お白石持行事 特別神領民 内宮奉献サポートを終えての内宮参拝

2013年08月12日(月) お白石持行事 特別神領民 内宮奉献サポートを終えての内宮参拝 (徒歩)

本日で特別神領民も含め、第62回神宮式年遷宮 お白石持行事 内宮奉献は終了した。

特別神領民の奉献をサポートするボランティア活動を終了してから内宮を参拝することにした。今日はサポートボランティアにもお白石を奉献する機会が得られ私も奉献を済ませたのでその感動を再び・・との思いもあり・・・。

昼食を終えると特別神領民と同じ白法被(背中に伊勢の文字)を着たままで宇治橋の鳥居をくぐった。

宇治橋前(内宮)

宇治橋前(内宮)

宇治橋を渡る途中、五十鈴川の上流側をパチリ。

宇治橋から望む五十鈴川の上流側

宇治橋から望む五十鈴川の上流側

水量が少ない。そりゃそうだ、最近雨が降っていない・・・。

宇治橋から望む五十鈴川の上流側

宇治橋から望む五十鈴川の上流側

宇治橋を渡ると神苑前に、ここにある常夜燈の笠部分には銅板が張られている。これは注目ポイントだ。(と後で気づいた。この先の常夜燈にも注目を・・・)

神苑付近(内宮)

神苑付近(内宮)

そして、この先にあるのが仮手水所。お白石持行事のために設置された仮設の手水所だ。

お白石持行事のために仮設された手水所(内宮)

お白石持行事のために仮設された手水所(内宮)

 

さらにその先右手には奉献団お白石渡し場所がある。(あった)

奉献団お白石渡し場所(内宮)

奉献団お白石渡し場所(内宮)

こちらが特別神領民のための場所。私もここでお白石を受け取った。

特別神領民のためのお白石渡し場所(内宮)

特別神領民のためのお白石渡し場所(内宮)

そしてこちらは地元奉献団のためのお白石受け取り場所。77奉献団が交代で利用したため立札に名前はない。

地元奉献団のためのお白石渡し場所(内宮)

地元奉献団のためのお白石渡し場所(内宮)

 

火除橋を渡ると右手にあるのが

火除橋(内宮)

火除橋(内宮)

手水舎。新しくなっている。

手水舎(内宮)屋根が葺き替えられた手水舎(内宮)

屋根が葺き替えられた手水舎(内宮)

どうも屋根が修繕、葺き替えられたようだ。柿葺か。

屋根が葺き替えられた手水舎(内宮)

屋根が葺き替えられた手水舎(内宮)

屋根が葺き替えられた手水舎(内宮)

屋根が葺き替えられた手水舎(内宮)

 

第一鳥居をくぐると

第一鳥居(内宮)

第一鳥居(内宮)

 

その左手には斎館の御門がある。

板塀が造替された斎館(内宮)

板塀が造替された斎館(内宮)

門の左右の板塀が新しくなっていた。

造替された斎館の板塀(内宮)

造替された斎館の板塀(内宮)

御手洗場へ向かうと五十鈴川の水量は少なめだが、とても澄んでいた。

御手洗場(内宮)

御手洗場(内宮)

今日も暑く、誰もが思わず手を・・・・。

御手洗場(内宮)

御手洗場(内宮)

 

まずは瀧祭神にお参りした。

瀧祭神(内宮)

瀧祭神(内宮)

 

御正宮へ向かうべき所だが、瀧祭神の脇の細い参道を先へ進み、風日祈宮橋を渡った。

風日祈宮橋(内宮)

風日祈宮橋(内宮)

風日祈宮をパチリ。

風日祈宮

風日祈宮

風日祈宮にお参りしてからもパチリ。

風日祈宮

風日祈宮

この常夜燈に注目。

風日祈宮付近

風日祈宮付近

お参りを終えて、風日祈宮橋を渡り返す際、島路川の上流を確認したところここも水が少ない。

風日祈宮橋から望む島路川の上流側(内宮)

風日祈宮橋から望む島路川の上流側(内宮)

 

風日祈宮橋を渡り終えると第二鳥居をくぐるために正面へは向かわず

風日祈宮橋から神札授与所への参道(内宮)

風日祈宮橋から神札授与所への参道(内宮)

来た道を少し戻ってから右手に伸びる参道を進み、第二鳥居の前へ出た。常夜燈を第二鳥居をパチリ。この常夜燈にも注目。

第二鳥居付近(内宮)

第二鳥居付近(内宮)

多くの参拝者が第二鳥居をくぐっていった。

第二鳥居(内宮)

第二鳥居(内宮)

ここだけ日差しがあったのでパチリ。

第二鳥居(内宮)

第二鳥居(内宮)

 

神札授与所、神楽殿を左手に見ながら進むと忌火屋殿が造替中だった。もしかすると修繕?

