新ブログサイト『神宮巡々3』開設のお知らせ

『神宮巡々』、『神宮巡々2』ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々3』を新設しました。
2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』を、最新の記録は『神宮巡々3』をご覧ください。 ( 2017年12月31日 【キタヰ】こと、桝屋善則 )

まちかど企画展「ここに西行がいた!!~西行が愛したまち 二見浦~」、西行トークin二見 2013 ほか

2013年03月09日(土) まちかど企画展「ここに西行がいた!!~西行が愛したまち 二見浦~」、西行トークin二見 2013 ほか (車、徒歩)

次のパンフレットを見て、西行トークin二見 2013に参加しようと思った。

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」パンフレット

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」パンフレット

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」パンフレット

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」パンフレット

 

私の中では西行とはそれほど大きな存在ではなく、知っていることといえば
「何事のおはしますかは知らぬども
かたじけなさに涙こぼるる」
と詠んだ歌、それと

もう一つは宇治の西行谷に庵を結んでいたと言われていることくらい。

【参考】

 

今回もっと西行について知る機会が得られると思いワクワクしていた。午前中の遷宮記念 おひなさまめぐりin二見(2013)にて二見公民館へ向かう(その流れで西行トークに参加)途中、まちかど企画展「ここに西行がいた!!~西行が愛したまち 二見浦~」を見学するために夢ぎゃらりい二見を訪問した。

夢ぎゃらりい二見(伊勢市二見町)

夢ぎゃらりい二見(伊勢市二見町)

こちらから夢ぎゃらりい二見、左手の入口より入り

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

すぐ右手にある展示会場へ。部屋の奥には「西行さんは、6年もの間、二見浦の安養寺にいた!」と書かれていた。そして、中央と周囲には安養寺跡の発掘調査現場からの出土品が展示されていた。

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

この時点ではこれらの重要性がよく分からずに、かつ西行トークの開始まで時間がなかったため、全体をざーっと見ただけに終わった。

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

 

そして、隣の部屋へ移動するとひとりの女性がハマグリに絵と句を描(書)いていた。

人形作家 南部美智代さん

人形作家 南部美智代さん

この方は、人形作家の 南部美智代さん。

人形作家 南部美智代さん

人形作家 南部美智代さん

いや肩書きはかなり多いそうで、賓日館の観光大使や鈴鹿市のNPO法人「災害ボランティアネットワーク鈴鹿」の理事長、町おこしなどさまざまな活動でお忙しいそうだ。この後も防災の仕事があり、人形の関係ではスペインのマドリッドへ行かれるとか・・。

ここで作られた作品「西行と芭蕉 人形作家南部美智代 蛤の貝合わせ」と葦の筆がセットで販売されていたので、私もひとついただいた。

左が葦の筆で、その表面には南部美智代さんにより「何事のおはしますかは知らぬどもかたじけなさに涙こぼるる」の歌を書いていただいた。また蛤には「うたがふな 潮の花も 浦の春」と芭蕉の句が書かれていた。

人形作家 南部美智代さんの作品

人形作家 南部美智代さんの作品

ちなみに、この句「うたがふな 潮の花も 浦の春」の句碑は二見浦、賓日館付近に建てられている。

以前のめぐりで撮影した写真

松尾芭蕉句碑

松尾芭蕉句碑

芭蕉の句碑(二見浦)

芭蕉の句碑(二見浦)

芭蕉の句碑の説明板(二見浦)

芭蕉の句碑の説明板(二見浦)

(2010年12月04日撮影)

 

そろそろ13時が近づいてきたので、夢ぎゃらりい二見を後にして二見公民館へ向かった。

「西行トークin二見 2013」(二見公民館)へ向かう

「西行トークin二見 2013」(二見公民館)へ向かう

「西行トークin二見 2013」(二見公民館)

「西行トークin二見 2013」(二見公民館)

受付へ向かうと、予想以上の参加者が訪れたために準備していた資料がなくなっていた。

「西行トークin二見 2013」(二見公民館)

「西行トークin二見 2013」(二見公民館)

ほぼ満席となっている会場の最後尾に席を確保すると追加の資料が配られた。

 

最初は基調講演。奥野雅則さん(「そこに、西行がいた!!」展実行委員長)による「そこに、西行はいた!!」

「西行トークin二見 2013」(二見公民館)

「西行トークin二見 2013」(二見公民館)

内容を理解する間に次の話題へ進んでしまうほどかなりの早口だった。奥野さんがかなりの西行フリークであることは熱い語り口と豊富な知識量から伝わってきた。彼をこんなにも夢中にさせる西行に興味を覚えずにはいられなかった。私はまんまと罠にはまったのだろうか? 奥野さんは西行に関する本を100冊以上は読んだとのこと。かなりのものだ。まずは一冊から始めてみよう!

