新ブログサイト『神宮巡々3』開設のお知らせ

『神宮巡々』、『神宮巡々2』ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々3』を新設しました。
2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』を、最新の記録は『神宮巡々3』をご覧ください。 ( 2017年12月31日 【キタヰ】こと、桝屋善則 )

伊勢本街道 正念寺〜(飼坂峠)〜上多気常夜燈(津市歴史健康ウォーク 美杉コース)

2013年10月06日(日) 伊勢本街道 正念寺〜(飼坂峠)〜上多気常夜燈(津市歴史健康ウォーク 美杉コース) (車、徒歩)

伊勢本街道 JR伊勢奥津駅〜正念寺(津市歴史健康ウォーク 美杉コース)  にてJR伊勢奥津駅をスタートすると奥津宿を歩いて正念寺に到着した。続いて、ここからは飼坂峠を越えて上多気常夜燈を目指した。

正念寺の参道下付近には

正念寺付近(伊勢本街道)

正念寺付近(伊勢本街道)

茶畑があり、この辺りを過ぎると街道は少しずつ上りとなる。

正念寺付近(伊勢本街道)

正念寺付近(伊勢本街道)

徐々に傾斜を増すと近畿自然歩道の案内板がある分岐に出る。

正念寺〜首切地蔵(伊勢本街道)

正念寺〜首切地蔵(伊勢本街道)

ここは右、首切地蔵への矢印に従う。

「←谷口常夜燈 0.5km、首切地蔵→(近畿自然歩道、伊勢本街道)」の道標

「←谷口常夜燈 0.5km、首切地蔵→(近畿自然歩道、伊勢本街道)」の道標

 

アスファルト舗装された道がしばらく続くが

「←谷口常夜燈 0.5km、首切地蔵→(近畿自然歩道、伊勢本街道)」の道標から首切地蔵へ

「←谷口常夜燈 0.5km、首切地蔵→(近畿自然歩道、伊勢本街道)」の道標から首切地蔵へ

苔が目立つようになる。滑りやすいので注意が必要だ。

「←谷口常夜燈 0.5km、首切地蔵→(近畿自然歩道、伊勢本街道)」の道標から首切地蔵へ

「←谷口常夜燈 0.5km、首切地蔵→(近畿自然歩道、伊勢本街道)」の道標から首切地蔵へ

「←谷口常夜燈 0.5km、首切地蔵→(近畿自然歩道、伊勢本街道)」の道標から首切地蔵へ

「←谷口常夜燈 0.5km、首切地蔵→(近畿自然歩道、伊勢本街道)」の道標から首切地蔵へ

 

しばらくすると右手に首切地蔵の案内板が多数。かなり暗いのでうまく撮れなかった。左端の上下方向中央に地蔵の首上部分が置かれている。

首切地蔵(伊勢本街道)

首切地蔵(伊勢本街道)

 

その先は土道に変わり、橋で沢を渡ると

首切地蔵〜飼坂峠登り口(国道368号)(伊勢本街道)

首切地蔵〜飼坂峠登り口(国道368号)(伊勢本街道)

少しだけこの雰囲気を味わえるが

首切地蔵〜飼坂峠登り口(国道368号)(伊勢本街道)

首切地蔵〜飼坂峠登り口(国道368号)(伊勢本街道)

ほどなく手摺付きのコンクリート坂道を登る。ここにも「おいせまいり」札(伊勢本街道保存会)。

首切地蔵〜飼坂峠登り口(国道368号)(伊勢本街道)

首切地蔵〜飼坂峠登り口(国道368号)(伊勢本街道)

坂を上り詰めるとそこは国道368号だ。

「←首切地蔵 0.3km、腰切地蔵 0.2km・飼坂峠 0.8km→」の道標(伊勢本街道)

「←首切地蔵 0.3km、腰切地蔵 0.2km・飼坂峠 0.8km→」の道標(伊勢本街道)

 

国道を渡り、飼坂トンネル方向へ進むとトンネルの手前左側に飼坂峠への登り口がある。「伊勢本街道」と矢印付きのわかりやすい道標があるので迷うことはないだろう。

飼坂峠の登り口(国道368号)(伊勢本街道)

飼坂峠の登り口(国道368号)(伊勢本街道)

 

矢印に従って、坂道を下ると

「↑腰切地蔵 0.2km・飼坂峠 0.7km、←首切地蔵 0.3km」の道標(伊勢本街道)

「↑腰切地蔵 0.2km・飼坂峠 0.7km、←首切地蔵 0.3km」の道標(伊勢本街道)

左手に飼坂峠の説明板があった。

飼坂峠の説明板(伊勢本街道)

飼坂峠の説明板(伊勢本街道)

 

ここからが飼坂峠の山道だ。ここにも「おいせまいり」札(伊勢本街道保存会)。

飼坂峠の登り口〜腰切地蔵(伊勢本街道)

飼坂峠の登り口〜腰切地蔵(伊勢本街道)

