新ブログサイト『神宮巡々3』開設のお知らせ

『神宮巡々』、『神宮巡々2』ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々3』を新設しました。
2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』を、最新の記録は『神宮巡々3』をご覧ください。 ( 2017年12月31日 【キタヰ】こと、桝屋善則 )

近鉄 お伊勢参り 第六回 その1/2 近鉄 伊賀神戸駅から阿保宿の大常夜燈へ (中止分の自主実施)

2011年11月26日(土) 近鉄 お伊勢参り 第六回 その1/2 近鉄 伊賀神戸駅から阿保宿の大常夜燈へ (中止分の自主実施) (電車、徒歩)

近鉄 お伊勢参りハイキング にて大阪から伊勢の神宮を目指しているが、第六回の「平成23年9月4日(日) 常夜灯や旅籠の講看板に往時を偲ぶ」は台風12号の影響で中止された。

近鉄125社めぐり とともに踏破を目指しているので、いつかは第6回のコースを歩こうと思っていた。今日は珍しく予定が入っていなかったので自主的に実施することにした。

 

8時半頃からの歩き始めを目指し、伊勢市駅を7時34分に発車する名古屋行急行に乗車した。伊勢中川駅で上本町行急行に乗り換えると8時35分に伊賀神戸駅へ到着した。

近鉄 伊賀神戸駅

近鉄 伊賀神戸駅

今日はスタートの受付がないので正式なコースマップは入手できなかったので、上述のサイトから次の簡易マップをダウンロードしておいた。なお、このコースは伊賀神戸駅から初瀬街道までの距離が長く、全体の3分の1以上あるのではないだろうか?

近鉄 お伊勢参り第六回(簡易)コースマップ

近鉄 お伊勢参り第六回(簡易)コースマップ

また、これだけでは詳細が分からないため、みえ歴史街道ウォーキングマップも併用した。


【補足】

  • コース周辺の道標、常夜燈などについては、みえ歴史街道ウォーキングマップの「初瀬街道」版を参考にしたため、写真のタイト ルに「(み歴マ 初瀬 114)」とある場合は「みえ歴史街道ウォーキングマップ初瀬街道の(114)」を示している。

 

近鉄 伊賀神戸駅を出て、前の道路を右へ向かった。途中に自転車預り所があったので振り返ってパチリ。

 

近鉄 伊賀神戸駅前

近鉄 伊賀神戸駅前

 

次の丁字路で右折して踏切を渡った。

近鉄 踏切道 伊賀神戸 第一号へ

近鉄 踏切道 伊賀神戸 第一号へ

手前の単線路は伊賀鉄道のもので、この先は伊賀上野へ向かっている。

伊賀鉄道(伊賀神戸~伊賀上野)

伊賀鉄道(伊賀神戸~伊賀上野)

ここの踏切は近鉄 踏切道 伊賀神戸 第一号だ。

近鉄 踏切道 伊賀神戸 第一号

近鉄 踏切道 伊賀神戸 第一号

 

踏切を渡るとイチョウの木がある。ここは左だ。

近鉄 踏切道 伊賀神戸 第一号付近のイチョウ

近鉄 踏切道 伊賀神戸 第一号付近のイチョウ

その根元には地蔵と「南無・」と刻された石柱が建っている。石柱の「南無・」の文字の左右には「左・」「右・」の文字が見えるがその下の文字を確認することができなかった。

近鉄 踏切道 伊賀神戸 第一号付近の地蔵、石柱

近鉄 踏切道 伊賀神戸 第一号付近の地蔵、石柱

道路に落ちているイチョウの葉を見ると、表面には霜が降りていた。

霜が降りたイチョウの葉

霜が降りたイチョウの葉

 

イチョウの木を右に見ながら左の道を進むと木津川沿いの細い道となる。

木津川沿いに初瀬街道へ

木津川沿いに初瀬街道へ

左手に水面に反射する朝陽がまぶしい。

木津川沿いに初瀬街道へ

木津川沿いに初瀬街道へ

木津川沿いをしばらく歩くと右手に弁財天の幟が立っていた。

弁財天(上瀬橋近く)

