神島ウォーク

2012年10月13日(土) 神島ウォーク (船、徒歩)

鳥羽マリンターミナル[佐田浜]~神島(鳥羽市営定期船)にて神島へ到着した。

横山ビジターセンターが企画した「神島ウォーク」に参加するためだ。

神島ウォーク(横山ビジターセンター)のパンフレット

神島ウォーク(横山ビジターセンター)のパンフレット

パンフレットによると、主催は「伊勢志摩国立公園自然ふれあい推進協議会」、「伊勢志摩国立公園パークボランティア連絡会」で、協力は『島の旅社』だった。

【参考】

 

実際のガイドは島の旅社の4名の方で、その中には現役の海女さんも。

「神島ウォーク」の参加者(一般の方よりもパークボランティアの方が多い感じ)は桟橋を後にすると

神島港

神島港

神島案内地図の前に集まり、本日のガイドを担当してくれた『島の旅社』の四名の方の紹介とウォークの概要が説明された。

神島ウォークの概要説明(神島港前)

神島ウォークの概要説明(神島港前)

 

まず最初に開発総合センターへ移動すると

開発総合センター(神島)

開発総合センター(神島)

新しく作成されたパンフレットが配られた。

「潮騒」を探しに神島へのパンフレット(1/4)

「潮騒」を探しに神島へのパンフレット(1/4)

本日のルートはこの地図で、島の外周を右回り。

「潮騒」を探しに神島へのパンフレット(2~3/4)

「潮騒」を探しに神島へのパンフレット(2~3/4)

「潮騒」を探しに神島へのパンフレット(4/4)

「潮騒」を探しに神島へのパンフレット(4/4)

 

まずは、現役の海女さんから道具の使い方など実演を交えて海女の仕事等について紹介があった。

現役海女さんによる実演と説明(神島ウォーク)

現役海女さんによる実演と説明(神島ウォーク)

現在、神島の海女として登録している人数は約60人。(ただし、全員が実働ではない。)年齢は70歳くらいまで。

実際に潜れるのは5月20日~8月20日の間の20日間で、20日未満になることがあっても20日を越えることはない。日和当番が出漁を判断し、海に出られる日には港に赤い旗が立つ。

実際に潜れるのは一日に二回だけ、各回ともに準備を含めて1時間半位で、操業は1時間未満に制限されている。

現在、神島ではウェットスーツ、足ヒレが利用できる。ただし、乱獲を防ぐために操業時間が短縮されている。

ウェアとか道具は近代化されてはいるが、身体ひとつで荒海に対峙する海女の仕事は命がけであることには変わりない。大変な仕事だ。

質疑応答の後昼食に。ここで山海荘特製とばーがーが配られた。こちらだ。

山海荘特製とばーがー

山海荘特製とばーがー

【参考】 潮騒の宿 山海荘

 

私の昼食は恒例のおにぎり3個とこの「とばーがー」。すべてを食べきると満腹になったので、「神島ウォーク」が出発となる13時まで腹ごなしのために港へ散歩に出かけた。30分以上の時間があった。

まずは、桟橋の近くにある船揚場。

船揚場(神島)

船揚場(神島)

船揚場前の説明板(神島)

船揚場前の説明板(神島)

 

続いて、桟橋から遠ざかる方向へ進むと看板が建っていた。「伊良湖の見える丘(旧オーカ)」とある。

伊良湖の見える丘(旧オーカ)

伊良湖の見える丘(旧オーカ)

さらに、坂道を上るとその先は伊良湖岬だ。

伊良湖の見える丘(旧オーカ)から伊良湖の遠望

伊良湖の見える丘(旧オーカ)から伊良湖の遠望

 

神島の全景を見ようと思い、港の外側へ堤防へ向かおうとする際、見つけた電灯。

神島港の照明灯

神島港の照明灯

よく見ると尖っている部分がある。これは何で、目的は? まったく分からない。

神島港の照明灯

神島港の照明灯

 

