汗かき地蔵尊、薬師堂ほか(志摩市大王町)

2013年03月16日(土) 汗かき地蔵尊、薬師堂ほか(志摩市大王町) (車、徒歩)

絵かきの町・大王町の散策にて大慈寺の『てんれい桜』を楽しんだ後、汗かき地蔵尊へ向かった。

石段を登ると

汗かき地蔵、薬師如来ほか(志摩市大王町)汗かき地蔵尊、薬師堂ほか(志摩市大王町)

汗かき地蔵尊、薬師堂ほか(志摩市大王町)

そこには、宝篋印塔と汗かき地蔵尊。

宝篋印塔と汗かき地蔵尊(志摩市大王町)

宝篋印塔と汗かき地蔵尊(志摩市大王町)

こちらが、汗かき地蔵尊。

汗かき地蔵尊(志摩市大王町)

汗かき地蔵尊(志摩市大王町)

汗かき地蔵尊(志摩市大王町)

汗かき地蔵尊(志摩市大王町)

汗かき地蔵尊(志摩市大王町)

汗かき地蔵尊(志摩市大王町)

「汗かき地蔵」の説明板(志摩市大王町)

「汗かき地蔵」の説明板(志摩市大王町)

汗かき地蔵
鎌倉時代の頃、漁をしていた漁師惣左衛門の網に
同じ大石が三度も掛かってきたので不思議に思い、
持ち帰り浜辺に置いておきました。この石に無礼を
働くものがいると必ずその者に悪いことが起こるの
でした。そしてこの石は後になって尊像の形へと
変わっていったという伝説のお地蔵様です。
この地蔵尊には不思議な力が宿っています。
それは世の中に起こる良い出来事、悪い出来事を
汗を流し、その色によって告げるのです。
吉事が起こるときには喜んで白い汗をかき、
反対に悪いことが起きるときには人々に代わって
苦しみ、黒い汗を流すのです。江戸時代、志摩の
殿様が大病に罹り、この地蔵様を念ずると忽ち
全快しました。以来信仰はますます広まり、
また村民にも多くの霊験を授けました。今でも
吉凶があるたびに汗をかかれます。2月24日
の初縁日には町中にて盛大なお祭りが行われて
います。

 

そしてさらに境内の奥へ向かうと、

薬師堂、思案地蔵尊(志摩市大王町)

薬師堂、思案地蔵尊(志摩市大王町)

右手に思案地蔵尊。

思案地蔵尊(志摩市大王町)

思案地蔵尊(志摩市大王町)

思案地蔵尊(志摩市大王町)

思案地蔵尊(志摩市大王町)

御堂の中には地蔵真言を書いた紙が貼られている。

「思案地蔵尊」に貼られた地蔵真言(志摩市大王町)

「思案地蔵尊」に貼られた地蔵真言(志摩市大王町)

「オンカカカビ サンマ エイ ソワカ」

 

「思案地蔵」の説明板(志摩市大王町)

「思案地蔵」の説明板(志摩市大王町)

思案地蔵
このお地蔵様、変わったしぐさをしていますが、
実は悲劇が秘められた地蔵菩薩なのです。それは
天保元年(1830)に起こった波切騒動と呼ば
れるもので、大王島の沖で幕府の御城米を積んだ、
千石船が難破した事から端を発しました。翌日、
漁に出た村人が沈んだ船を発見し積み荷の米を
持ち帰りました。しばらくしてその事件を捜査に
来た幕府の役人達は夜更けに覆面をして村に
潜入したため、村人達は盗賊と間違えて役人達を
退治してしまいました。そうしたことで幕府は
庄屋や村人達十四人を処刑してしまいました。
事を哀れんだ村の和尚がほとぼりの冷めた頃、
地蔵尊を彫り、この騒動の犠牲者を弔ったと
伝えられています。

 

そして最奥には薬師堂がある。

薬師堂(志摩市大王町)

薬師堂(志摩市大王町)

薬師堂(志摩市大王町)

薬師堂(志摩市大王町)

薬師堂には薬師真言を書いた紙が貼られていた。

「薬師堂」に貼られた薬師真言(志摩市大王町)

「薬師堂」に貼られた薬師真言(志摩市大王町)

「オンコロコロ センタリマトオギ ソワカ」

 

「薬師堂」の説明板(志摩市大王町)

「薬師堂」の説明板(志摩市大王町)

薬師堂の左手には石階が見えた。

薬師堂の奥にある石階(志摩市大王町)

薬師堂の奥にある石階(志摩市大王町)

さらに左の奥へと進むと、そこにも石階が続いていた。

薬師堂のさらに奥にある石階(志摩市大王町)

薬師堂のさらに奥にある石階(志摩市大王町)

石階を登りつめるとそこには

鍾霊堂(志摩市大王町)

鍾霊堂(志摩市大王町)

鍾霊堂が建っていた。

鍾霊堂(志摩市大王町)

鍾霊堂(志摩市大王町)

 

ここからもう一つの石階の先へと向かおうとすると

鍾霊堂から厄除へ(志摩市大王町)

鍾霊堂から厄除へ(志摩市大王町)

左手に見えたのはこの風景だ。

鍾霊堂付近から望む薬師堂、思案地蔵尊の屋根(志摩市大王町)

鍾霊堂付近から望む薬師堂、思案地蔵尊の屋根(志摩市大王町)

 

別の石階の先はここへと通じていた。赤い鳥居が見える。

厄除の扁額が掛けられた鳥居(志摩市大王町)

厄除の扁額が掛けられた鳥居(志摩市大王町)

近づくと「厄除」の扁額が掛けられていた。

厄除の扁額が掛けられた鳥居(志摩市大王町)

厄除の扁額が掛けられた鳥居(志摩市大王町)

そして、その先には、祠と

厄除(志摩市大王町)

厄除(志摩市大王町)

その上には屋根が掛けられていた。ここは拝殿のようだ。

厄除の拝殿(志摩市大王町)

厄除の拝殿(志摩市大王町)

そして、この付近から右手を見下ろすと大慈寺の本堂および鐘楼の屋根が見えた。

役行者大権現付近から望む大慈寺の本堂および鐘楼の屋根(志摩市大王町)

役行者大権現付近から望む大慈寺の本堂および鐘楼の屋根(志摩市大王町)

先ほど、見上げた場所だ。すると大慈寺の塀、鐘楼越しに見えていた高台の建物はこの拝殿だったことになる。納得。

 

赤い鳥居をくぐり返すとその先には役行者大権現が・・・。

役行者大権現(志摩市大王町)

役行者大権現(志摩市大王町)

役行者大権現(志摩市大王町)

役行者大権現(志摩市大王町)

以上で境内を後にし、波切漁港へと戻った。

 

【 20130316 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です