弁財天(上瀬橋近く)

弁財天縁起

弁財天縁起

石段を上がるとこの祠が建っている。先の「弁財天縁起」によるとこの上には平維義の女房の墓があるとのこと。登れそうだがこの後の工程を考慮し、今回は弁財天の上に向かうのを諦めた。

弁財天(上瀬橋近く)

弁財天(上瀬橋近く)

 

弁財天を後にして視界が開けた先へ向かうと

木津川沿いに初瀬街道へ

木津川沿いに初瀬街道へ

すぐ左手に上瀬橋が架かっている。

上瀬橋(木津川)

上瀬橋(木津川)

上流方向は穏やかに流れているが、

上瀬橋(木津川)の上流側

上瀬橋(木津川)の上流側

下流方向はこのように波立っていた。

上瀬橋(木津川)の下流側

上瀬橋(木津川)の下流側

さらに橋の先には「上瀬橋架設記念碑」が建っている。

上瀬橋架設記念碑

上瀬橋架設記念碑

 

上瀬橋を後にして

カーブミラーに映る上瀬橋

カーブミラーに映る上瀬橋

上瀬橋(木津川)付近

上瀬橋(木津川)付近

さらに木津川を遡ると右手に水路、

上瀬橋から塚原橋への途中

上瀬橋から塚原橋への途中

さらに前方右手には七見峠があると思われる山並が見える。

上瀬橋から塚原橋への途中

上瀬橋から塚原橋への途中

 

また、左手には川の向こうに

木津川対岸の常夜燈ほか(上瀬橋から塚原橋への途中)

木津川対岸の常夜燈ほか(上瀬橋から塚原橋への途中)

常夜燈と石碑が見えた。

木津川対岸の常夜燈ほか(上瀬橋から塚原橋への途中)

木津川対岸の常夜燈ほか(上瀬橋から塚原橋への途中)

 

さらに進むと道路が直角に右折した。ここまでは(簡易)コースマップ通りだ。とは言ってもまだ初瀬街道へは出ていない。

上瀬橋から塚原橋への途中

上瀬橋から塚原橋への途中

さらに進むとその先には塚原橋が見えた。

塚原橋(木津川)付近

塚原橋(木津川)付近

さらに近づくとこれだ。ここでは橋を渡らずに、

塚原橋(木津川)

塚原橋(木津川)

木津川に沿って右手の路へ。

塚原橋(木津川)

塚原橋(木津川)

途中で高瀬ポンプ場を右に見ると、

高瀬ポンプ場(塚原橋付近)

高瀬ポンプ場(塚原橋付近)

木津川はその先で

塚原橋(木津川)から西山橋(三谷川)への途中

塚原橋(木津川)から西山橋(三谷川)への途中

折れ曲がるように湾曲している。

塚原橋(木津川)から西山橋(三谷川)への途中

塚原橋(木津川)から西山橋(三谷川)への途中

ここから木津川と離れさらに進むとその先には

西山橋(三谷川)付近

西山橋(三谷川)付近

木津川に合流する三谷川に架かる西山橋に出る。

西山橋(三谷川)

西山橋(三谷川)

橋を渡り、その先で左を見ると遠くに塚原橋が見えた。

西山橋(三谷川)から初瀬街道への途中

西山橋(三谷川)から初瀬街道への途中

道なりに進むと

西山橋(三谷川)から初瀬街道への途中

西山橋(三谷川)から初瀬街道への途中

国道165号線に突き当たる。カーブミラーの左手には「初瀬街道」の案内板があり、ここから初瀬街道となる。

初瀬街道(国道165号線 新羽根橋南詰)

初瀬街道(国道165号線 新羽根橋南詰)

道路を渡りすこし右へ進み、振り返ってパチリ。ここを右へ進んだ。

初瀬街道(国道165号線から羽根橋へ)

初瀬街道(国道165号線から羽根橋へ)

その先のカーブの角に次の石標が建っている。が、何と彫られているかは?

新羽根橋下の石碑(?)

新羽根橋下の石碑(?)