さらに進むと大きな網が広げられていた。トラックと比較するとその大きさが分かる。トラックがミニカーのように見えてしまう。

漁業用の網(神島港)

漁業用の網(神島港)

何用の網だろう? 疑問だらけで、解決せずに放置しっぱなしだ。

漁業用の網(神島港)

漁業用の網(神島港)

 

外周の堤防中央あたりまで進みパチリ、

神島港の堤防から望む神島

神島港の堤防から望む神島

パチリ、

神島港の堤防から望む神島

神島港の堤防から望む神島

パチリ。灯明山も桟橋も見える。

神島港の堤防から望む神島

神島港の堤防から望む神島

堤防の隅に風力風向計が設置されていたが、この時点では停止状態だった。無風。

止まっている風力風向計(神島港)

止まっている風力風向計(神島港)

先ほどの堤防から伊良湖の見える丘の方へ戻る途中でパチリ。改修のために台車で海から上げられた第二八千代丸。実はこの船が航行しているのを帰りの船から見かけた。

改修中の船舶(神島港)

改修中の船舶(神島港)

台車は頑丈そうなチェーンで固定されていた。

船舶引き揚げ台車と固定チェーン(神島港)

船舶引き揚げ台車と固定チェーン(神島港)

 

そろそろ時間も少なく少なくなってきたので桟橋の方へ戻る際、先ほど上から見えていた船揚場を横切った。

船揚場(神島港)

船揚場(神島港)

上方を見るとコンクリート製の小屋が建っていたので近づいてみると

船揚場(神島港)

船揚場(神島港)

その中には船を引き上げるためのウィンチが据えられていた。

船揚場のウィンチ(神島港)

船揚場のウィンチ(神島港)

錆びて古びてはいるが強力そうだ。

 

神島定期船待合所へ立ち寄ると誰もいなかったので、この間に帰りの乗船券を買っておいた。

神島定期船待合所

神島定期船待合所

切符売場の上には「神島名所」を紹介する額が掲げられていた。内容は次のとおり、

神島名所

伊勢神宮を守る島
旅情豊かな神島は
小説潮騒の舞台となった原風景
レトロな雰囲気の神島港
カラフルな家が立ち並び
島の中央には時計台、洗濯場
八代神社の国宝文化財
潮騒クライマックスの監的哨跡建物や
石灰岩が美しい
カルスト地形の不動岩
恋の語らい古里の浜
絶景見晴らしスポットの
神島シンボル灯台は
行き交う船の守り神

 

そして、開発総合センターの裏手(港側)にてたくさん整然と積まれている蛸壺を発見。

蛸壺の山(神島 開発総合センター裏)

蛸壺の山(神島 開発総合センター裏)

内部にはコンクリートが張られていた。

蛸壺の山(神島 開発総合センター裏)

蛸壺の山(神島 開発総合センター裏)

 

何だかんだと腹ごなしを終えて開発総合センターまで戻ってくると、これから「神島ウォーク」の本番が開始された。

まずは、桟橋から続く道をさらに山方向へ、民家の間の狭い路地を進んだ。

神島ウォークの開始

神島ウォークの開始

左手に六角形の井戸を見つけると

時計台付近の六角形の井戸(神島)

時計台付近の六角形の井戸(神島)

その先右手に角には時計台がある。現在は上部にソーラーパネルが付いていた。

時計台(神島)

時計台(神島)

なお、一時期は時計がない状態が続いたそうだ。当時の写真がこちら、

時計がない時計台の写真(神島)

時計がない時計台の写真(神島)

 

時計台を過ぎてさらに進むと、

時計台(神島)

時計台(神島)

そこは洗濯場。

洗濯場(神島)

洗濯場(神島)

説明板には、(寺田さん宅前)とある。

洗濯場(寺田さん宅前)の説明板(神島)

洗濯場(寺田さん宅前)の説明板(神島)

