新ブログサイト『神宮巡々3』開設のお知らせ

『神宮巡々』、『神宮巡々2』ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々3』を新設しました。
2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』を、最新の記録は『神宮巡々3』をご覧ください。 ( 2017年12月31日 【キタヰ】こと、桝屋善則 )

田丸神社の「願かけなで牛」(玉城町下田辺)

2013年01月26日(土) 田丸神社の「願かけなで牛」(玉城町下田辺) (車、徒歩)

度会郡玉城町山神にある山田禅寺から玉城町図書館(村山龍平記念館)へ向かう途中、坂手国生神社への寄り道の後に田丸神社へも立ち寄った。

田丸神社でも獅子舞が行われるが日程を把握していなかったので、「もしかして近々?」との思いから立ち寄った。

車道側にはこの幟が多数立てられていた。

田丸神社(玉城町下田辺)

田丸神社(玉城町下田辺)

奉納 入試合格祈願

まさに、今にシーズンの最大の祈りだろう。

道路が工事中で片側交互通行となっており、自由に撮影できなかったので、パチリ、

田丸神社(玉城町下田辺)

田丸神社(玉城町下田辺)

パチリ。最初の鳥居をくぐり、

田丸神社(玉城町下田辺)

田丸神社(玉城町下田辺)

さらにくぐり・・・、

田丸神社(玉城町下田辺)

田丸神社(玉城町下田辺)

手水舎で心身を清めてからさらに鳥居をくぐり階段を上った。

田丸神社(玉城町下田辺)

田丸神社(玉城町下田辺)

左手に見える新しい社務所を過ぎ、

田丸神社(玉城町下田辺)

田丸神社(玉城町下田辺)

さらに上った。

田丸神社(玉城町下田辺)

田丸神社(玉城町下田辺)

階段上の鳥居をくぐるとこの風景だ。

田丸神社(玉城町下田辺)

田丸神社(玉城町下田辺)

枝には多数のおみくじが巻かれていた。

田丸神社(玉城町下田辺)

田丸神社(玉城町下田辺)

早速拝殿へ向かいお参りした。ここで目のあたりにする御神木は力強い。

田丸神社(玉城町下田辺)

田丸神社(玉城町下田辺)

幄舎を突き抜けているのだ。

 

お参りを終えると後は境内の散策だ。拝殿前の狛犬をパチリ。

田丸神社(玉城町下田辺)

田丸神社(玉城町下田辺)

さらに、鳥居の榊もパチリ。

田丸神社(玉城町下田辺)

田丸神社(玉城町下田辺)

 

そして、今回の記事のタイトルになったのが、輝く牛の像。頭の部分が光り輝いていた。

田丸神社「願かけなで牛」(玉城町下田辺)

田丸神社「願かけなで牛」(玉城町下田辺)

その像の前にある説明板によると

田丸神社「願かけなで牛」(玉城町下田辺)

田丸神社「願かけなで牛」(玉城町下田辺)

臥牛は「願かけなで牛」として信仰され、この牛をなでると学業向上、身体健全、良運隆昌の願いが成就するといわれています

とある。

説明には「牛をなでる・・・」とあるが、なぜかこの部分がすり減っている。つまり、なでられているのだ。この辺が一番撫でやすいのだろう。

田丸神社「願かけなで牛」(玉城町下田辺)

田丸神社「願かけなで牛」(玉城町下田辺)

人とは違う所、どこを撫でようか?

そんなことを考えながら次回の訪問を楽しみに・・・

田丸神社(玉城町下田辺)

田丸神社(玉城町下田辺)

田丸神社を後にすると近くにある玉城町図書館(村山龍平記念館)へ向かった。

 

 【 20130126 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*