御塩の護送(2012年03月)

2012年03月10日(土) 御塩の護送(2012年03月) (車、徒歩)

神宮の祭典や修祓等で使用される御塩は、伊勢市二見町にある御塩殿にて荒塩が焼き固められて堅塩とされ、これらは外宮斎館へ護送される。

一昨日、御塩殿を訪問した際、今回焼き固められる堅塩100個の内、最初の3日間で奉製される60個が本日護送されることを知った。

【参考】 御塩焼固(2012年03月)

御塩の護送を拝観するため、8時頃に御塩殿神社へ到着した。

御塩殿神社

御塩殿神社

 

参拝を終えると、隣の御塩殿を覗くと、御塩焼固の奉仕者である喜多井さんが準備をされていた。

御塩殿

御塩殿

御塩殿

御塩殿

 

護送のために神宮の方が御塩殿へ到着するのは8時半頃とのことなので、しばらく御塩殿の周辺の雰囲気を楽しんだ。

御塩殿

御塩殿

昨日の雨は上がったが、空に雲がはりつめ太陽は望めなかった。

御塩殿付近

御塩殿付近

 

そんななか、喜多井さんは日課でもある清掃を黙々と・・・

御塩殿

御塩殿

 

私は本日護送される御塩(堅塩)を確認するために御塩殿へ戻った。

堅塩(御塩殿)

堅塩(御塩殿)

手前の60個 (横方向に6、奥行き方向に10で、6×10=60個)

堅塩(御塩殿)

堅塩(御塩殿)

 

しばらくすると参道の方から声が聞こえてきた。

御塩殿

御塩殿

喜多井さんが参道の清掃を終える頃、御塩護送のための辛櫃が到着した。

御塩殿神社の参道

御塩殿神社の参道

軽トラックの荷台から辛櫃が降ろされると、

御塩殿神社の参道

御塩殿神社の参道

鳥居をくぐり、御塩殿へ・・・、

御塩護送の準備(御塩殿神社の参道)

御塩護送の準備(御塩殿神社の参道)

ゆったりと参道を進むと

御塩護送の準備(御塩殿神社の参道)

御塩護送の準備(御塩殿神社の参道)

御塩殿の

御塩護送の準備(御塩殿)

御塩護送の準備(御塩殿)

瑞垣御門をくぐった。

御塩護送の準備(御塩殿)

御塩護送の準備(御塩殿)

 

紋付を羽織った神職が御塩殿神社へ参拝した後、

御塩護送の準備(御塩殿)

御塩護送の準備(御塩殿)

辛櫃が竈の前へ据えられた辛櫃の蓋が開けられると

御塩護送の準備(御塩殿)

御塩護送の準備(御塩殿)

準備されていた堅塩がひとつひとつ丁寧に辛櫃へと納められた。

御塩護送の準備(御塩殿)

御塩護送の準備(御塩殿)

御塩護送の準備(御塩殿)

御塩護送の準備(御塩殿)

御塩護送の準備(御塩殿)

御塩護送の準備(御塩殿)

 

60個の堅塩が納められると辛櫃の蓋が閉じられ、

御塩護送の準備(御塩殿)

御塩護送の準備(御塩殿)

紐が掛けられた。

御塩護送の準備(御塩殿)

御塩護送の準備(御塩殿)

 

そして、護送が始まった。御塩殿からの護送は喜多井さんが辛櫃の前を担がれていた。

御塩の護送(御塩殿)

御塩の護送(御塩殿)

御塩の護送(御塩殿)

御塩の護送(御塩殿)

しっかりとした慎重な足取りで参道を進み、

御塩の護送(御塩殿神社の参道)

御塩の護送(御塩殿神社の参道)

辛櫃は軽トラックの荷台へと移された。

御塩の護送

御塩の護送

喜多井さんが見送る中、御塩は外宮斎館へ向け出発した。このルートは御塩道だ。

御塩の護送(御塩道へ)

御塩の護送(御塩道へ)

 

【参考】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です