お伊勢さん125社まいり(宮川めぐり)

2012年06月30日(土) お伊勢さん125社まいり(宮川めぐり) (徒歩)

お伊勢さん125社まいり(外宮めぐり) を終えると、本日の主目的である園相神社と川原神社にお参りするため、伊勢やすらぎ公園(墓地)方向へ歩き始めた。

ちなみに、園相神社と川原神社はお伊勢さん125社まいり(宮川めぐり)に分類している。そのため、この記録のタイトルは「伊勢さん125社まいり(宮川めぐり)」にした。

田上大水神社の社叢を出てから朝川の対岸へ渡り、伊勢やすらぎ公園(墓地)方向へ進むと山末神社から続く道路と合流する交差点が見える。その手前で朝川にかかる新旭橋を渡った。

新旭橋(朝川)

新旭橋(朝川)

ちなみに、朝川は御木本道路に架かる丸山橋付近で勢田川に合流する。

【参考】 勢田川の下流から源流へ

 

この後、伊勢やすらぎ公園へ上る坂道の入口を過ぎた。宮山小学校の近くのコンビニで昼食を購入しようと予定していたが、すでにコンビニは美容室に様変わりしていた。この先は津村町まで食べ物は調達できない。行動食である飴を頼りに黙々と歩き始めた。途中で追い抜いた女子中学生が「こんにちは!」と挨拶してくれた。こちらも元気よく「こんにちは!」と返した。がエネルギーは減少する一方だ。

緩やかな坂道を上り続けて前山橋付近までたどり着いた。

前山橋付近

前山橋付近

この付近は、養命の滝まで往復したことがある場所だ。

【参考】 宮川、外宮めぐり

 

すぐ近くに養命神社の鳥居は見えているが、ここでの寄り道は禁物と判断し、さらに坂を上った。そして上りきった場所にある交差点で信号待ちで空を見上げて、「何本?」 空には数え切れない程の電線が張りめぐらされている。「何じゃこれ~~」って感じだ。

前山公民館付近の交差点

前山公民館付近の交差点

 

その後の間近の目標は伊勢わくらばリゾート千の杜だ。ただし、そこまでも何度かのおおきな起伏が繰り返される。

前山公民館付近~千の杜の途中

前山公民館付近~千の杜の途中

道路脇の柿の実をパチリ。まだまだ3~4cmの大きさだ。

前山公民館付近~千の杜の途中

前山公民館付近~千の杜の途中

空腹に耐えながらも水分補給だけは怠らずに、とにかく歩き、伊勢自動車道をくぐると右手に池が見えた。池の中に自動車道の橋脚が立っている。もう少しで千の杜だ。

伊勢自動車道(千の杜付近)

伊勢自動車道(千の杜付近)

何とか間近の目標である千の杜をクリア。

伊勢かぐらばリゾート千の杜

伊勢かぐらばリゾート千の杜

 

この後、 園相神社までは遠くない。ただ、空腹が・・・。右側に伊勢自動車道、左側には田園風景を見ながら

千の杜~園相神社への途中

千の杜~園相神社への途中

千の杜~園相神社への途中

千の杜~園相神社への途中

歩道を黙々と歩くと

千の杜~園相神社への途中

千の杜~園相神社への途中

Y字路にたどり着いた。右へ行けば園相神社へ近い。

津村町交差点手前のY字路

津村町交差点手前のY字路

ただ、直進前方には津村町交差点の近くに「サークルK」の看板が見えた。数十m遠回りしてコンビニへよって昼食を調達するか、それとも近道で園相神社へ向かうか。葛藤があった。

津村町交差点付近のコンビニ

津村町交差点付近のコンビニ

 

ここでは数十mの遠回りを拒否してしまった。空腹に勝った訳ではない。何だったのだろう。ただ、足はY字路を右へ向かっていた。 ほどなく園相神社の社叢が見え、

園相神社の社叢

園相神社の社叢

足元には「神宮」の文字が刻された石柱があった。目の前が園相神社だ。

神宮の石柱(園相神社)

神宮の石柱(園相神社)

 

社域へ入り、

園相神社

園相神社

定札を左へ進むと

園相神社

園相神社

石段の先に参道が続く。

園相神社

園相神社

左手には紀州藩が建てたと言われる「禁殺生」の社標があり、

禁殺生の社標(園相神社)

禁殺生の社標(園相神社)

右手には「天保十一年子二月」と刻された手水石がある。

園相神社

園相神社

参道は奥深く、

園相神社

園相神社

乱立する木々により直進できないほどである。

園相神社

園相神社

 