造替中の忌火屋殿(内宮)

造替中の忌火屋殿(内宮)

張り替えられた新しい屋根が工事用のシートから透けて見えていた。

造替中の忌火屋殿(内宮)

造替中の忌火屋殿(内宮)

忌火屋殿を後にすると御正宮への参道を進んだ。

造替中の忌火屋殿(内宮)

造替中の忌火屋殿(内宮)

 

先ほどお白石を奉献した新宮の石階下には新しい御贄調舎。

新造された御贄調舎(内宮)

新造された御贄調舎(内宮)

その奥(南側)には豊受大御神の神座が見られる。

新造された御贄調舎(内宮)

新造された御贄調舎(内宮)

 

そして、御贄調舎の前に見えるのが新宮。本日お白石奉献が終了した。

私もお白石の奉献を終えた新宮(内宮)

私もお白石の奉献を終えた新宮(内宮)

 

現在の御正宮へ向かうと新しい常夜燈と現在の御贄調舎。

現行の御贄調舎(内宮)

現行の御贄調舎(内宮)

参拝者が多く石階の中腹まで列んでいたため私は石階下で遥拝。すると、車椅子に腰かけた男性から声を掛けられた。どうも私が着ている法被で過去の記憶が蘇ったそうだ。

 

御正宮から折り返す際、改めて新宮をパチリ・・・。

私もお白石の奉献を終えた新宮(内宮)

私もお白石の奉献を終えた新宮(内宮)

私もお白石の奉献を終えた新宮(内宮)

私もお白石の奉献を終えた新宮(内宮)

私もお白石の奉献を終えた新宮(内宮)

私もお白石の奉献を終えた新宮(内宮)

 

この案内札「お白石奉献参入口」も取り外されるのだろう。

「お白石奉献参入口」の案内札(内宮)

「お白石奉献参入口」の案内札(内宮)

 

別宮遥拝所前を右へ曲がり、

「別宮 荒祭宮」の案内板(内宮)

「別宮 荒祭宮」の案内板(内宮)

まずは造替された御稲御倉にお参りした。

御稲御倉(内宮)

御稲御倉(内宮)

とても新しい。以前、造替された饗土橋姫神社を見たときに近い感動。

造替された御稲御倉(内宮)

造替された御稲御倉(内宮)

造替された御稲御倉(内宮)

造替された御稲御倉(内宮)

造替された御稲御倉(内宮)

造替された御稲御倉(内宮)

造替された御稲御倉(内宮)

造替された御稲御倉(内宮)

造替された御稲御倉と造替中の忌火屋殿(内宮)

造替された御稲御倉と造替中の忌火屋殿(内宮)

 

そしてこちらは外幣殿。こちらには神様はみえないが・・。

造替された外幣殿(内宮)

造替された外幣殿(内宮)

 

外幣殿の先、新宮の板垣のこの辺では、特別神領民の方に「お疲れさまでした。足元にご注意ください。」と何度も声を掛けた場所だ。皆さんの顔を見ながら、何回声を掛けただろう。何千回?

新宮の板垣と板垣北御門(内宮)

新宮の板垣と板垣北御門(内宮)

そして、こちらが私も通り抜けた新宮の板垣北御門。あの感動が蘇った。

新宮の板垣北御門(内宮)

新宮の板垣北御門(内宮)

 

新宮の板垣北御門前にある石階を下るとその下には荒祭宮。

現行の荒祭宮と新造された殿舎

現行の荒祭宮と新造された殿舎

右手にある新御敷地には新宮が・・・、パノラマで。

現行の荒祭宮(左)と新造された殿舎(右)のパノラマ

現行の荒祭宮(左)と新造された殿舎(右)のパノラマ

 

荒祭宮からメインの参道へ戻る途中、右手にある御酒殿、

御酒殿(内宮)

御酒殿(内宮)

および由貴御倉にお参りした。

由貴御倉(内宮)

由貴御倉(内宮)

ここでもパノラマをパーーチリ。四至神も写したはずだったが写っていなかった。(残念)

御酒殿、由貴御倉→ (内宮)

御酒殿、由貴御倉→ (内宮)

 

四至神(みやのめぐりのかみ)にお参りしていると後方から声が聞こえた。

四至神(内宮)

四至神(内宮)

その声の主は女性。「これは何ですか?」 聞きなれないイントネーションだった。

まず、四至神について説明したところ、新宮についての質問があった。「どこからお越しですか?」と逆に質問したところ、「ベトナム」とのこと。えぇ「めちゃくちゃ、日本語がうまいですね!」と言ってしまった。

その後、式年遷宮、お白石持ち、常若思想、御用材の下賜(リユース)などについて説明した。ベトナムの方に、しかも日本語でこんな話題を説明している自分、こんな説明を理解してくれるベトナムの方、とても不思議でとても有意義な時間だった。もっとも彼らは「八百万の神」を理解していた。

ベトナムについてほとんど知識がない自分が恥ずかしかった。恐縮しながら日本語がペラペラなベトナム人のカップルを見送った。

日本語がペラペラなベトナム人カップルを見送る(内宮にて)

日本語がペラペラなベトナム人カップルを見送る(内宮にて)

 

その後大山祗神社、子安神社へ向かいお参りした。

子安神社、大山祗神社(内宮)

子安神社、大山祗神社(内宮)

大山祗神社(内宮)

大山祗神社(内宮)

子安神社(内宮)

子安神社(内宮)

 

お参りを終えると神宮司廳へ立ち寄り、「お伊勢さんの広報誌 瑞垣」をいただいてから宇治橋へ戻った。

宇治橋東詰(内宮)

宇治橋東詰(内宮)

宇治橋を渡る前に五十鈴川を確認したところ水面が見えなかった。

宇治橋と干上がった五十鈴川

宇治橋と干上がった五十鈴川

 

【 20130812 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*