神嘗祭 由貴大御饌(内宮)準備ほか

2010年10月16日(土) 神嘗祭 由貴大御饌(内宮)準備ほか (自転車、徒歩)

神嘗祭 奉幣の儀(外宮)、初穂曳(内宮領川曳)の見学に引き続き、内宮を散策していたところ、神嘗祭全般、由貴大御饌に関わる発見があった。

【参考】

初穂曳の初穂が五丈殿で奉納されるのを見学するため、参道を進んだ。

内宮参道を手水舎へ

内宮参道を手水舎へ

斎館の前には、提灯が掛けられていた。

斎館(内宮)の前

斎館(内宮)の前

斎館(内宮)の前

斎館(内宮)の前

滝祭神へ参拝しようとすると、

松明(しょうみょう) 滝祭神にて

松明(しょうみょう) 滝祭神にて

見慣れないものが置かれていた。

松明(しょうみょう) 滝祭神にて

松明(しょうみょう) 滝祭神にて

松明(しょうみょう) 滝祭神にて

松明(しょうみょう) 滝祭神にて

これは外宮で衛士さんに教えてもらった松明(しょうみょう)に間違いないだろう。細く割られた竹が束ねられているようだ。長さも2m近い。

松明(しょうみょう) 滝祭神にて

松明(しょうみょう) 滝祭神にて

さらに、四至神に参拝すると、目の前に先ほど見かけた松明(しょうみょう)と同じものが準備されている。忌火屋殿の前の祓所は由貴大御饌で重要な場所だろう。

松明(しょうみょう) 四至神と忌火屋殿前の祓所との間にて

松明(しょうみょう) 四至神と忌火屋殿前の祓所との間にて

真っ暗なこの場所で、松明(しょうみょう)が焚かれ厳かなお祓いがなされる場面を想像してみた。一度は拝観してみたいものだ。なんとかできないのかな?

忌火屋殿

忌火屋殿

松明(しょうみょう)はこの様に準備されていた。

松明(しょうみょう) 四至神と忌火屋殿前の祓所との間にて

松明(しょうみょう) 四至神と忌火屋殿前の祓所との間にて

松明(しょうみょう) 四至神と忌火屋殿前の祓所との間にて

松明(しょうみょう) 四至神と忌火屋殿前の祓所との間にて

順次火が燃え移るためにか?松明(しょうみょう)の先端はあえて揃えられていない。

松明(しょうみょう) 四至神と忌火屋殿前の祓所との間にて

松明(しょうみょう) 四至神と忌火屋殿前の祓所との間にて

今回は御正宮へは回らずに、荒祭宮へ向かった。参道の途中にある御稲御倉に参拝した後、忌火屋殿の方を見ると、

御稲御倉

御稲御倉

忌火屋殿の裏手には案(机)などが準備されていた。

御稲御倉の横から忌火屋殿の方を

御稲御倉の横から忌火屋殿の方を

忌火屋殿の裏手

忌火屋殿の裏手

忌火屋殿の裏手

忌火屋殿の裏手

忌火屋殿の裏手

忌火屋殿の裏手

忌火屋殿の裏手

忌火屋殿の裏手

外幣殿を越え、荒祭宮へ向かった。

荒祭宮への参道から御正宮の新御敷地の空を

荒祭宮への参道から御正宮の新御敷地の空を

荒祭宮へ下る石段にも提灯が掛けられていた。

荒祭宮へ向かう下り石段

荒祭宮へ向かう下り石段

荒祭宮でも松明(しょうみょう)が準備されていた。

荒祭宮

荒祭宮

荒祭宮

荒祭宮

松明(しょうみょう) 荒祭宮にて

松明(しょうみょう) 荒祭宮にて

松明(しょうみょう) 荒祭宮にて

松明(しょうみょう) 荒祭宮にて

松明(しょうみょう) 荒祭宮にて

松明(しょうみょう) 荒祭宮にて

神嘗祭とはまったく関係ないが、社殿手前右手の木には太いワイヤーが固定され、一方が地中に、もう一方はへ天へと伸びている。

避雷針? 荒祭宮にて

避雷針? 荒祭宮にて

避雷針? 荒祭宮にて

避雷針? 荒祭宮にて

荒祭宮への参拝を終え、忌火屋殿の近くまで来ると、ちょうど初穂の奉納で使われた案が片付けられるところだった。

忌火屋殿の裏手

忌火屋殿の裏手

御酒殿、由貴御倉、もう一度四至神に参拝し、風日祈宮へと向かった。

最近掛け替えられた風日祈宮橋を渡ると、太陽が風日祈宮の天頂にあった。

【参考】 風日祈宮橋渡始式

風日祈宮

風日祈宮

風日祈宮

風日祈宮

風日祈宮

風日祈宮

風日祈宮

風日祈宮

風日祈宮

風日祈宮

風日祈宮ではすぐ近くに御垣を見えるので、奉納されている稲穂をパチリ。

風日祈宮

風日祈宮

この後はおとなしく帰路についたが、御厩の近くにある火除橋のところで、次の光景に出会いパチリ。

火除橋のほとり

火除橋のほとり

火除橋のほとり

火除橋のほとり

火除橋のほとり

火除橋のほとり

火除橋のほとり

火除橋のほとり

火除橋のほとり

火除橋のほとり

今日は、神嘗祭 由貴大御饌に望む準備万端の状況を見ることができた。さすがに神嘗祭は神宮の最重儀だけある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*