園相神社

園相神社

木々を避けながら進むと前方に明るい空間が広がっている。

園相神社

園相神社

一部苔むす地帯をパチリ。

園相神社

園相神社

社標とともにパチリ。

園相神社

園相神社

皇大神宮の摂社である園相神社にお参りした。

園相神社

園相神社

さらに見上げてパチリ。

園相神社

園相神社

参道を戻るとこんな感じ。

園相神社

園相神社

社域を出る頃には雲の切れ目から日差しが復活していた。

園相神社

園相神社

 

園相神社を出ると車道ではなく、今まで歩いたことがない民家の間の細い道(多分、旧道)を進むと

旧道(園相神社付近)

旧道(園相神社付近)

道端に、神札(どこのものかは不明?)を固定した笹が立てられていた。

旧道(園相神社付近)

旧道(園相神社付近)

集落を抜け、左手に田園風景を見ながら伊勢自動車道をくぐってパチリ。

旧道(伊勢自動車道下)

旧道(伊勢自動車道下)

さらにその先で車道へ合流した。そこには宮本神社の社叢が見える。宮本神社は125社ではないが久しぶりなのでお参りすることにした。

宮本神社付近

宮本神社付近

道路を渡り、石階を上った。

宮本神社

宮本神社

鳥居をくぐり

宮本神社

宮本神社

手水舎にたどり着くとその奥には新しい木の色が見えたので

宮本神社

宮本神社

参道を急ぎ拝殿へ向かった。

宮本神社

宮本神社

賽銭箱も新しい、。その先の垣、

宮本神社

宮本神社

御垣の御門も新しい。

宮本神社

宮本神社

お参りを済ませると右側からパチリ。いつ頃建て替えられたのだろう。

宮本神社

宮本神社

金物はキラキラと美しいが、

宮本神社

宮本神社

なかでも、御錠がもっとも輝いている。

宮本神社

宮本神社

いいものを拝見した感慨を胸に宮本神社を後にした。

宮本神社

宮本神社

石階を下るとそのまままっすぐ歩いた。

 

道路が狭くなり、右へカーブするあたりで赤い鳥居の中へ吸い込まれた。石段を上がると左手に小さな社があり

稲荷神社(JP宮本郵便局近く)

稲荷神社(JP宮本郵便局近く)

その中には「伏見稲荷大社」の神札が供えられていた。

稲荷神社(JP宮本郵便局近く)

稲荷神社(JP宮本郵便局近く)

また、小さな社の周囲には多数の紫陽花が咲いていた。

稲荷神社(JP宮本郵便局近く)

稲荷神社(JP宮本郵便局近く)

お参りを終えて石段を下りるとこれだ。赤い鳥居は県道22号線の真横に建っている。目の前が道路で、車はビュンビュン走っていた。

稲荷神社(JP宮本郵便局近く)

稲荷神社(JP宮本郵便局近く)

鳥居を出て右側へ進むとほどなくJP宮本郵便局に着いた。

JP宮本郵便局

JP宮本郵便局

 

さらに佐八小学校のグランドを左手に見ながら進むと

伊勢市立佐八小学校

伊勢市立佐八小学校

佐八バス停のあたりで、佐八小学校の敷地の隅に「遺跡 藤波の里」の石柱を確認できる。

佐八バス停付近

佐八バス停付近

 

この後、神宮苗圃に寄り道、

神宮苗圃

神宮苗圃

そして懐かしい看板の前を進むと

県道22号線 神宮苗圃付近

県道22号線 神宮苗圃付近

右手に田園風景が広がり、石碑が見える。石碑は宮本村に貢献した土橋勇次郎翁の彰功碑とある。

土橋勇次郎翁彰功碑付近

土橋勇次郎翁彰功碑付近

石碑を目印に進むとその先に川原神社の社叢が見える。

土橋勇次郎翁彰功碑付近

土橋勇次郎翁彰功碑付近

田んぼ道からもパチリ。

川原神社の遠望

川原神社の遠望

今日の主目的の達成が近づいている。

土橋勇次郎翁彰功碑付近から川原神社へ

土橋勇次郎翁彰功碑付近から川原神社へ

 

ようやく、皇大神宮摂社である川原神社へ到着した。

川原神社の社叢

川原神社の社叢

社域へ入ると

川原神社

川原神社

左へカーブする参道の先に

川原神社

川原神社

殿舎が見える。

川原神社

川原神社

見上げてパチリ。

川原神社

川原神社

こちらでお参りした。

川原神社

川原神社

新御敷地の隅からもパチリ。

川原神社

川原神社

そして、足元にはなぜか水準のピンが打たれていた。何の水準点なのだろう?

川原神社

川原神社

社域を出ると、

川原神社

川原神社

前面には田園風景が広がっている。

川原神社からの風景

川原神社からの風景

県道22号線へ出てから川原神社の社叢をパチリ。

県道22号線から望む川原神社の社叢

県道22号線から望む川原神社の社叢

ちなみに以前はここにパチンコ店の建物があった。

【参考】 宮川、外宮めぐり

 

【 20120630の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です