こちらが洗濯場で上・中・下と三個所に分けられ、汚れのひどいものから順に、下から上にて洗われたそうだ。

洗濯場(神島)

洗濯場(神島)

真上から見下ろすとこんな感じ。中央と下部は円形の水たまりであるが、上部は矩形でかなり広い。

洗濯場(神島)

洗濯場(神島)

 

そして、こちらは洗濯場の近くに建ち、洗濯場の案内板にも名前があった寺田さん宅だ。寺田さん宅の二階には、小説「潮騒」の取材のために神島を訪れた三島由紀夫が一ヶ月ほど滞在したとのこと。

寺田さん宅(神島)

寺田さん宅(神島)

さらに階段を登り、

寺田さん宅付近(神島)

寺田さん宅付近(神島)

左手を見ると寺田さん宅と八代神社の社叢の一部が見える。

寺田さん宅と八代神社の社叢(神島)

寺田さん宅と八代神社の社叢(神島)

 

階段を登り切った部分には近畿自然歩道の道標が立っている。

寺田さん宅付近の道標(神島)

寺田さん宅付近の道標(神島)

 

八代神社へ向かい水平路からフェンス越しに桂光院を遠望、

桂光院の遠望(神島)

桂光院の遠望(神島)

さらにズームでパチリ。

桂光院の遠望(神島)

桂光院の遠望(神島)

眼下にはカラフルな屋根の模様が広がっている。

八代神社付近からの眺望(神島)

八代神社付近からの眺望(神島)

 

そして振り返ると、目の前に建つ八代神社の社標はかなり劣化していて、表面の一部が崩れて落ちている。

八代神社(神島)

八代神社(神島)

八代神社の石段は鳥居の先に214段、ただし、その下には港から登ってくる道がありそこにも階段があった。私たちは水平路を経由して鳥居の前まで来たが、この道を利用すれば港から直登することもできるようだ。次回は直登ルートを試してみたい。と考えながら八代神社の鳥居と石段をパチリ。

八代神社(神島)

八代神社(神島)

(注: 現場では直登できると思ったが、地図で確認したところ港からまっすぐには登れなかった。)

 

鳥居前の左手には設置された説明板を確認してから

八代神社の説明板(神島)

八代神社の説明板(神島)

鳥居をくぐって石段を登り始めた。

石段の途中で振り返るとこの風景、

八代神社からの眺望(神島)

八代神社からの眺望(神島)

さらに石段を登り、振り返ってパチリ。この石段、かなり急勾配だ。

八代神社(神島)

八代神社(神島)

 

石段を登り終えるとそこには狛犬が待っている。

八代神社(神島)

八代神社(神島)

以前は独特な顔つきの狛犬が設置されていたが、砂岩の劣化により昨年作り替えられた。その際、以前の狛犬の寄贈者である神島出身「山本春子」さんの名前を残すため、台座は残されたとのこと。

 

狛犬から右方向へ石垣を巻くように進むと

八代神社(神島)

八代神社(神島)

手水舎がある。ここで心身を清め、

八代神社(神島)

八代神社(神島)

手水舎の右手にある鳥居をくぐると急な石段の先が八代神社だ。

八代神社(神島)

八代神社(神島)

 

拝殿の下で「ゲーター祭」の説明があった。

八代神社(神島)

八代神社(神島)

祭神の筆頭は『海の神』である綿津見命。漁業を主な生業とする島でお祀りするにはもっとも相応しい神様だ。

八代神社(神島)

八代神社(神島)

「ゲーター祭」とは

元旦の未明に行われる八代神社の神事で、夜明け前にグミの木で太陽をかたどった直径2m程の白い輪(アワ)を島中の男たちが竹で刺し上げ、落とします。
「天に二つの日輪なく、地に二皇あるときは世に災いを招く、若し日輪二つあるときは、神に誓って偽りの日輪は是の如く突き落とす」と、邪悪を払い、無事平穏な新しい年の日の出を迎える願いを込めた戦いの祭りです。
【県指定文化財】 ※昭和52年3月28日指定

