御遷座された? 船江上社

2013年01月13日(日) 御遷座された? 船江上社 (徒歩)

御頭神事 日程調査のための神社巡り のため、宇治山田駅の前にある箕曲中松原神社へ向かい八間道路を歩いていると何かに誘われるように寄り道。船江上社と隣接する河原淵神社に立ち寄った。

船江上社の社叢前には、「第六十二回神宮式年遷宮御白石持寄付者」の名前が掲示されていた。また、古しめ縄や古御札を集める場所にはしめ縄等が山積みになっていた。

船江上社

船江上社

鳥居をくぐろうとすると今までと雰囲気が異なった。定の立札が新しい。鳥居も?(鳥居は洗いか?)

船江上社

船江上社

鳥居をくぐるとここにも新しい定の札があった。

朧ヶ池(船江上社)

朧ヶ池(船江上社)

 

まずは、お伊勢さん125社のひとつである河原淵神社へ向かい、

河原淵神社

河原淵神社

お参りした。

河原淵神社

河原淵神社

 

しかし、心はここに在らず状態で、河原淵神社の前から船江上社を見ると至る所の材が輝いて見えた。

河原淵神社から船江上社へ続く参道

河原淵神社から船江上社へ続く参道

参道を進むと右手に秋葉神社、社標と御垣が新しい。

秋葉神社(船江上社)

秋葉神社(船江上社)

左手には浅間神社、こちらは社標、御垣、提灯掛。

浅間神社(船江上社)

浅間神社(船江上社)

続いて、

子授石、招福楠(船江上社)

子授石、招福楠(船江上社)

招福楠の御垣と説明板。

招福楠(船江上社)

招福楠(船江上社)

船江上社へ近づくと大石神・・・。

大石神(船江上社)

大石神(船江上社)

 

そしてこちらが船江上社。見た目はすべてが新しくなったように感じるが、

船江上社

船江上社

積年の汚れを落とした「洗い」処理の部分を多いようだ。

船江上社

船江上社

船江上社

船江上社

御垣は新しいが、御扉や御門はそのまま、多分屋根が葺かれている部分は洗いではないだろうか?

船江上社

船江上社

船江上社

船江上社

 

こちらは神宮遥拝所。

神宮遥拝所(船江上社)

神宮遥拝所(船江上社)

最後に、龍姫命を確認してから

龍姫命(船江上社)

龍姫命(船江上社)

朧ヶ池へ出た。

朧ヶ池(船江上社)

朧ヶ池(船江上社)

参道を戻ると朧ヶ池の鳥居、これは新しそうだ。銅板が輝いている。

朧ヶ池(船江上社)

朧ヶ池(船江上社)

手水舎は洗いだろう。

手水舎(船江上社)

手水舎(船江上社)

 

改めて正面から船江上社を確認。

船江上社

船江上社

この鳥居は洗いで、

船江上社

船江上社

常夜燈は新造だろう。

船江上社

船江上社

船江上社全体は十分に再生され生まれ変わった雰囲気だが、船江上社の拝殿に置かれている賽銭箱は従来のもののようだ。

ところで、御遷座は終了したのだろうか? (御遷座の際、賽銭箱も再生されない?)

船江上社が現在どのような状態にあるのかは不明だ。

疑問を残しつつ宇治山田駅方向へ歩き始めた。振り返ると古しめ縄を納めに来た人がちらほら・・・

船江上社

船江上社

 

【 20130113 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*