 

生い茂った木々のために薄暗くなった山道を進むと左手に腰切地蔵がある。

腰切地蔵(伊勢本街道)

腰切地蔵(伊勢本街道)

この地蔵は首から上が無く、腰より下には斜めに割れている。この首は先ほどの首切地蔵と思ったが、形状が異なり両者を合わせることはできない。

 

この後は、飼坂峠まで0.4km、0.2kmと黙々と歩いて

腰切地蔵〜飼坂峠(伊勢本街道)

腰切地蔵〜飼坂峠(伊勢本街道)

腰切地蔵〜飼坂峠(伊勢本街道)

腰切地蔵〜飼坂峠(伊勢本街道)

 

飼坂峠に到着。

飼坂峠(伊勢本街道)

飼坂峠(伊勢本街道)

こちらが飼坂峠にある「伊勢本街道、飼坂峠、首切地蔵・腰切地蔵」についての説明板。

飼坂峠にある「伊勢本街道、飼坂峠、首切地蔵・腰切地蔵」についての説明板

飼坂峠にある「伊勢本街道、飼坂峠、首切地蔵・腰切地蔵」についての説明板

 

峠から50m程の場所に展望台があるとのこと、曇り空だったが新たな発見を求めて・・。

飼坂峠の展望台(伊勢本街道)

飼坂峠の展望台(伊勢本街道)

展望台は立派だが、周囲の木々が生長しているため展望は限られていた。

飼坂峠の展望台(伊勢本街道)

飼坂峠の展望台(伊勢本街道)

唯一望める場所はここ。

飼坂峠の展望台(伊勢本街道)から望む道の駅「美杉」方向

飼坂峠の展望台(伊勢本街道)から望む道の駅「美杉」方向

よく見ると道の駅「美杉」のようだ。今日のウォーキングのゴール地点だ。これからあそこまで大回りして歩くことになる。「わくわく!」

飼坂峠の展望台(伊勢本街道)から望む道の駅「美杉」方向

飼坂峠の展望台(伊勢本街道)から望む道の駅「美杉」方向

限られた展望でも楽しい発見があったことに気を良くした私は峠へ戻ると

飼坂峠(伊勢本街道)

飼坂峠(伊勢本街道)

ホトトギスの水、上多気バス停方向へ一気に駆け下りた。

飼坂峠の道標(伊勢本街道)

飼坂峠の道標(伊勢本街道)

 

しばらくすると先行者に接近、ペースを緩め先行者のパーティの一員となった。

飼坂峠〜ホトトギスの水(伊勢本街道)

飼坂峠〜ホトトギスの水(伊勢本街道)

下りの風景を楽しみながら・・・。

飼坂峠〜ホトトギスの水(伊勢本街道)

飼坂峠〜ホトトギスの水(伊勢本街道)

飼坂峠〜ホトトギスの水(伊勢本街道)

飼坂峠〜ホトトギスの水(伊勢本街道)

 

下りは早い。ほどなくホトトギスの水に到着。

ホトトギスの水付近(伊勢本街道)

ホトトギスの水付近(伊勢本街道)

説明板によると、昔このあたりに不如帰(ほととぎす)の花が群生していたことによるとのこと。

ホトトギスの水の説明板(伊勢本街道)

ホトトギスの水の説明板(伊勢本街道)

近くの道標によるとJR伊勢奥津駅から4.0km、もっと歩いた感覚だったが・。

ホトトギスの水付近の道標(伊勢本街道)

ホトトギスの水付近の道標(伊勢本街道)

 

山道は車が通れる程に広くなった。さらに下り。

ホトトギスの水〜多気宿(伊勢本街道)

ホトトギスの水〜多気宿(伊勢本街道)

ホトトギスの水〜多気宿(伊勢本街道)

ホトトギスの水〜多気宿(伊勢本街道)

すると右手に車道が見えた。これは先ほど登り口で別れた国道368号だ。トンネルを抜けてここを走っている。

ホトトギスの水〜多気宿、右手に国道368号(伊勢本街道)

ホトトギスの水〜多気宿、右手に国道368号(伊勢本街道)

伊勢本街道は国道に合流する直前で左へと別れた。

ホトトギスの水〜多気宿、右手に国道368号(伊勢本街道)

ホトトギスの水〜多気宿、右手に国道368号(伊勢本街道)

しばらく国道と並走しながら歩くと

ホトトギスの水〜多気宿、右手に国道368号(伊勢本街道)

ホトトギスの水〜多気宿、右手に国道368号(伊勢本街道)

竹林へ入った。ここにも「おいせまいり」札(伊勢本街道保存会)。

ホトトギスの水〜多気宿(伊勢本街道)

ホトトギスの水〜多気宿(伊勢本街道)

 

竹林を抜けると雰囲気は一変した。生活感が現れる。

多気宿(伊勢本街道)

多気宿(伊勢本街道)

