大和三山回遊、その2(畝傍御陵前駅~香久山~天香山神社)

2012年08月15日(水) 大和三山回遊、その2(畝傍御陵前駅~香久山~天香山神社) (電車、徒歩)

今日は大和三山周遊、この記録は 大和三山回遊、その1(橿原神宮前駅~畝傍山~畝傍御陵前駅) に続き、畝傍御陵前駅の東出口からスタートだ。

なお、利用したマップは、いつもお世話になっている近鉄のてくてくまっぷ-奈良19「大和三山回遊コース」だ。今回はほぼマップに忠実に歩いたので、マップとの対応は一目瞭然。

【参考】

 

東西連絡通路の階段を上り、畝傍御陵前駅の東出口から地上へ出た。

近鉄 畝傍御陵前駅、東西連絡通路東出口

近鉄 畝傍御陵前駅、東西連絡通路東出口

振り返って畝傍山をパチリ。これからしばらくは畝傍山を背にして直進だ。

近鉄 畝傍御陵前駅の東側から望む畝傍山

近鉄 畝傍御陵前駅の東側から望む畝傍山

駅前のコンビニを探しながら駅前の道を進むと次の交差点で歩行者用信号が赤に変わりそうだったので駆け足で横断歩道を渡った。

振り返ると左後方にコンビニ「LAWSON」があった。ルートに間違いなし。

コンビニ、マップ(5661)ポイント

コンビニ、マップ(5661)ポイント

 

しばらくは左に耳成山を見ながら前方の香久山を目指した。

近鉄 畝傍御陵前駅から本薬師寺跡へ

近鉄 畝傍御陵前駅から本薬師寺跡へ

大和三山に囲まれているのだが、前方の香香久山はどこだ?

振り返れば、畝傍山だ。

近鉄 畝傍御陵前駅から本薬師寺跡へ

近鉄 畝傍御陵前駅から本薬師寺跡へ

 

そんな感じで歩いているとあっという間に本薬師寺(もとやくしじ)跡に到着した。この右手が本薬師寺跡だ。

本薬師寺跡付近の道標

本薬師寺跡付近の道標

道標の下には作家の黒岩重吾さんの書による大伴旅人の歌が刻された碑文が置かれていた。

大伴旅人の万葉歌碑(黒岩重吾書)

大伴旅人の万葉歌碑(黒岩重吾書)

わすれ草
わが紐に付く香久山の
故(ふ)りにし里を忘れむがため

 

道標を右へ入るとたくさんのカメラマンがいた。まず、私は左手の本薬師寺跡を見学した。

本薬師寺跡

本薬師寺跡

敷地の左奥には史蹟元薬師寺阯の石柱があり、

史蹟元薬師寺阯の石柱

史蹟元薬師寺阯の石柱

その前面にも礎石、

本薬師寺跡

本薬師寺跡

さらに、御堂の前にも多数の礎石が等間隔に配置されていた。

本薬師寺跡

本薬師寺跡

ただし、礎石の形状はひとつひとつ異なっている。削られた部分は触っても滑らかだ。

本薬師寺跡

本薬師寺跡

この南側に西塔跡および東塔跡があるので、そちらへ向かうと薄紫の花が咲き乱れていた。先ほどのカメラマンはこの被写体を狙っていたんだ。私にとっては塔跡を見学するのが優先事項なので、右手に見えるこんもりとした盛り土(多分、西塔跡)を確認した。

西塔跡(本薬師寺)

西塔跡(本薬師寺)まず、

畝傍山を背景にパチリ。通路が見当たらなかったので、

西塔跡(本薬師寺)

西塔跡(本薬師寺)

反対側にあり大きな木が生えている盛り土へ向かった。あちらは東塔跡に間違いないだろう。

東塔跡(本薬師寺)

東塔跡(本薬師寺)

盛り土部分へ踏み込むと多数の礎石が確認できた。これらは塔の礎石すべてが残っているのではないかと思えるほどの数だった。

東塔跡(本薬師寺)

東塔跡(本薬師寺)

特に、この中心部分では水草が育っているが、

東塔跡(本薬師寺)

東塔跡(本薬師寺)

心柱が納まる穴、つまりこの礎石は心礎ではないだろうか?