 

続いては、安養寺跡を試掘された田村陽一さん(三重県埋蔵文化財センター 活用支援課長)による発掘調査報告だった。

「西行トークin二見 2013」(二見公民館)

「西行トークin二見 2013」(二見公民館)

光の街の近くに西行谷があったとは、あの場所なら1994年、まつり博三重(世界祝祭博覧会)会場へ通うため、毎日通っていたのに・・・。全く気づかなかった。あの頃は興味の矛先が別の所を向いていたからだろう。

 

そして最後は、町おこしに関する提言大会となっていた。

「西行トークin二見 2013」(二見公民館)

「西行トークin二見 2013」(二見公民館)

西行の話とはかなりかけ離れる部分もあったが、それはそれで面白かった。

「西行トークin二見 2013」(二見公民館)

「西行トークin二見 2013」(二見公民館)

15時になると座談会とともに「西行トーク」が終了となった。

当然のことながら2時間で西行について理解することは難しい。これを契機にあとは自分で勉強してみよう。特に奥野さんのあの熱さを見せつけられると、そこまでさせる西行には何があるのか、その理由を知りたい思いに火が点いた。

 

翌日に実施される「西行ウォーク」への参加を確認したところ、募集はすでに打ち切られていた。「西行トーク」がこれだけの人気だからすでに予約満了となってしまったのだ。前日に確認する私が浅はかだった・・・。

 

気を取り直し、まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」が開催されている夢ぎゃらりい二見へ再度向かった。

道路沿いのショーケースには、次の人形が飾られていた。(先ほどは気づかなかったな!)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

これは、伊勢市在住の和紙人形作家 阿部夫美子さんによる「西行法師」だ。

夢ぎゃらりい二見の展示会場へ入ると見学者が多い、しかも皆さん真剣に展示物に見入っていた。

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

解説者の話に耳を傾ける方も・・・。

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

 

そしてこちらが安養寺跡から出土した墨書土器の数々。

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

「三巴文」や「上下」、漢数字が読み取れた。

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

 

こちらは湿地帯で水漬けされていたために腐敗せずに残されていた木製品の数々。

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

下駄もそうだが、呪術具や形代に興味を覚えた。

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

 

こちらは同じ木製でも、その上に描かれた絵が貴重だ。躍動感のある馬が描かれている。

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

さらに、こちらは鳥獣戯画を思わす人と蛙の絵だそうだ。

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

これこれ。

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

なお、その左側のこちらは? なんだろう。

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

 

また、発掘現場の状況から内陣と外陣を設けた仏堂の存在が想定されていたが、こられの瓦はその仏堂に使用されていただろうと・・・。

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

さらに、その隣には青磁器や白磁の破片もあった。こられは一般庶民が手にできるものではない。

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

 

最後に、現状の地図に安養寺跡の発掘調査現場がマッピングされていた。

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

さらに、現状の写真と現在建てられている案内板の写真があった。

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

まちかど企画展「そこに、西行がいた!! ~西行が愛したまち 二見浦~」(夢ぎゃらりい二見)

場所がわかれば訪れるしかない。「西行ウォーク」に参加できないのだからとりあえず現場の雰囲気を感じておこうと思い、夢ぎゃらりい二見を出ると光の街へ向かった。

 

サンアリーナ側から五十鈴川を渡り、突き当たりを左へ進むと道なりに右へカーブする。その途中に案内板があった。この辺が安養寺跡なんだ。

安養寺跡発掘調査現場付近

安養寺跡発掘調査現場付近

そしてこちらが案内板。

安養寺跡発掘調査現場付近

安養寺跡発掘調査現場付近

地図を見るとこの周辺には経塚がある。

安養寺跡発掘調査現場付近

安養寺跡発掘調査現場付近

次の写真の右側の山に上には豆石山1号経塚があるようだ。

安養寺跡発掘調査現場付近

安養寺跡発掘調査現場付近

また、名前は分からないが、さらに左方向には

安養寺跡発掘調査現場付近

安養寺跡発掘調査現場付近

杜が残されている。もしかしてここも何かの遺跡?

安養寺跡発掘調査現場付近

安養寺跡発掘調査現場付近

【 20130309 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*