の脇に置かれたしめ縄(幡須神社)

鳥居をくぐり返すと道路の向こうにはのどかな風景が広がっていた。

幡須神社前の風景(三重県津市美杉町石名原)

幡須神社前の風景(三重県津市美杉町石名原)

 

【 20120414の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です