左手にある多気宿の案内板を過ぎるとこの辺りから多気宿。

多気宿の案内板(伊勢本街道)

多気宿の案内板(伊勢本街道)

 

坂道をさらに下ると

多気宿(伊勢本街道)

多気宿(伊勢本街道)

立派な屋敷が続いている。

多気宿(伊勢本街道)

多気宿(伊勢本街道)

多気宿(伊勢本街道)

多気宿(伊勢本街道)

 

その一角に新しい格子戸、その右側には

きぬかけ地蔵(伊勢本街道 多気宿)

きぬかけ地蔵(伊勢本街道 多気宿)

きぬかけ地蔵に関する説明板があった。

きぬかけ地蔵の説明板(伊勢本街道 多気宿)

きぬかけ地蔵の説明板(伊勢本街道 多気宿)

江戸時代の参宮者にならい、私もきぬかけ地蔵にお参りした。

きぬかけ地蔵(伊勢本街道 多気宿)

きぬかけ地蔵(伊勢本街道 多気宿)

 

また、この地蔵の近くには次のような水場があった。

干上がった水路、水場(伊勢本街道 多気宿)

干上がった水路、水場(伊勢本街道 多気宿)

ただし、現状では水は張られていなかった。当時はこの周囲に多くの女性が集まって賑やかだったのだろう。目を閉じて想像してしまった。

 

さらに下ると新田橋がある。この橋は平谷川に架かっている。

新田橋(平谷川)(伊勢本街道 多気宿)

新田橋(平谷川)(伊勢本街道 多気宿)

こちらが橋から望んだ平谷川で、この川は八手俣川に合流する。

新田橋から望む平谷川(伊勢本街道 多気宿)

新田橋から望む平谷川(伊勢本街道 多気宿)

またまた、「おいせまいり」札(伊勢本街道保存会)。

多気宿(伊勢本街道)

多気宿(伊勢本街道)

 

街道の傾斜はこの辺りからかなり緩やかになった。

多気宿(伊勢本街道)

多気宿(伊勢本街道)

右手には国道368号向かう坂道。

「←上多気バス停 0.2km、ホトトギスの水 0.9km・飼坂峠 1.4km (近畿自然歩道、伊勢本街道)」の道標

「←上多気バス停 0.2km、ホトトギスの水 0.9km・飼坂峠 1.4km (近畿自然歩道、伊勢本街道)」の道標

伊勢本街道はこちらだ。

多気宿(伊勢本街道)

多気宿(伊勢本街道)

街道の脇には水路があり水が勢いよく流れていた。

多気宿(伊勢本街道)

多気宿(伊勢本街道)

 

さらに進むと右手の茶畑の前には

多気宿の説明板付近(伊勢本街道)

多気宿の説明板付近(伊勢本街道)

多気宿の説明板があった。

多気宿の説明板(伊勢本街道)

多気宿の説明板(伊勢本街道)

 

そろそろ上多気の常夜燈、この辺りには以前来たことがある。

こちらは左手にある辻増商店、

辻増商店(伊勢本街道 多気宿)

辻増商店(伊勢本街道 多気宿)

その向かいには旧三木屋跡がある。パノラマでパーチリ。

辻増商店と旧三木屋跡(伊勢本街道 多気宿)

辻増商店と旧三木屋跡(伊勢本街道 多気宿)

更地となった旧三木屋跡の前には説明板が立っている。

旧三木屋跡(伊勢本街道 多気宿)

旧三木屋跡(伊勢本街道 多気宿)

さらに、この道標も。

旧三木屋跡付近の道標(伊勢本街道 多気宿)

旧三木屋跡付近の道標(伊勢本街道 多気宿)

 

そして、伊勢本街道を先へ進もうとすると「すぐいせ道」と深く刻された巨大な道標がある。

「すぐいせ道」道標、上多気常夜燈付近(伊勢本街道 多気宿)

「すぐいせ道」道標、上多気常夜燈付近(伊勢本街道 多気宿)

 

そして、道標の左手には巨大な常夜燈がある。これが上多気常夜燈だ。

上多気常夜燈(伊勢本街道 多気宿)

上多気常夜燈(伊勢本街道 多気宿)

上多気常夜燈の説明板(伊勢本街道 多気宿)

上多気常夜燈の説明板(伊勢本街道 多気宿)

上多気常夜燈(伊勢本街道 多気宿)

上多気常夜燈(伊勢本街道 多気宿)

実はこの常夜燈は初対面ではない。以前訪問した際、伊勢本街道を歩きたいと思っていたがやっとこの部分を歩くことができた。何年越しだろう?

【参考】

 

先ほどの道標「まっすぐ、いせへのみち」に従えばここをまっすぐ進むべきなのだが、本日のウォークコースによると大橋を渡らずに左折する。

大橋(八手俣川)(伊勢本街道 多気宿)

大橋(八手俣川)(伊勢本街道 多気宿)

今日はコースマップに従った。

 

【 20131006 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*