新ブログサイト『神宮巡々3』開設のお知らせ

『神宮巡々』、『神宮巡々2』ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々3』を新設しました。
2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』を、最新の記録は『神宮巡々3』をご覧ください。 ( 2017年12月31日 【キタヰ】こと、桝屋善則 )

伊勢神宮奉納全国花火大会の準備が進む宮川右岸

2013年07月06日(土) 伊勢神宮奉納全国花火大会の準備が進む宮川右岸 (ジョグ、徒歩)

最近、自宅の給湯器が不調なため朝から工務店の方に訪問をお願いした。そのため、今日は熊野古道伊勢路を歩くことはできなかった。また、明日はお白石持ち行事特別神領民受入おもてなしボランティアの内宮現地視察会がある。今週末は伊勢周辺でうろうろ・・・。

最近は歩いてばかりだったので、午後から久しぶりのジョグに出た。宮川の右岸堤防を御薗中学校付近から遡り、度会橋へ到着。

すると度会橋の東詰にはフェンスに沿ってコンパネが立てられていた。

伊勢神宮奉納全国花火大会の準備が進む宮川右岸、度会橋付近

伊勢神宮奉納全国花火大会の準備が進む宮川右岸、度会橋付近

今年は7月13日(土)に伊勢神宮奉納全国花火大会が開催される。

【参考】 伊勢神宮奉納全国花火大会(平成25年7月13日)/伊勢市

 

また、度会橋の上流側(歩道)には木枠が組まれ、コンパネを打ち付ける準備が完了していた。これらのコンパネは一般の人の背よりも高いため、立ち止まって花火を見ることによる交通渋滞を防止するためのものだと思われる。

伊勢神宮奉納全国花火大会の準備が進む宮川右岸、度会橋付近

伊勢神宮奉納全国花火大会の準備が進む宮川右岸、度会橋付近

 

さらに上流側にもこのようにコンパネが続く。

伊勢神宮奉納全国花火大会の準備が進む宮川右岸、度会橋付近

伊勢神宮奉納全国花火大会の準備が進む宮川右岸、度会橋付近

 

そして、途中に河川敷へ下る階段があるが、階段の上部には鉄パイプでフレームが組まれていた。このフレームはブルーシートなどで覆われるのだろう。

伊勢神宮奉納全国花火大会の準備が進む宮川右岸、度会橋付近

伊勢神宮奉納全国花火大会の準備が進む宮川右岸、度会橋付近

 

さらに上流側へ進むと提灯に電気を供給するための電源ケーブル工事が進められていた。その先にはコンパネの切れ間に次のようなスペースが準備されていた。これは特別席? こんな場所で花火を見たら全感覚に刺激を受けるだろう。

伊勢神宮奉納全国花火大会の準備が進む宮川右岸

伊勢神宮奉納全国花火大会の準備が進む宮川右岸

 

さらに進み浅間堤に近づくと次の予告看板を見つけた。

「花火大会のため・・・通り抜けできません。」の予告看板(浅間堤付近)

「花火大会のため・・・通り抜けできません。」の予告看板(浅間堤付近)

ここで右方向を望むとブルーシートに覆われた鳥居を発見したので、浅間堤へ向かった。

 

【 20130706 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*