鳥羽市観光情報サイト(ゲーター祭、神島) より引用

 

ガイドさんは私たちを拝殿から本殿前へと招き入れ、本殿の右側に立て掛けられている「アワ」を紹介してくれた。

八代神社(神島)

八代神社(神島)

本殿の右側、御垣越しにうっすらと白い輪が見える。これが「アワ」、

御垣内に「アワ」が置かれている八代神社(神島)

御垣内に「アワ」が置かれている八代神社(神島)

さらに、本殿の御垣の外、後ろ側の石垣には古びた「アワ」が立て掛けられていた。一世代前のものだろうか?

ゲーター祭で使われた「アワ」(八代神社、神島)

ゲーター祭で使われた「アワ」(八代神社、神島)

 

以上で、八代神社を後にし、この坂道を上った。階段だけではなく両側がスロープになっているのはリヤカーなどを利用するためか?

八代神社から神島灯台への上り坂(神島)

八代神社から神島灯台への上り坂(神島)

 

坂道を上りきり、島の北側の水平路を進むと

八代神社から神島灯台へ(神島)

八代神社から神島灯台へ(神島)

一人用の橋がある。この上を歩くと橋がしなり、上下に揺れた。

八代神社から神島灯台へ(神島)

八代神社から神島灯台へ(神島)

そして、その先には伊良湖岬が見える。

大型船を回避する伊勢湾フェリー(伊良湖水道)

大型船を回避する伊勢湾フェリー(伊良湖水道)

ここは伊良湖水道で船舶の航行数がかなり多い。水道を横切る伊勢湾フェリーは大型船を回避するように進んでいった。フェリーがあんなに小さく見える。

大型船を回避する伊勢湾フェリー(伊良湖水道)

大型船を回避する伊勢湾フェリー(伊良湖水道)

 

さらに進むと

八代神社から神島灯台へ(神島)

八代神社から神島灯台へ(神島)

神島灯台の門があり、

神島灯台の門

神島灯台の門

その先には石段の上に神島灯台が見える。

神島灯台

神島灯台

石段下にはこの説明板がある。

神島灯台の説明板

神島灯台の説明板

この近くに石で組まれた桝があり二本の側溝から雨水が流れ込むようになっていて、桝に流れ込んだ水は海側へ抜けるようになっている。

神島灯台への階段下にある側溝と石詰みの集水桝

神島灯台への階段下にある側溝と石詰みの集水桝

 

石段を登ると

神島灯台への石段

神島灯台への石段

神島灯台。

神島灯台

神島灯台

 

灯台の前には「恋人の聖地」のプレートがあった。

恋人の聖地(神島灯台)

恋人の聖地(神島灯台)

そして少し離れた海側に神島灯台の案内板がある。

神島灯台の説明板

神島灯台の説明板

 

神島灯台の前には、

神島灯台

神島灯台

伊良湖水道が走る。

伊良湖水道と伊良湖岬、渥美半島

伊良湖水道と伊良湖岬、渥美半島

伊良湖水道は 緑色のブイと赤色のブイの間。

緑色ブイと赤色ブイの間が伊良湖水道

緑色ブイと赤色ブイの間が伊良湖水道

 

神島灯台を後にすると監的哨を目指して遊歩道を進んだ。ここからは少し上り、

神島灯台から監的哨への遊歩道(神島)

神島灯台から監的哨への遊歩道(神島)

途中で、「海上保安庁第二号柱」を発見。

海上保安庁第二号柱(神島)

海上保安庁第二号柱(神島)

少し登ると

神島灯台から監的哨への遊歩道(神島)

神島灯台から監的哨への遊歩道(神島)

 

空にひらひらと数匹のアサギマダラの姿が見えたがそのまま姿を消してしまった。

すると、虫捕り網を手にした男性が現れた。パークボランティアの方が「先生」と呼んでいた男性の手には既にマーキングされたアサギマダラ。わざわざ私たちに見せてくださるために捕獲されたようだった。(感謝)

