新ブログサイト『神宮巡々3』開設のお知らせ

『神宮巡々』、『神宮巡々2』ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々3』を新設しました。
2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』を、最新の記録は『神宮巡々3』をご覧ください。 ( 2017年12月31日 【キタヰ】こと、桝屋善則 )

石上神宮(いそのかみじんぐう)

2012年01月05日(木) 石上神宮(いそのかみじんぐう) (電車、徒歩)

山の辺の道(近鉄 天理駅~トレイル青垣) にて石上神宮へ立ち寄った。

石上神宮の社標

石上神宮の社標

参道を進むと

石上神宮の参道

石上神宮の参道

右手には笠石の一部が欠けた常夜燈が建っている。

石上神宮

石上神宮

天明元年十一月の建立だ。

石上神宮

石上神宮

また、その先には鳥居があるが、鳥居の手前左手方向にも参道があり、正面からの参道に合流している。左手の参道は布留大橋の南詰を左折した道につながっていると思われる。

正面の鳥居の右手には、

石上神宮

石上神宮

次の掲示があった。今日は五日なので祭典の斎行はなかった。

石上神宮

石上神宮

 

鳥居をくぐり、参道を進むと

石上神宮

石上神宮

かがり火に参拝者が集まっていた。その脇を通り過ぎ、左手に見えていた社務所をパチリ。

社務所付近(石上神宮)

社務所付近(石上神宮)

続いて拝殿の方へ向きを変えるとこの常夜燈、

石上神宮

石上神宮

そして拝殿の西回廊付近では、子供たちが神鶏と「かけっこ」をしていた。

西回廊付近(石上神宮)

西回廊付近(石上神宮)

私は、手水石にて

手水舎(石上神宮)

手水舎(石上神宮)

心身を清めてから

手水舎(石上神宮)

手水舎(石上神宮)

重要文化財である楼門まで参道を進んだ。

楼門(石上神宮)

楼門(石上神宮)

 

楼門の向かいに石階があるので、まずはそれを上ると右手に摂社拝殿がある。

摂社拝殿(石上神宮)

摂社拝殿(石上神宮)

正面には内山永久寺之圖(図)が掲げられていた。(これは後に内山永久寺跡で見るものと同じ内容だ。)

内山永久寺之圖(図)(石上神宮)

内山永久寺之圖(図)(石上神宮)

 

さらに、摂社拝殿の前の出雲武雄神社に、

出雲武雄神社の説明板(石上神宮)

出雲武雄神社の説明板(石上神宮)

出雲武雄神社(石上神宮)

出雲武雄神社(石上神宮)

さらにはその奥の天神社、七座社に参拝した。

天神社、七座社の説明板(石上神宮)

天神社、七座社の説明板(石上神宮)

天神社、七座社(石上神宮)

天神社、七座社(石上神宮)

 

各社への参拝を終えると石階を下り楼門をくぐった。

楼門(石上神宮)

楼門(石上神宮)

こちらは拝殿、国宝とある。お参り。

拝殿(石上神宮)

拝殿(石上神宮)

 

参拝を終えると帰り際に先ほどの社務所にて、石上神宮 ご由緒のしおりをいただいた。

御由緒等のしおり(石上神宮)

御由緒等のしおり(石上神宮)

御由緒等のしおり(石上神宮)

御由緒等のしおり(石上神宮)

 

山の辺の道への道標に従い、

山の辺の道へ(石上神宮)

山の辺の道へ(石上神宮)

ワタカ棲息 鏡池の脇を通り、

ワタカ棲息 鏡池の説明板(石上神宮)

ワタカ棲息 鏡池の説明板(石上神宮)

ワタカ棲息 鏡池(石上神宮)

ワタカ棲息 鏡池(石上神宮)

山の辺の道へ向かった。

山の辺の道へ(石上神宮)

山の辺の道へ(石上神宮)

 

 【 20120105の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*