東塔跡(本薬師寺)

東塔跡(本薬師寺)

近くの祠からパチリ。

東塔跡(本薬師寺)

東塔跡(本薬師寺)

後で分かったのだが、ここは城殿町霜月会が主催する『ホテイアオイの定植農園』であり、これらのホテイアオイはうねび北小学校の2年生が植えたそうだ。思わず撮ってしまった。パチリ。

ホテイアオイ(本薬師寺東塔跡付近)

ホテイアオイ(本薬師寺東塔跡付近)

 

東塔跡の礎石を確認したので、西塔跡と思われる盛り土の近くへ戻った。

ホテイアオイ(本薬師寺跡)

ホテイアオイ(本薬師寺跡)

盛り土の周囲をうかがっていると通路を発見。

西塔跡(本薬師寺)

西塔跡(本薬師寺)

こちらの礎石は一基のみ、東塔跡と比べると寂しいものだが、この一基がわりと大きい。

西塔跡(本薬師寺)

西塔跡(本薬師寺)

パチリ。

西塔跡(本薬師寺)

西塔跡(本薬師寺)

 

これで、本薬師寺跡の見学は終わったので、しばしホテイアオイ・タイム。 何枚かパチリ・・

ホテイアオイ(本薬師寺跡)

ホテイアオイ(本薬師寺跡)

ホテイアオイ(本薬師寺跡)

ホテイアオイ(本薬師寺跡)

 

本薬師寺跡を後にして道標まで戻ると

本薬師寺跡入口の道標

本薬師寺跡入口の道標

民家の壁に次のものを発見。「隣組交通安全五則」とある。いつの時代のものだろう?

隣組交通安全五則

隣組交通安全五則

  1. 交通安全は、家庭から
  2. 飲酒運転は、事故のもと
  3. 他人の子も、我が子と思い一声を
  4. 夜道は明るい服装で
  5. 暴走は、しない、させない、見に行かない

今なら「飲酒運転は、破滅のもと」くらい厳しい表現になるだろう。「暴走族」は目にしないし・・・

 

ここからしばらく進むと左手に社叢が見え、明らかに神社のようであった(帰宅後に調べたら、木殿神社)が、今日は寄り道をしないと決めていたので、ここは我慢。左へ振った顔をもとに戻して直進した。

マップ(6234)と(6433)の間

マップ(6234)と(6433)の間

 

近鉄 畝傍御陵前駅の東出口から真っ直ぐに東へ歩いてきたが、

新河原橋(飛鳥川)

新河原橋(飛鳥川)

新河原橋で飛鳥川を渡ると

新河原橋と隣の橋(飛鳥川)

新河原橋と隣の橋(飛鳥川)

右へ曲がった。とはいえ進行方向はほぼ東方向だ。 橋の近くに地蔵堂があったので、2分だけ自分に許可して、寄り道となった。(寄り道皆無は難しい・・・)

地蔵堂(新河原橋付近)

地蔵堂(新河原橋付近)

このサイズの祠と左側にはもっと小ぶりは祠が並んでいる。こちらは左から「釈迦」「子安地蔵尊」「地蔵尊」が祀られている。

地蔵堂(新河原橋付近)

地蔵堂(新河原橋付近)

 

歩道へ戻り飛鳥川沿いに進むと右手に次の橋、上飛騨橋が現れる。橋の手前を左へ進むと

上飛騨橋(飛鳥川)

上飛騨橋(飛鳥川)

道路から少し奥まったところに

庚申塔、地蔵(上飛騨橋付近)

庚申塔、地蔵(上飛騨橋付近)

庚申塔と地蔵が祀られている。かなり手入れされている感じだ。

庚申塔、地蔵(上飛騨橋付近)

庚申塔、地蔵(上飛騨橋付近)

 

さらに歩み進めると右手に上飛騨町集会所、

上飛騨町集会所

上飛騨町集会所

さらにその先左には橿原市上飛騨町の社名標があった。

上飛騨町(橿原市)の町名標

上飛騨町(橿原市)の町名標

左右に田んぼを見ながらしばらく歩くと、

上飛騨町集会所から紀寺跡へ

上飛騨町集会所から紀寺跡へ

道路は水路と交差し

明日香テニスコート付近の水路

明日香テニスコート付近の水路

水路の奥にはテニスコート(明日香テニスコート)が広がっている。

明日香テニスコート

明日香テニスコート

そして、明日香テニスコートを過ぎると、

明日香テニスコート

明日香テニスコート

その先の広場は

紀寺跡

紀寺跡

紀寺跡だ。

紀寺跡

紀寺跡

一部に土が盛られた部分はあるものの、伽藍の配置等は想像することもできない状態だ。

紀寺跡

紀寺跡

ただの広場・・・

紀寺跡

紀寺跡

 

紀寺跡を後にして、新しくて古そうな住宅の前を過ぎると

法然寺付近の住宅

法然寺付近の住宅

その先は角に法然寺が建つ十字路だ。

法然寺付近

法然寺付近

十字路の角の道標を確認(とはいえ、文字は読めなかった)してから

道標(法然寺付近)