マーキングされたアサギマダラ(神島)

マーキングされたアサギマダラ(神島)

このアサギマダラは我々が観察し、写真を撮り終えた時点でリリースされた。

リリースされるアサギマダラ(神島)

リリースされるアサギマダラ(神島)

これから一ヶ月ほどかけて沖縄の方まで飛んでゆくそうだ。

その後私が見つけたのがこちら。ズームで撮影したものをトリムした。

アサギマダラ(神島)

アサギマダラ(神島)

 

先生にお礼の述べてこの場を後にすると、アサギマダラの姿を探しながら監的哨へ向かった。

神島灯台から監的哨への遊歩道(神島)

神島灯台から監的哨への遊歩道(神島)

 

ほどなく監的哨へ到着するとそこには「陸軍用」と刻された石柱が残されていた。

陸軍用と刻された石柱と監的哨(神島)

陸軍用と刻された石柱と監的哨(神島)

説明板のところでもパチリ。

説明板と監的哨(神島)

説明板と監的哨(神島)

監的哨は三島由紀夫の小説『潮騒』のクライマックス(海女の初江と漁師の新治がたき火を挟んで互いの愛を確かめ合うシーン)に登場する建物で、実際には旧陸軍の施設で伊良湖から発射された砲弾の着弾点を確認するための建物とのこと。

監的哨(神島)

監的哨(神島)

一階部分に耐震の問題があり現在は立ち入りできないが、鳥羽市は耐震補強と改修工事の予算を確保したので今後工事が進められる予定で、来年の4月には立入禁止が解除される可能性がある。

監的哨前の陸軍用地と刻された石柱(神島)

監的哨前の陸軍用地と刻された石柱(神島)

【参考】 神島「監的哨」 耐震、改修工事へ : 教育・文化 : 中部発 : YOMIURI

 

中へは入れないので、外部からパチリ、パチリ。

監的哨(神島)

監的哨(神島)

監的哨(神島)

監的哨(神島)

これも建物の外側からパチリ。

監的哨の窓から見える風景(神島)

監的哨の窓から見える風景(神島)

 

監的哨を背にすると進行方向左側に岬が見えた。弁天岬だ。

監的哨付近から望む弁天岬(神島)

監的哨付近から望む弁天岬(神島)

この後、遊歩道はどんどん下る。

監的哨からニワの浜への遊歩道(神島)

監的哨からニワの浜への遊歩道(神島)

風景を楽しみながらも

監的哨からニワの浜への遊歩道からの風景(神島)

監的哨からニワの浜への遊歩道からの風景(神島)

監的哨からニワの浜への遊歩道(神島)

監的哨からニワの浜への遊歩道(神島)

下りに下った。途中で振り返ってパチリ。ここを登るのは大変そうだ。

監的哨からニワの浜への遊歩道(神島)

監的哨からニワの浜への遊歩道(神島)

そして、さらに下ると

監的哨からニワの浜への遊歩道(神島)

監的哨からニワの浜への遊歩道(神島)

前方が開けた。そこは神島小学校・中学校のグラウンドだ。

神島小学校・中学校のグラウンド

神島小学校・中学校のグラウンド

左へ向かうと道標があり、

カルスト地形付近の道標(神島)

カルスト地形付近の道標(神島)

その前には丸太で組まれた防風壁?が立っている。

丸太で組まれた防風壁?(神島)

丸太で組まれた防風壁?(神島)

その向こう側には神島小学校・中学校。

神島小学校・中学校

神島小学校・中学校

 

そして、先ほどの道標の反対側はこの風景だ。左側がカルスト地形、右下がニワの浜。

カルスト地形とニワの浜(神島)

カルスト地形とニワの浜(神島)

少し浜側へ回り込んで、カルスト地形をパチリ。

カルスト地形(神島)

カルスト地形(神島)

 