ここを道なりに右へ進むとその先には、左手、さらにその先右手にも常夜燈が見える。

常夜燈と水神碑(み歴マ 初瀬 114)

常夜燈と水神碑(み歴マ 初瀬 114)

まず、手前左側の水神碑と常夜燈。

常夜燈と水神碑(み歴マ 初瀬 114)

常夜燈と水神碑(み歴マ 初瀬 114)

拡大して、水神碑、

常夜燈と水神碑(み歴マ 初瀬 114)

常夜燈と水神碑(み歴マ 初瀬 114)

さらに常夜燈(燈明と刻されている)。

常夜燈と水神碑(み歴マ 初瀬 114)

常夜燈と水神碑(み歴マ 初瀬 114)

 

さらにその先の常夜燈を通りすぎてから振り返ってパチリ。

常夜燈(み歴マ 初瀬 113)

常夜燈(み歴マ 初瀬 113)

正面から撮ると逆光だった。

常夜燈(み歴マ 初瀬 113)

常夜燈(み歴マ 初瀬 113)

太陽が隠れるようにパチリ。ただし、露出が・・・。

常夜燈(み歴マ 初瀬 113)

常夜燈(み歴マ 初瀬 113)

 

さらに進み、次は羽根橋の近くの常夜燈。

常夜燈(み歴マ 初瀬 112)

常夜燈(み歴マ 初瀬 112)

近づいて、後ろ側からパチリ。

常夜燈(み歴マ 初瀬 112)

常夜燈(み歴マ 初瀬 112)

さらに前からもパチリ。

常夜燈(み歴マ 初瀬 112)

常夜燈(み歴マ 初瀬 112)

 

羽根橋を渡った。

羽根橋(前深瀬川)

羽根橋(前深瀬川)

前深瀬川の水は川床が見えるほど澄んでいた。

前深瀬川(羽根橋から新羽根橋を望む)

前深瀬川(羽根橋から新羽根橋を望む)

橋を渡り、民家の間を進むと安楽寺の近くへ出る。そこで振り返ってパチリ。

安楽寺付近

安楽寺付近

 

こちらが安楽寺。

安楽寺(み歴マ 初瀬 111)

安楽寺(み歴マ 初瀬 111)

安楽寺(み歴マ 初瀬 111)

安楽寺(み歴マ 初瀬 111)

見事に彫刻されている山門をくぐると

安楽寺(み歴マ 初瀬 111)

安楽寺(み歴マ 初瀬 111)

手水舎、さらにその先に本堂が見える。

安楽寺(み歴マ 初瀬 111)

安楽寺(み歴マ 初瀬 111)

本堂でパチリ。

安楽寺(み歴マ 初瀬 111)

安楽寺(み歴マ 初瀬 111)

手水舎の手前まで戻るとその左手には石造仏群がある。

安楽寺(み歴マ 初瀬 111)

安楽寺(み歴マ 初瀬 111)

安楽寺(み歴マ 初瀬 111)

安楽寺(み歴マ 初瀬 111)

なかでも道路側のこちらの道祖神などの石仏はかなり古そうだ。

安楽寺(み歴マ 初瀬 111)

安楽寺(み歴マ 初瀬 111)

 

安楽寺を出て、さらに進むと常夜燈と地蔵群(み歴マ 初瀬 110)の手前、道路脇に水場があった。今までも道路の端を暗渠で流れる水音が大きいのが気になっていた。かなりの量の水が勢いよく流れていた。水が豊富な場所だ。道路脇にこのような水場が点在しているのだから、ここも生活の場になっているのだろう。

常夜燈と地蔵群(み歴マ 初瀬 110)付近の水場

常夜燈と地蔵群(み歴マ 初瀬 110)付近の水場

そして、こちらが地蔵群と常夜燈。

常夜燈と地蔵群(み歴マ 初瀬 110)

常夜燈と地蔵群(み歴マ 初瀬 110)

