マコンデ美術館・再訪

2010年12月11日(土) マコンデ美術館・再訪 (車)

先週に引き続き今週もマコンデ美術館を訪問した。今回は「キタヰの妻」を引き連れての訪問であった。

【参考】 先週の記録は、 マコンデ美術館

今回は2度目だったので建物の入口をじっくりと見ることができた。

マコンデ美術館

マコンデ美術館

マコンデ美術館

マコンデ美術館

まずは順路に従い、1F展示室から

マコンデ美術館 1F展示室

マコンデ美術館 1F展示室

やはり、この「荷物を持った収穫のウジャマ」が気になる。

荷物を持った収穫のウジャマ

荷物を持った収穫のウジャマ

今回は原木の活かし方に注目すると、この口の中は、

マコンデ美術館 1F展示室

マコンデ美術館 1F展示室

荒々しい雰囲気を残している。

マコンデ美術館 1F展示室

マコンデ美術館 1F展示室

「果物篭を担いだ男」が原木とはあまり関係が無いかもしれないが、

果物篭を担いだ男

果物篭を担いだ男

果物篭を担いだ男

果物篭を担いだ男

この背中がやけに気に入った。彫刻はあらゆる方向で見え方が変わるのが面白い。

果物篭を担いだ男

果物篭を担いだ男

これはウジャマ彫刻の一つだが、中心が割れていて穴があいている。

【参考】 ウジャマ彫刻については先週の記録、マコンデ美術館

マコンデ美術館 1F展示室

マコンデ美術館 1F展示室

割れた原木を利用しているようだが、裂け目の奥まで細工が施されている。

マコンデ美術館 1F展示室

マコンデ美術館 1F展示室

マコンデ美術館 1F展示室

マコンデ美術館 1F展示室

「舌を出したギョロ目のシェタニ」も後頭部(?)が黒檀では無い。

舌を出したギョロ目のシェタニ

舌を出したギョロ目のシェタニ

舌を出したギョロ目のシェタニ

舌を出したギョロ目のシェタニ

舌を出したギョロ目のシェタニ

舌を出したギョロ目のシェタニ

2Fへ上がると、この彫刻、曲がった原木の形状を利用したスパイラルのような彫刻だ。

マコンデ美術館 2F展示室

マコンデ美術館 2F展示室

マコンデ美術館 2F展示室

マコンデ美術館 2F展示室

マコンデ美術館 2F展示室

マコンデ美術館 2F展示室

これは原木とはまったく関係ないが、パチリ、パチリ。

マコンデ美術館 2F展示室

マコンデ美術館 2F展示室

マコンデ美術館 2F展示室

マコンデ美術館 2F展示室

原木に戻り、これは木の根をそのまま利用し、先端のみを加工したものだ。今にも動き出しそうな生命感がある。

マコンデ美術館 2F展示室

マコンデ美術館 2F展示室

マコンデ美術館 2F展示室

マコンデ美術館 2F展示室

最後はシェタニ彫刻。

マコンデ美術館 2F展示室

マコンデ美術館 2F展示室

少し不気味だが・・・

マコンデ美術館 2F展示室

マコンデ美術館 2F展示室

「キタヰの妻」もこの美術館には満足したようであった。もっと多くの人に見て欲しい。

マコンデ美術館を出て振り返ると、トップに何かが付いている。

マコンデ美術館

マコンデ美術館

これは何だろうか? 次回の訪問時に館長に聞いてみよう。

マコンデ美術館

マコンデ美術館

このあとは、おかげ横丁にあるおかげ座へ向かった。

【参考】 2010年12月11日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*