外宮めぐり(宇須乃野神社)

2011年01月08日(土) 外宮めぐり(宇須乃野神社) (徒歩)

今日は、伊勢市立伊勢図書館内の「ふるさと文庫」へ行く前に、各所を回った。

まずは宇須乃野神社(縣神社を同座)へ。

国道23号線高向交差点に架かる歩道橋の上から望むと、二ヶ所に社叢が見える。右側が高向大社、左側が宇須乃野神社。

国道23号線から望む

国道23号線から望む

まずは、宇須乃野神社へ向かうため、いつもとは異なるルートを取った。国道23号線高向交差点を松阪方面に向かい左折して道なりに進むと、次の石柱が。上部の文字は読み取れなかったが、下部は「切?の祭場」とある。帰宅後にパソコンで拡大してみると上部の右側は「文化?」、左側が「神事」と読めた。これは御頭神事のことであると考え、インターネットで検索したところ、伊勢市観光協会公式ホームページに次の情報が見つかった。

高向(たかぶく)の御頭神事(その他地域)

これによると、高向大社や高向区内の各戸を廻って集めた悪魔を「斬祓の舞」にて祓って神に戻す場所であるらしい。(このサイトでは、斬祓祭場と書かれていた。)

御頭神事 切祓の祭場

御頭神事 切祓の祭場

振り返ってパチリ。中央の正方形の場所に白い石が敷き詰められている。

御頭神事 切祓の祭場

御頭神事 切祓の祭場

さらに進み、細い路地を入って行くと、この光景に出会った。この石柱は宇須乃野神社の周辺でも見かけたことがあるが、これで3基目である。

高向地区に立つ石柱

高向地区に立つ石柱

さらに進むとこの光景が。伊勢には珍しく高向地区のしめ縄は玄関ではなく、敷地の入り口に門のように取り付けられ、門符も付いていない。

【参考】 伊勢地方のしめ縄は、

高向地区のしめ縄

高向地区のしめ縄

高向地区のしめ縄

高向地区のしめ縄

やっと右手に宇須乃野神社の社叢が見えてきた。

宇須乃野神社

宇須乃野神社

これがいつものビューだ。

宇須乃野神社

宇須乃野神社

社頭の石柱の下を見ると、

宇須乃野神社

宇須乃野神社

神宮境界を示す金属板が固定されていた。

宇須乃野神社(境界)

宇須乃野神社(境界)

陽が傾いた宇須乃野神社へ参拝すると、

宇須乃野神社

宇須乃野神社

鳥居に異変? でっぱりがあった。

宇須乃野神社

宇須乃野神社

石がのっているのだ。確かに、「鳥居の上に石をのせると願いが叶う。」って聞いたことはあるが、誰の仕業だろうか?

宇須乃野神社

宇須乃野神社

宇須乃野神社

宇須乃野神社

空を見上げてパチリ。

宇須乃野神社

宇須乃野神社

社域を出るときにパチリ。

宇須乃野神社

宇須乃野神社

社域を出てから振り返ってパチリ。

宇須乃野神社

宇須乃野神社

次は、高向大社へ

【20110108の記録】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*