道標(法然寺付近)

法然寺の山門をくぐった。

法然寺

法然寺

御堂の前にてお参り。

法然寺

法然寺

御堂の扁額を確認すると「香久山」の文字がある。が、この理由は後で分かる。

香久山の扁額(法然寺)

香久山の扁額(法然寺)

お参りを終えて、法然寺を後にするとマップに従って進んだ。途中、山門をパチリ。

法然寺

法然寺

隣の建物の屋根をパチリ。

法然寺

法然寺

そして最後に法然寺の案内板をパチリ。

浄土宗 香久山 法然寺の案内板

浄土宗 香久山 法然寺の案内板

圓光大師第十番霊場
浄土宗 香久寺 法然寺

ここに、先ほどの扁額の文字「香久寺」が現れた。

 

進むべきルートはバイパス道路と交差していた。

バイパス道路(法然寺付近)

バイパス道路(法然寺付近)

道路の標識は次のようになっているが、マップのルートは左でも、右でもなく、直進だ。

バイパス道路の道標(法然寺付近)

バイパス道路の道標(法然寺付近)

交通量の多い道路を注意しながら渡ると次の丁字路まで直進だ。 実は左に見えているのが香久山なんだが、この時点では気にしていなかった。

法然寺から天岩戸神社へ

法然寺から天岩戸神社へ

天岩戸神社への道標で左折すると、

天岩戸神社へ道標

天岩戸神社へ道標

鞄工房 山本の看板を右手に見上げながら

鞄工房 山本の看板

鞄工房 山本の看板

直進した。すると突き当たり右手に天岩戸神社の社標と鳥居、常夜燈が建っている。

天岩戸神社

天岩戸神社

人の気配が感じられない(参道に笹が倒れた状態で放置、手水石の手ぬぐいが汚れているなど)境内へ進み、

天岩戸神社

天岩戸神社

拝殿へ向かった。

天岩戸神社

天岩戸神社

すると、拝殿の前には次の説明書き。

天岩戸神社

天岩戸神社

拝殿にてお参り。

天岩戸神社

天岩戸神社

格子戸越に御垣を望むが、

天岩戸神社

天岩戸神社

説明書きにある「天照大御神が幽居されたとされる巨石四個」、さらに「毎年七本ずつ生え変わるとされる真竹、七本竹」を確認したくなった。

拝殿の脇へ回ると踏み跡があり、自由に入れるようだったので玉垣の手前までお邪魔した。

天岩戸神社

天岩戸神社

御扉の後方には確かに巨石があった。(ただし、四個であるか数は不明)

天岩戸神社

天岩戸神社

そして、ここに見える竹が七本竹だろう。

天岩戸神社

天岩戸神社

 

天岩戸神社でのお参りを終えると来た道を少し戻り、次の丁字路を左折。

天岩戸神社から香久山へ

天岩戸神社から香久山へ

後は道なりに進み、迷ったところで、柿の木と電柱に貼られた「香久山登山道」の矢印シールに助けられた。安心して直進すると

柿の木、マップ(7869)ポイント

柿の木、マップ(7869)ポイント

舗装路が地道へ変わり、

柿の木、マップ(7869)ポイントの先

柿の木、マップ(7869)ポイントの先

柿の木、マップ(7869)ポイントの先

柿の木、マップ(7869)ポイントの先

竹林を抜けた。

柿の木、マップ(7869)ポイントの先

柿の木、マップ(7869)ポイントの先

 

すると視界が広がった。再び森の中へ入るところに

柿の木、マップ(7869)ポイントの先

柿の木、マップ(7869)ポイントの先

次の注意板が立てられていた。香久山頂上へのルートは左。

香久山山頂へのルートの注意

香久山山頂へのルートの注意

斜面を登り始めるとすぐ近くに伊弉冊神社(下の御前)が祀られている。お参り。

伊弉冊神社(下の御前)

伊弉冊神社(下の御前)

「下の御前」があれば「上の御前」のあるのだろう! 中は・・・・ 想像は止まらない。

伊弉冊神社(下の御前)

伊弉冊神社(下の御前)

ハイキングコースのような山道を進むと

伊弉冊神社(下の御前)から香久山山頂へ

伊弉冊神社(下の御前)から香久山山頂へ

次の道標が現れた。

道標(香久山山頂への途中)

道標(香久山山頂への途中)

さらに登ると分岐となり、そこには

分岐(香久山山頂への途中)

分岐(香久山山頂への途中)