ニワの浜はここからかなり下った場所であるため、今回は踏みしめることができなかった。そのため、せめて案内板だけでもパチリ。

ニワの浜の説明板(神島)

ニワの浜の説明板(神島)

 

ここまで来ると神島の名所をめぐり終えた感じだった。この後は神島港を目指してひたすら歩いた。

ニワの浜付近(神島)

ニワの浜付近(神島)

弁天岬を左側に遠望しつつ、

弁天岬の遠望(神島)

弁天岬の遠望(神島)

八畳岩を通り過ぎた。

八畳岩(神島)

八畳岩(神島)

八畳岩付近(神島)

八畳岩付近(神島)

 

その先に分岐があり、この案内板が立っていた。

「通学路から港へ」の案内板

「通学路から港へ」の案内板

私たちは「通学路から港へ」に従い右側の道を進んだが、ここを左へ向かい古里の浜へ向かうと登りの山道の取り付きが分かりにくいそうだ。(注意が必要)

ここでは、「通学路から港へ」の案内板に従うのが無難だろう。

後は道なりに進み、

NTT DOCOMO 鳥羽神島無線局

NTT DOCOMO 鳥羽神島無線局

NTT DOCOMO 鳥羽神島無線局の前を通り、

NTT DOCOMO 鳥羽神島無線局

NTT DOCOMO 鳥羽神島無線局

電柱 第272号を過ぎた。

電柱 第272号(神島)

電柱 第272号(神島)

 

そろそろ、神島(漁)港が見える場所で空を見上げると、もしかしたら「サシバ」?

サシバ?(神島)

サシバ?(神島)

 

最後の坂を下る途中で、左手に見える島(小築海島)をパチリ。

小築海島の遠望(神島)

小築海島の遠望(神島)

 

やっと港に着いて最初に目に入ったのがこの車両、荷台にあるのは綱を巻くための仕組みのようだが・・・???

網を引く綱を巻き上げる装置?(神島)

網を引く綱を巻き上げる装置?(神島)

 

さらに、その向かいにはこの建物。

中部電力神島発電所

中部電力神島発電所

近づくと「中部電力 神島発電所」、発電所だ。しかも「松阪電力所」とある。

中部電力神島発電所

中部電力神島発電所

上部には煙突、この他にももう一本別の煙突が立っていた。

中部電力神島発電所

中部電力神島発電所

 

一度は開発総合センターへ戻り、アンケートに答えたところ後は自由に乗船となった。ここで流れ解散だ。桟橋へ向かうと既に定期船が停泊していた。

神島桟橋

神島桟橋

 

出航まで30分ほど時間があったので、昼食の時に食べた「とばーがー」を思いだし、発売元である山海荘を確認しておこうと開発総合センターへ戻った。ここには山海荘の看板があったので、矢印を確認すると、

山海荘の看板(神島)

山海荘の看板(神島)

前方に見えたのがこちら。

山海荘(神島)

山海荘(神島)

すぐ近くだったので、路地を進み山海荘の入口をパチリ。

山海荘(神島)

山海荘(神島)

窓には、「とばーがー」のポスターが貼られていた。

山海荘に貼られていた「とばーがー」のポスター(神島)

山海荘に貼られていた「とばーがー」のポスター(神島)

 

まだ、時間に余裕があったので坂道を登ると「神島ウォーク」の出発直後に八代神社付近から遠望した桂光院に到着した。

桂光院(神島)

桂光院(神島)

桂光院の先から見下ろしてパチリ。土塀の瓦の漆喰が印象的だった。

桂光院付近からの眺望(神島)

桂光院付近からの眺望(神島)

 

ここから細い路地を散策した後 下る途中で神島のネコにであった。私が近づいても微動だにしない。堂々としたネコ、左耳に傷があった。

神島のネコ

神島のネコ

この後、坂道を下り桟橋へ急ぎ、帰りの定期船に乗り込んだ。

 

 【 20121013 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です