御薗神社(その後2)

2011年06月05日(日) 御薗神社(その後2) (徒歩)

御薗神社(その後1) に続き、御薗神社を訪問した。しばらくは解体作業が続くため、日々状況が変化する。

御薗神社

御薗神社

御薗神社

御薗神社

御薗神社

御薗神社

 

御薗神社

御薗神社

鳥居をくぐると左手には解体された木材が積み上げられていた。

御薗神社

御薗神社

 

まずは、仮殿に参拝し、全景をパチリ。

御薗神社

御薗神社

拝殿の前まで進むと、前回の訪問から2日後だが拝殿は消えてコンクリート杭だけが残されていた。先ほどの木材は拝殿のものだ。

御薗神社

御薗神社

 

続いてその先にある本殿へと向かった。

御薗神社

御薗神社

拝殿の解体作業用の足場をくぐり、

御薗神社

御薗神社

御門の前へ。 この本殿も数日で解体されるのだろう・・・

御薗神社

御薗神社

 

この御垣内には神様が不在なので、記録を残すために御門をくぐった。

御薗神社

御薗神社

御薗神社

御薗神社

まずは本殿を、

御薗神社

御薗神社

御薗神社

御薗神社

御薗神社

御薗神社

次に、御門の内側を、

御薗神社

御薗神社

そして、これが最後となるかもしれない御門の正面をパチリ。

御薗神社

御薗神社

 

後ろ髪を引かれる思いで、御薗神社を後にしようとすると

御薗神社

御薗神社

これらの解体された木材に呼び止められた。

御薗神社

御薗神社

丸太の表面は経年劣化が著しいが、ほぞ組された部分は真新しい。表面を削れば再利用できるだろう。

御薗神社

御薗神社

さすがに神社の解体現場だ。解体された木材が整然と積まれている。やはり、再利用されるのだろうか?

御薗神社

御薗神社

 

【御薗神社の御造営までの記録】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です