香久山国有林および香久山国有林植樹寺行完成記念の説明板が建っていた。

香久山国有林の説明板

香久山国有林の説明板

香久山国有林植樹寺行完成記念の説明板

香久山国有林植樹寺行完成記念の説明板

そこはこの様な分岐で、目指すは山頂、右側だ。

分岐の道標(香久山山頂への途中)

分岐の道標(香久山山頂への途中)

 

山頂へは全然問題なく到着。前方には神社の拝殿が見えた。

香久山山頂

香久山山頂

そして、木々の間から見えたのは畝傍山。あそこから歩いてきたんだ。

香久山山頂から望む畝傍山

香久山山頂から望む畝傍山

さらに、ズームでパチリ。

香久山山頂から望む畝傍山

香久山山頂から望む畝傍山

近くに眺望の図があったので、対象を見ると二上山も見えるはずだった。

眺望の図(香久山)

眺望の図(香久山)

方角的に適当な場所を探すと、「見えた。見えた。二上山だ。」

香久山山頂から望む二上山

香久山山頂から望む二上山

二上山を始めて見たのは、山の辺の道を歩いた時に桧原神社からだった。

【参考】 桧原神社(大神神社 摂社)

眺望の堪能を終えたところで、香久山の山頂に祀られている国常立神社(くにとこたちじんじゃ)にお参りした。

国常立神社(香久山山頂)

国常立神社(香久山山頂)

拝殿の柱が倒れそうで怖かったので、拝殿の下は通らずに

国常立神社(香久山山頂)

国常立神社(香久山山頂)

右手の手水石、説明板の前から

国常立神社(香久山山頂)

国常立神社(香久山山頂)

祠の前へ移動した。こちらでお参り。

国常立神社(香久山山頂)

国常立神社(香久山山頂)

戻るときも拝殿の下はくぐらずに、ここで左へ移動した。

国常立神社(香久山山頂)

国常立神社(香久山山頂)

 

もう一度香久山の山頂をパチリ。

香久山山頂

香久山山頂

来た道とは反対側へ歩を進めた。

香久山山頂

香久山山頂

左手のすぐ近くの木の幹には山頂標「天香久山152.4m 大淀独歩会 H23.1.23」が掛けられていた。

(天)香久山山頂標

(天)香久山山頂標

 

山頂を極めれば後は下るのみ、一気に駆け下りた。

香久山山頂から天香山神社へ

香久山山頂から天香山神社へ

左手の視界が開けると

香久山山頂から天香山神社へ

香久山山頂から天香山神社へ

天香山神社はすぐそこだった。

道標(香久山山頂から天香山神社へ)

道標(香久山山頂から天香山神社へ)

 

山道を下りきり、参道へ出るとまずは手水舎、

天香山神社

天香山神社

続いて、天香山神社の拝殿へ向かう鳥居の前、左手に設置された「明治天皇遥拝所」

明治天皇遥拝所(天香山神社)

明治天皇遥拝所(天香山神社)

そして、鳥居をくぐって

天香山神社

天香山神社

拝殿へ向かった。

天香山神社

天香山神社

天香山神社

天香山神社

消火器の赤いボックスが目立つ入口から

天香山神社

天香山神社

拝殿へ入り、お参りした。

天香山神社

天香山神社

小さな祠も見える。

天香山神社

天香山神社

お参りを終えて鳥居をくぐり返す時、

天香山神社

天香山神社

鳥居の貫に積まれた石をパチリ。

天香山神社

天香山神社

さらに、参道を戻ると天波波迦の石と波波迦の木や歌碑が並び、

天波波迦の石と波波迦の木(天香山神社)

天波波迦の石と波波迦の木(天香山神社)

その向かいには新しい建物が建っている。社務所かと思ったが、その玄関には

新農業構造改善事業 出屋敷構造改善センター

新農業構造改善事業 出屋敷構造改善センター

新農業構造改善事業 出屋敷構造改善センターの札が掛けられていた。

新農業構造改善事業 出屋敷構造改善センター

新農業構造改善事業 出屋敷構造改善センター

この名前の社務所だろうか?

天香山神社を出てパチリ。

天香山神社

天香山神社

定めも。

定(天香山神社)

定(天香山神社)

さらに、次のコースを向いてパチリ。

天香山神社前の道路

天香山神社前の道路

坂道を下り始めると、天香山神社の敷地に天香山埴安傳稱地道の石柱を発見。

天香山埴安傳稱地道の石柱

天香山埴安傳稱地道の石柱

ここまでで、本日の旅程の3分の2が終了した。

次は大和三山最後の耳成山を目指した。

 

【 20120815の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です