神御衣奉織始祭(神服織機殿神社)

2011年05月01日(日) 神御衣奉織始祭(神服織機殿神社) (車、徒歩)

10月02日(土)に神御衣奉織作業を見学し、神御衣奉織始祭を拝観したいと思っていた。

【参考】

 

本日は時々パラパラと小雨が降るような天候であったが、自宅を7時過ぎに出発した。

今回も前回同様、イオン明和ショッピングセンター方面から神服織機殿神社の社叢を目指した。田植えが終わった水田に映るシルエットが感慨深い。この杜の中で神御衣奉織始祭が斎行されるのだ。

神服織機殿神社

神服織機殿神社

 

左から右へ巻くように進むと

神服織機殿神社

神服織機殿神社

アスファルト舗装路が未舗装路となる。さらに進むと、

神服織機殿神社

神服織機殿神社

神服織機殿神社の正面にたどり着く。

神服織機殿神社

神服織機殿神社

 

時刻は7時50分頃。参道を進むと、霧がかかったような雰囲気となっていた。

神服織機殿神社

神服織機殿神社

また、参道の両側には多数の車が駐められていた。振り返るとこんな感じだ。

神服織機殿神社

神服織機殿神社

 

祭儀の関係者以外としては、神宮の腕章を付けた方と取材の方1名、その他私のように個人的に撮影に来られた方が1名(後から祭儀の途中、2~3名が登場した)。思ったより拝観者が少ない状態だった。

神服織機殿神社(下機殿)

神服織機殿神社(下機殿)

 

今日は天候が不順なので、祓所は使用せずに斎館の屋根の下のでお祓いとなった。
しばらくすると定刻8時過ぎより神御衣奉織始祭が始まり、神職と織子が対面で挨拶した。

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

場所を斎館の前へ移し、祓詞の後、大麻、御塩にて修祓が執り行われた。

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

織子が辛櫃を担ぐと、参進が開始された。

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

 

斎庭(ゆにわ)鳥居をくぐると、

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

左手の神服織機殿神社の前ヘ進んだ。

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

 

祭員が着座すると、黒い布で覆われていた辛櫃から案へと手渡しで御饌が供された。

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

祝詞が奏上され、八度拝八開手など祭儀が滞りなく終了すると、

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

 

黄色い布で覆われた辛櫃のみが八尋殿へと運ばれていった。

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

 

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

右側の神職に御鑰が手渡されると

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

御幌をくぐり、八尋殿への木階を上がられた。

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

 

しばらくすると御扉が開かれ、

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

先ほど運び込まれた辛櫃が八尋殿の中へと上げられた。

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

 

御扉は閉じられる(鍵が掛けられたかは?)と、御鑰が元の場所へと戻された。

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

 

御幌が下げられると、

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

退下となった。

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

鳥居をくぐり、元の位置まで戻り

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

祭員が挨拶を済ませると、神御衣奉織始祭は滞りなく無事終了と相成った。

神御衣奉織始祭(下機殿)

神御衣奉織始祭(下機殿)

 

その直後、私はお参りさせていただいた。片付けをされているなか申し訳ないと思いつつも、祭儀の余韻に浸りながら・・・

神御衣奉織始祭の後(下機殿)

神御衣奉織始祭の後(下機殿)

神御衣奉織始祭の後(下機殿)

神御衣奉織始祭の後(下機殿)

 

時刻は8時40分頃。続いて、神麻続機殿神社(上機殿)でも9時から祭儀が始まると思っていたので、急いで神服織機殿神社を出たら鳥居のところで、先ほど祭儀を撮影していたおじさんに声を掛けられた。

「上・・・もいきます?」 のようなニュアンスだと思う。あまりよく聞き取れなかったが、ここが下で、上とくれば「神麻続機殿神社」しかないので、「はい、行きます。」と答えた。

時間的にギリギリだと思ったので、「9時から始まりますよね?」と問いかけると、「いつも10時くらい、こちらの具合で・・・」と教えてくれた。さらに、私が歩いてゆくと行ったところ、「車に乗っていきます?」とも行ってくれた。まぁ、時間的に余裕があることが分かったので、折角だが遠慮して歩いてゆくことにした。(ありがとうございます。)

そして、歩き慣れた道を神服織機殿神社へ向かった。 途中で振り返り、パチリ。

神服織機殿神社

神服織機殿神社

さらに、パチリ。

神服織機殿神社

神服織機殿神社

少し急ぎ足で歩いたところ、神麻続機殿神社には予想通り20分で到着した。

 

神麻続機殿神社の神御衣奉織始祭については、

【参考】 神御衣奉織始祭(神麻続機殿神社)

 

神麻続機殿神社を出ると得意の寄り道をしながら、神服織機殿神社を目指した。
行きとは別の経路を通り、神麻続機殿神社の正面へと続く道を進むと こんな感じだ。

神服織機殿神社

神服織機殿神社

神服織機殿神社

神服織機殿神社

神服織機殿神社

神服織機殿神社

神服織機殿神社

神服織機殿神社

 

【20110501 神御衣奉織始祭の記録】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*