御薗神社(その後11)

2011年08月06日(土) 御薗神社(その後11) (徒歩)

20110723 - 御薗神社(その後10) の翌週にも御薗神社に参拝したが、あまりにも変化がなかったので記録には残さなかった。

今朝歩いて御薗神社へ向かうと、社域の右側、ブルーシートの上にまとめられた石を発見した。

御薗神社

御薗神社

これは前回に報告した社殿の敷地から取り除かれた白石だろう。

御薗神社

御薗神社

 

「そうだ。そうだ。」と自分自身で勝手に納得しながら参道へ向かった。

御薗神社

御薗神社

社域の左側の道路には社叢が覆い被さるようになっている。

御薗神社

御薗神社

 

参道を進み、まずは仮殿に参拝した。夏場なので榊はすぐに枯れてしまうだろうが、仮殿に供えられた榊には緑の部分がかなり残っていた。朔日に交換されたものだろうか?

御薗神社

御薗神社

 

榊に変化はあっても、御造営に関する変化は何もない。それでも何かを見つけようと本殿の敷地へ向かうと、目に入ったのが一本の若木。

御薗神社

御薗神社

近寄ってみると、蝉の抜け殻だ。パチリ。 「今日はこれで良し」としようか。

御薗神社

御薗神社

 

それでは「今日は退散するか」と振り返ったところ、石神さまが。「撮ってくれ」と呼んでくれた。パチリ。

御薗神社

御薗神社

続いて、以前にも見かけた石柱をパチリ。

御薗神社

御薗神社

楠木 百本 山田市河[崎]・・・
寄附・・・

大正五年三月

どうも、大正に河崎の?から楠木が百本寄付されたようだ。この社叢には大きな楠が数本あるが、残りは?

 

参道を戻り鳥居をくぐり返そうとしたら、蜘蛛の巣を発見。蜘蛛がいたので息を吹きかけたら上へと上って行った。すかさず、パチリ。

御薗神社

御薗神社

 

 

【御薗神社の御造営までの記録】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です