勾玉池(外宮)の注意書き

2013年07月06日(土) 勾玉池(外宮)の注意書き (ジョグ、徒歩)

九丈殿等の造替を確認しつつ、125社まいり(外宮)を終えると勾玉池の周囲に続く(現在、周回できないため、折り返す必要がある)の散策路を進み東屋へ向かった。

勾玉池の散策路にある東屋(外宮)

勾玉池の散策路にある東屋(外宮)

 

東屋から望む勾玉池、その先に建つせんぐう館はこんな感じだ。

勾玉池の散策路にある東屋付近から望むせんぐう館(外宮)

勾玉池の散策路にある東屋付近から望むせんぐう館(外宮)

 

この場所で振り返ると立て札の裏側が見えた。正面へ回るとそこに書かれていた内容は

勾玉池の散策路にある東屋付近の注意書き(外宮)

勾玉池の散策路にある東屋付近の注意書き(外宮)

釣りをしないこと
神宮司庁

 

こんな注意書きが立てられるということは、誰かこの場所で釣りをしたから・・・。この立て札はせんぐう館ができる前から立てられていたのだろうか?

こんな注意書きを見て思い出したことがある。お伊勢さん125社のなかにも一般的ではない注意書きがある場所がある。

それは、朝熊神社・朝熊御前神社だ。

まず、一般的な立て札。(こちらは朝熊神社・朝熊御前神社の石段下にあるもの)

朝熊神社 (あさくまじんじゃ) 皇大神宮 摂社

朝熊神社 (あさくまじんじゃ)

(2010年04月17日撮影)

 

そして、一般的ではない立て札。(こちらは朝熊神社・朝熊御前神社の石段の上にあるもの)

朝熊神社 (あさくまじんじゃ) 皇大神宮 摂社

朝熊神社 (あさくまじんじゃ)

(2010年04月17日撮影)

これも、誰かが事を起こしてしまったから立てられたのだろう。

 

【参考】

 

 

【 20130706 の記録 】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です