新ブログサイト『神宮巡々3』開設のお知らせ

『神宮巡々』、『神宮巡々2』ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々3』を新設しました。
2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』を、最新の記録は『神宮巡々3』をご覧ください。 ( 2017年12月31日 【キタヰ】こと、桝屋善則 )

鎧崎散策(神宮御料鰒調製所、鎧崎灯台ほか)

2011年11月23日(水) 鎧崎散策(神宮御料鰒調製所、鎧崎灯台ほか) (車、徒歩)

二船祭、勤労感謝祭ほか(海士潜女神社) にて二船祭を拝観してから勤労感謝祭まで30分ほど時間があったので、以前も散策したことがある鎧崎を歩いてみた。

【参考】 神宮御料鰒調製所

鎧崎の付け根に二船祭の競漕の舞台となる前の浜がある。海士潜女神社の脇を下り、往路とは別ルートで前の浜へ戻るとその途中にこの案内板がある。(確か、別の場所でも見たことがある。)

名所案内板「鎧崎 のし鮑とあまの由来」

名所案内板「鎧崎 のし鮑とあまの由来」

 

前の浜を見ながら海女小屋の前を通ると神宮御料鰒調製所の前に出る。この先は神宮域だ。石階を上り、

神宮御料鰒調製所

神宮御料鰒調製所

さらにその先の石階を上ると

神宮御料鰒調製所

神宮御料鰒調製所

鰒を干すための棚が

神宮御料鰒調製所

神宮御料鰒調製所

二列ある。周囲には御垣があり、正面には黒木鳥居が。鳥居の笠木はかなり劣化していた。

神宮御料鰒調製所

神宮御料鰒調製所

この扉が開いている時に訪れてみたいものだ。

神宮御料鰒調製所

神宮御料鰒調製所

神宮御料鰒調製所

神宮御料鰒調製所

 

鳥居の後ろにある階段を上り、途中で振り返ってパチリ。

神宮御料鰒調製所

神宮御料鰒調製所

さらに坂道を進むと左手に倭姫命御巡行舊跡がある。

倭姫命御巡行舊跡(きゅうせき)

倭姫命御巡行舊跡(きゅうせき)

これだ。

倭姫命御巡行舊跡(きゅうせき)

倭姫命御巡行舊跡(きゅうせき)

 

太平洋を垣間見ながらさらに進むと

鎧崎の上から

鎧崎の上から

まさにジブリの映画の雰囲気を体験できる場所がある。

鎧崎の上部

鎧崎の上部

そこを通り抜けるとパッと視界が開け、鎧崎灯台が現れる。

鎧崎灯台

鎧崎灯台

灯台の近くには、木の幹に取り付けられた「17.3m 鎧崎 イセ愛山会」の標高表示があった。

鎧崎灯台付近にあった標高表示

鎧崎灯台付近にあった標高表示

さらに海側には海上安全の碑が建っている。どうも「伊勢の神埼国崎の鎧波切の大王なけりゃよい」と刻されているようだが、私には読めなかった。古文書の勉強の成果はなかなかでないものだ。

海上安全の碑(鎧崎灯台付近)

海上安全の碑(鎧崎灯台付近)

 

前回と同じルートでここから階段を下ろうとしたところ、消波ブロックの設置工事中で立ち入れそうもなかった。

鎧崎灯台付近から

鎧崎灯台付近から

鎧崎灯台付近の堤防

鎧崎灯台付近の堤防

仕方なく来た道を戻った。

途中で船首に「102」と記された船をズームいっぱいでパチリ。かなり遠い。

鎧崎から望む洋上の船(船首に102)

鎧崎から望む洋上の船(船首に102)

さらに、競漕の舞台となる前の浜の海を確認してから

鎧崎から前の浜付近を見下ろす

鎧崎から前の浜付近を見下ろす

神宮御料鰒調製所へ戻ってきた。

神宮御料鰒調製所

神宮御料鰒調製所

神宮御料鰒調製所

神宮御料鰒調製所

 

神宮御料鰒調製所を出ると、今度は二船を確認した。

神宮御料鰒調製所の前から見える二船(前の浜)

神宮御料鰒調製所の前から見える二船(前の浜)

 

まだ時間があったので、神宮御料鰒調製所の左隣にある鳥居をくぐると

神宮御料鰒調製所左手の鳥居

神宮御料鰒調製所左手の鳥居

さらにもう一つの鳥居の先に

神宮御料鰒調製所左手の祠へ

神宮御料鰒調製所左手の祠へ

祠が建っている。

神宮御料鰒調製所左手の祠

神宮御料鰒調製所左手の祠

参拝してから

神宮御料鰒調製所左手の祠

神宮御料鰒調製所左手の祠

勤労感謝祭を拝観するために海士潜女神社へ戻った。

 

【 20111123の記録 】

 

【参考リンク】

国崎町内会のホームページ
伊勢神宮献上熨斗鮑の里-三重県鳥羽市国崎町町内会

三重県のインターネット放送局(シゲ、垢離とりなど競漕以外の情報も満載)
二船祭:鳥羽市

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*