この近くに蔵があり、その壁面にはわらや窯(一閑堂)の陶芸教室のポスターが貼ってあった。

常夜燈と地蔵群(み歴マ 初瀬 110)付近の蔵

常夜燈と地蔵群(み歴マ 初瀬 110)付近の蔵

路地を入ると焼きあがった陶器が並べられていた。

わらや窯(一閑堂)

わらや窯(一閑堂)

 

元のルートへ戻るとその先には直角に右折する角に

常夜燈(み歴マ 初瀬 109)

常夜燈(み歴マ 初瀬 109)

常夜燈が建っている。

常夜燈(み歴マ 初瀬 109)

常夜燈(み歴マ 初瀬 109)

 

ここを右折するとその先には右手、一段下がった所に庚申碑等が建っている。

庚申碑(み歴マ 初瀬 108)

庚申碑(み歴マ 初瀬 108)

道路からパチリ。

庚申碑(み歴マ 初瀬 108)

庚申碑(み歴マ 初瀬 108)

河川敷へ下りて、庚申碑をパチリ。

庚申碑(み歴マ 初瀬 108)

庚申碑(み歴マ 初瀬 108)

この碑の裏側へ回ると、碑の下部に石を詰めて安定化されていた。この詰め石はいつの時代からのものだろうか?

庚申碑(み歴マ 初瀬 108)

庚申碑(み歴マ 初瀬 108)

さらにこの周辺をパチリ、パチリ。

庚申碑(み歴マ 初瀬 108)

庚申碑(み歴マ 初瀬 108)

庚申碑(み歴マ 初瀬 108)の常夜燈

庚申碑(み歴マ 初瀬 108)の常夜燈

庚申碑の近くに次の石仏が建っている。

庚申碑(み歴マ 初瀬 108)横

庚申碑(み歴マ 初瀬 108)横

庚申碑(み歴マ 初瀬 108)横

庚申碑(み歴マ 初瀬 108)横

 

また、川沿いには

前深瀬川

前深瀬川

このような水場が確保されている? (この日は十分な水はなかったが・・)

庚申碑(み歴マ 初瀬 100)付近の水場

庚申碑(み歴マ 初瀬 100)付近の水場

 

ここからは川を離れてさらに進み、十字路を直進すると

庚申碑(み歴マ 初瀬 108)から阿保宿へ

庚申碑(み歴マ 初瀬 108)から阿保宿へ

左手に秋っぽい雰囲気を見つけた。

庚申碑(み歴マ 初瀬 108)から阿保宿へ

庚申碑(み歴マ 初瀬 108)から阿保宿へ

さらに歩くと阿保宿としての宿場の雰囲気が感じられた。

阿保宿(初瀬街道)

阿保宿(初瀬街道)

道路脇にはこの飾りがあった。

阿保宿(初瀬街道)

阿保宿(初瀬街道)

 

さらに進むと、この辺りでもっとも大きな常夜燈が建っている。

常夜燈(み歴マ 初瀬 104)

常夜燈(み歴マ 初瀬 104)

その前には、この石碑、

石碑(み歴マ 初瀬 106)

石碑(み歴マ 初瀬 106)

その左手には延命地蔵尊が建っている。

延命地蔵尊(み歴マ 初瀬 105)

延命地蔵尊(み歴マ 初瀬 105)

 

常夜燈の前には「阿保西部の常夜燈」と題した案内板が建つ。

常夜燈(み歴マ 初瀬 104)

常夜燈(み歴マ 初瀬 104)

こちらがその常夜燈だ。

常夜燈(み歴マ 初瀬 104)

常夜燈(み歴マ 初瀬 104)

パチリ、

常夜燈(み歴マ 初瀬 104)

常夜燈(み歴マ 初瀬 104)

パチリ。「安政七年」とある。

常夜燈(み歴マ 初瀬 104)

常夜燈(み歴マ 初瀬 104)

ここから常夜燈を背に息速別命の陵墓へ向かったが、その前にもう一度常夜燈をパチリ。

常夜燈(み歴マ 初瀬 104)

常夜燈(み歴マ 初瀬 104)

 

【 20111126の記録 】 近鉄 お伊勢参り 第六回(中止分の自主実施)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*