養草寺、家守稲荷大明神、桜堂天満宮

2011年10月16日(日) 養草寺、家守稲荷大明神、桜堂天満宮 (徒歩)

外宮にて斎行される奉幣の儀を拝観するために外宮へ向かっていたところ、あることを思いだした。
それは、養草寺境内にある道標が岡山大学大学院  馬場俊介教授が監修されている「近世以前の土木遺産」サイトの三重県一覧に掲載されていたことだ。丁度通り沿いだったので私が得意な寄り道となった。

養草寺

養草寺

 

山門の右手に鳥居が見えたので近づいてパチリ。

家守稲荷大明神、桜堂天満宮

家守稲荷大明神、桜堂天満宮

鳥居の手前の両側の社標には「家守稲荷大明神」、「桜堂天満宮」とある。

家守稲荷大明神、桜堂天満宮

家守稲荷大明神、桜堂天満宮

鳥居をくぐると右手には牛の像があり、

家守稲荷大明神、桜堂天満宮

家守稲荷大明神、桜堂天満宮

左手の手水石の先には狐さま、さらには養草寺の境内が望める。

家守稲荷大明神、桜堂天満宮

家守稲荷大明神、桜堂天満宮

拝殿で参拝し、

家守稲荷大明神、桜堂天満宮

家守稲荷大明神、桜堂天満宮

中を覗いてパチリ。

家守稲荷大明神、桜堂天満宮

家守稲荷大明神、桜堂天満宮

中央の机には般若心経が印刷された紙が置かれている。神社で般若心経? 左手の扉は養草寺に続いているようだし、神仏習合の流れが復活しているのだろうか?

家守稲荷大明神、桜堂天満宮

家守稲荷大明神、桜堂天満宮

 

本来の目的を忘れそうになったところで隣の養草寺の山門をくぐった。

養草寺

養草寺

境内を右手から左回りに、まずは先ほどの家守稲荷大明神、桜堂天満宮の社殿。

養草寺

養草寺

続いて、案内板。

養草寺

養草寺

そして本堂、

養草寺

養草寺

さらに近づいてパチリ。この辺を探したが目的の道標は見つからない。

養草寺

養草寺

そして最後の薬師堂(桜堂)だ。先ほどの案内板によれば、薬師堂が桜堂と呼ばれるのは「境内に桜の木が多く、花見客で賑わったから」だそうだ。そういえば隣の桜堂天満宮もこの桜堂から名前をもらっているのだろうか?

薬師堂(桜堂) - 養草寺

薬師堂(桜堂) - 養草寺

結局ここにも道標は見当たらなかった。お寺の方に伺おうと思ったが、本堂からは読経が聞こえしばらく終わりそうもなかったため、再度訪問することにした。

 

【 20111016の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です