近鉄 お伊勢参り 第一回 その4/17 八阪神社

2011年02月27日(日) 近鉄 お伊勢参り 第一回 その4/17 八阪神社  (電車、徒歩)

近鉄 お伊勢参り 第一回(玉造稲荷神社~八阪神社)でこの石標を見たら寄り道せずにはいられなくなった。

八阪神社の標石

八阪神社の標石

早速、住宅街の狭い路地である参道を進むと、

八阪神社

八阪神社

中間あたりにこの鳥居(?)が立っている。石柱としめ縄の組み合わせ、太く固い柱と細く柔らかそうなしめ縄、この性質が異なる素材の組み合わせがおもしろい。柱は半永久的、しめ縄は常に新しく作り替えられる。

八阪神社

八阪神社

さらに進むと社域の手前左側には銭湯がある。久しぶりに銭湯を見た。大阪の街の中でも健在なんだ。なんとなくうれしい気分になった。

八阪湯

八阪湯

こちらにも見慣れた鳥居はない。提灯をぶら下げるためだろうか? 両脇の石柱とともに屋根付きのゲートがあり、電線らしいものがぶら下がっている。これも珍しい。

八阪神社

八阪神社

このゲートをくぐり社域へ入ると、社殿の前には石柱としめ縄の鳥居があり、

八阪神社

八阪神社

社殿の前には神馬舎と手水舎がある。手水舎で心身を清め、参拝してから境内を散策した。

八阪神社

八阪神社

社域の左手には蔵(?)が立っており、その隣には「地車(だんじり)庫」がある。

八阪神社

八阪神社

ここに地車が格納されてるようだ。

八阪神社

八阪神社

こちらが社殿。

八阪神社

八阪神社

御祭神は、素盞嗚尊(厄除の神、交通・外交の神)と菊理姫命(縁結びの神)だ。

 

八阪神社

八阪神社

しめ縄の鳥居をくぐり返し、

八阪神社

八阪神社

もとのルートへと戻った。

暗越奈良街道 距高麗橋元標壱里の里程標

暗越奈良街道 距高麗橋元標壱里の里程標

 

【近鉄 お伊勢参りハイキング 第一回 玉造稲荷神社から暗峠を越えて 20110227の記録】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です